2018年12月08日

突然

真冬になりました
覚悟していたとはいえ、冬は嫌じゃ〜〜〜
今年は来ないと思っていたけど、
やっぱり冬は来るよね…
来ちゃったよね…

というわけで、今日は牡蠣たっぷりの寄せ鍋をして温まりましたよ。
こういう楽しみがあるから冬もまた良しです。

今日、しんしんと雪が降る中歩いていると「お正月っぽい」って思いました。
いつも思うのです。
静かに降る雪、人通りの少ない道を見ると「お正月みたいだ」って。
子どもの頃の印象かな?

まだ冬道を歩き慣れていないので、っていうか、道路は用心して歩くので大丈夫なのですが、建物に入ってツル〜〜〜〜〜〜〜っと滑ってしまいました。
危なかった〜〜〜〜
明日も真冬日。
家から極力出ないで過ごしたい。
ムリだけど。
posted by 元女将 at 22:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

なんとめでたい!!

夜明け前から除雪車の音で目が覚めました。
昨日の天気予報でも「降る!降る!!」と言っていたので、ついにこの季節がやってきたか、さてさて今は何時かなとスマホを見るついでに、いつもの癖でツイッターを見たら、めちゃめちゃ嬉しいお知らせが!!

『おっさんずラブ』映画化決定

いきなり!!
映画化!!
キャストは同じ!!
楽しみすぎる

つい最近、夫婦割もシニア割もなくなってしまったら映画なんか観ないよ
なんて書いた覚えがありますが、
1800円でもみる!
そして!3回は見たい!
初日から行きたい!!

前売り券ってあるかな?
レディースデイって何曜日だっけ?

パンフレット、出るよね、グッズも売るかな、上映後もちろんBlu-rayも出るよねーぐふふ
OL貯金しなくっちゃー(オフィスレディ(←死語)じゃないよ)

舞台挨拶なんかあったりして。
札幌は無理かなーあったらいいな〜〜
誰が出るどんな映画も舞台挨拶に行ってみたいなんて考えたこともなかったのに。
『相棒劇場版』の時でさえ

来年夏公開とのこと。
今からもうワクワクする夏までずっと楽しいな
それまでコツコツと徳を積もう。

お正月にドラマ『おっさんずラブ』一挙放送とのこと。
北海道テレビ放送やってくれるかなー
onちゃんよろしく頼むよ〜

朝からテンションマックスで家事のはかどること
愛のパワーは栄養ドリンクいらずです〜〜
posted by 元女将 at 17:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

牡蛎尽くし

今年も広島から牡蛎が到着しました〜〜〜

18120601.jpg
本当にありがたいことです

こちらでは見たこともないくらい大きくてプリプリな牡蛎が1キロ!!

昨日は牡蠣フライで
今日は牡蠣飯でいただきました〜〜〜〜

18120602.jpg
炊けたぜ〜〜〜〜〜
あえて他の具材は入れず、牡蛎だけです!!

一日お休みして明後日は牡蠣鍋にしていただきます。
お肌がプリプリになりそうでございます〜〜〜
ん?
なったかも??

気のせいでございます〜〜〜〜

今日午後から出かけようと思ったのだけど、2時半にしてすでに夕方の気配。
寒いし、外出中止です。

昨夜突然喉が痛くなりまして、今朝も引き続き痛くて
「こりゃ風邪か?」と思ったのだけど、
激辛の麺を食べたら治りました
ショック療法!
オススメはしないけど

気温の急降下、風邪引かないように気をつけねばねっ!!
posted by 元女将 at 22:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

ソラナイゼーーー

還暦を迎えるに当たりまして唯一の楽しみだったものが奪われてしまう…

こんな悲しいニュースが飛び込んできました

『2019年4月1日より、下記のように改訂します。

〇シニア割 60歳以上 → 70歳以上
〇夫婦50割終了
〇24歳以下の有料会員シネマシティズン6ヶ月会費 600円 → 100円』


次世代映画ファン育成計画なんだとさ。

年寄りには何一つ良いことがないのであります。
映画を見るためにはレディースデイと映画の日以外は1800円を払わなくてはならないということなのであります。
行くかいな、そんなに払って。

きっと関係者は思ったんだろうね。
今、映画館にいるのは中高年ばっかりだな、と。
若年層を呼び込まねば!と。
年寄りは行くところもないし、値上げしても来るんじゃね?と。

いやいやいや
暇だから、夫婦で2200円だから映画でも行っか。って思うのでありますよ。
二人で3600円も出すなら、めちゃ吟味してどうしても見たいのだけにしますよ。

映画って一度見ると予告編とかで「お、これも観るか」って気持ちになるのです。
つまりクセになるのです。
ということは、足が遠のくと遠のきっぱなしになるのです。
わかってないなぁ〜〜
一度遠のいたら戻らないよ!
ってここで言ってもね

せっかくどの映画も1100円で観れるようになると思って楽しみにしてたのにな。
とりあえず2月のミッチー出演の「七つの会議」までは大丈夫だけど、気が抜けちゃったな。

今からでも遅くないですぞ!!
関係者の皆様!ご再考を!!
ってここで言ってもね

日暮れが早くなりました。
友だちとお茶をしていても日が暮れてくると落ち着きません。
なんだかな。
気温の差はジェットコースター並です。
わたしの自律神経頑張れ〜〜〜〜

18120501.jpg
寒い中食べるアイスは乙なものがありますな。

窓から見える景色も寒々しい。
18120502.jpg
雪が降らないだけましですかね。
posted by 元女将 at 22:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

今年も呪文ケーキ

あっという間に今年最後のパン教室となりました。
そうで〜〜〜す
12月はクリスマスケーキを作るのであります
今年のケーキの名前は

ガトー・ドゥ・ノエル・モンブラン

なんとなくわかりますよ。
モンブランのクリスマスケーキ、ってことでしょ

題名はわかるけど、工程は今年も呪文だらけなのであります。

まず「ジェノワーズ」を作ります。
「共立て(全卵で作る)」って意味らしいです。
卵黄と卵白を別々に立てるのは「ビスキュイ」っていうんだって。

18120401.jpg

全卵にシュクレーヌ(砂糖だよ)を入れて泡立てます。ガーーーーッ(マシンありがとう)

18120402.jpg

薄力粉と浮粉(小麦粉のでんぷんだって)をふるったのをいれ混ぜ合わせます。

18120403.jpg

無塩バターや牛乳を入れて混ぜ合わせて型に入れて焼きますよ〜〜

18120404.jpg

焼けました〜〜〜〜

18120405.jpg

冷ましている間にクレームパティシエールを作ります。
ぶっちゃけ、カスタードクリームです。

18120406.jpg

クレームシャンティイも作ります。
これは去年も作ったわ(忘れてたけどね)

クレームディプロマットも作ります。
これはクレームパティシエールとクレームシャンティイを混ぜたものだよ。

クレームマロンも作ります。
クレームまつりだぜ!!

18120407.jpg
栗のペーストです。こんなのがあるのね〜〜〜
そこにクレーム軍を総動員させます、

18120416.jpg
クレーム軍全員集合的な豪華なクレームの完成。

18120417.jpg

栗の渋皮煮を必要に応じた大きさにカットします。

18120408.jpg

ジェノワーズが冷めたら3枚にスライスします。

18120411.jpg

事前に作っておいた(先生が!)シロップをアンビペし(刷毛で塗り)
18120412.jpg

ディプロマットを塗り
18120413.jpg

栗をパラパラと
18120414.jpg

これをもう1段繰り返し、3段目のフタ部分をのせ全体にシロップをアンビペします。
シャンティイを全体にナッペし(塗り付け)
18120415.jpg

クレームマロンを絞りますよ!
ここが一番の難所ですよ。
コツは息を止めることですってよ!!!

18120418.jpg
それ〜〜〜〜

18120419.jpg
息が続かないところや、うっかりおしゃべりしちゃったところは見事にくせ毛になりました

飾り付けです。
栗をのせて、金粉を振りかけ、
18120421.jpg
チョコレートで作ったMerry Christmasや
18120420.jpg
オーナメントをのせて完成〜〜〜

18120422.jpg

可愛い

試食します。

18120423.jpg
断面図も美しいです。
味は上品で最高に美味しいです

これにて今年のパン教室も無事(?)終了です。
楽しかったです
来年も上達する気ゼロの生徒ですがよろしくお願いいたします〜〜〜
posted by 元女将 at 22:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

そだね〜〜

コンサートが終わってから、友だちと思い出話をしていたのですが、もういろいろとあやふやで
帰宅してから調べてみると記憶と事実が大きく違っていることがありすぎてビックリ。

例えば、わたしが札幌に帰ってきて初めて行ったコンサートのこと。
会場は月寒グリーンドームでした(これはハッキリ覚えている!!)
結婚して千葉に住んでいたので、幼子を見てもらってコンサートに行くなんてことはできず、わたしとしては8年ぶりくらい、夫はお初。

記憶=札幌で省吾のコンサートは久しぶり(会場全体からやっと会えたムードが溢れ出ていた)
事実=2ヶ月前に厚生年金会館に来てた!

すべてがその調子で、当時もブログがあったらよかったのにと痛切に思いましたよ。
だってブログはキーワードを入れたら検索できるでしょう。
わたしの頭にはその機能がついてないからさ〜〜〜

友だちは昔、省吾がMCで
「僕の歌を見つけてくれてありがとう」
と言ってたことが忘れられないそうです。

こちらこそだよ。

「君に会えてよかった」だよ
(スキあればこのようにすぐに『おっさんずラブ』のセリフを日常生活にぶちこむわたし。で、勝手に悶える重病なわたし)

そういえば『おっさんずラブ』新語流行語大賞のベスト10に選ばれました
なんだかすごいわね。
大賞は「そだね〜〜〜」で納得。

はっ!ついつい『おっさんずラブ』の世界に行ってしまうところだった

確かに、ヒット曲があるわけでもなく、テレビに出るわけでもない省吾と出会ったのは運命。
それも(前にも書いたと思うけど)ヘッタクソなコピーバンドの演奏を聴いたのがきっかけだったから、楽曲に一目(耳)惚れでした。
まさにその時の曲を今回のコンサートで聴くことができたわけですよ

今回のコンサート、ライブCDにしてくれないかなぁ(Blue-rayとは言わないからさ)
宝物の一枚にしたいなぁ

コンサートグッズでメモリアルブックというのがありました。
通販はなく、会場での販売のみ。
それもその日にもらえるのは「オーダーカード」

18120203.jpg
若き日の省吾。

パソコンとかスマホから特設サイトに入り、オーダーカードに書いてある番号、氏名、住所を打ち込み申し込みます。
すると後日、わたしの名前入りのメモリアルブックが届くというスペシャルなグッズ

でも、よく考えるとこれって転売防止だね。
名前入ってるものをオークションに出したらたちまち誰の仕業かわかっちゃうもんね。
スペシャル感があって転売防止にもなって、すばらしいアイディアだ。

CDもこの方式でいいから出してくんないかな。
posted by 元女将 at 19:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

君が人生の時

昨夜は浜田省吾ファンクラブ会員限定コンサートでした。
「FAN FUN FAN」略してFFFといいます。

会場はお初の「札幌文化芸術劇場hitaru」
オープンしてまだ1ヶ月です。
どこもかしこもピッカピカ

18120201.jpg
夜景とポスターのコラボが素晴らしい

省吾のコンサートは完璧に転売対策が取られているので、入場時にファンクラブ会員証とあらかじめ登録していた写真もしくは登録していた証明書が必要です。
つまり「私は免許証で認証していただきます」と登録していた人はいくら顔写真付きでもパスポートでは入れないという厳しさ。
このシステムになってずいぶん経つので入場はとてもとてもスムーズです。
でもちゃんと顔は確認されてましたよ、照。

入場する前に超念力を送り、少しでも前に!と祈ります!!
が!!!!
座席は4階
そりゃそうだよね。全員が念力送ってるもんな。

実際に行ってみるとほぼ天井です。
最後列から3列目です。
体操の内村くんだったら天井の出っ張りつかめそうな近さです、いやまじで。

そのかわりと言っちゃなんだけど、ステージはものすご〜〜〜くものすご〜〜〜く遠いです。
遠いだけじゃなく下方です。
巨大なすり鉢の縁から底を見る感じ。

ちぇ。
この日のためにワンピース新調したのにな。
でもちゃんとこのために双眼鏡も持ってますよ
役に立ってほしくなかったわ〜〜〜(なかったらパニックだった)

自分の不運はさておき
本当に素晴らしいホールです。
音響もとてもよかったです。
あんまり音がいいのでうっかり目をつぶって聴き入ってしまいそうになります。
おおおおっといけないわ!目を開けて省吾を見なくては!!ちっさいけど!!

スタートから数曲は省吾が一人でアコースティックギターで弾き語りです。
通常のライブでは省吾のMCはほとんどありません。
挨拶くらい。
でもFFFではよく話してくれます。
我々4階や、それよりはましな3階の人々にも気を遣ってくれています。
たぶん始まる前に客席のあちこちに足を伸ばしてチェックしてくれたんだろうなと思います。
「遠いよね!知ってるよ!!」
そのひとことでどんなに救われたか

途中で1曲みんなで歌おうという曲がありました。
省吾のギターで省吾と一緒に歌えるなんて幸せすぎて泣きそうになったけど、泣いてる場合じゃないと堪えました。
曲が終わったら省吾も「浜田省吾のギターでカラオケって最高でしょ」って言ってた。
ホントにねぇ〜〜〜〜
省吾が歌っているステージを見下ろしていると、照明の効果のおかげでまるで省吾とわたしが宇宙にいるような気持ちになりました。

その後、長年の相棒町支寛二さんが登場し二人で演奏。
彼のコーラスが入るだけでグッと世界が広がります。

15分の休憩をはさみます。
客の年齢層を考慮してかな。
休憩時間も退屈しないようにこのためにラジオ番組風のものを用意してくれていました。
おちおちトイレにも行ってられませんわ。

2部はバンドが入ります、
バンドが入るとステージの全容が明らかになりました。
すご〜〜〜く奥行きがあるのですね。

今回のコンサートは1970年代の曲ばかり。
つまりわたしの青春時代の曲ばかり。

初めて省吾を知ったあの曲も今の声で聴けた。
その後すぐに行ったコンサートで「みんなで歌おう!ハイッ!」って振られたけど、知らなくて全く歌えなかったあの曲のリベンジもできた。今回は大きな声で歌えたよ。
結婚式の入場で使った曲も(当時の省吾の曲で結婚式に使えるものは皆無に等しかったから苦労しました)聴けた。
一生聴くことはできないだろうと覚悟していたわたしが大好きな曲もやってくれた。
そしてやっぱりとてもいい曲だった!!

原曲のイメージを大切にした上でアレンジされている曲もあれば、これなんの曲?と思う大胆アレンジの曲もあり、とにかくもう最高に楽しかったです。
きっとこの曲を聴くと泣いてしまう、と思っていた曲より、え?なんでココで?と思うとこで涙が出たりもしました。

アンコール前のMCで(わたしの不確かな記憶による記述)

「今になって昔の曲をするのはノスタルジックなのではないか、懐古趣味なのではないかと考えました。
でも、もし自分だったらと考えた。

もしも、ジョン・レノンが生きていて、コンサートでIn My Lifeを歌ってくれたらどんなに嬉しいだろう
でもジョン・レノンはもうこの世の人ではないからそれは叶わぬ夢。
町支くんが好きなカーペンターズのカレンが生きていて「イエスタデイ・ワンス・モア」や「トップ・オブ・ザ・ワールド」を歌ってくれたらどんなに幸せだろう。
それももう叶わない。

でも、
僕は生きている!

それならオーディエンスが聴きたい曲を届けたいと思って企画したライブです。」

もうダメだよね、そんな事言われちゃさ 

ありがとう!生きていてくれて!
そして、わたしも生きていよかったよ!!みたいな気持ちになるよね。

涙ジャージャーなところに流れてきたイントロが
「君が人生の時」というコレまた大好きな曲で、これはもう鼻かむ暇もなく、鼻水すすりながら聴きました。

ちなみにわたしの結婚式の二次会の会場は「Time of your life 君が人生の時」というお店でした。
もちろんわたしチョイス。

いやはや〜〜〜
わたし、めちゃくちゃ熱く語ってるなぁ〜〜〜
書ききれないのでまた明日。
これは自分用の覚書ちゅーことで未来の私、感謝して。
(続きもうちょっと書いちゃう。止まらない)
posted by 元女将 at 22:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

11月に読んだ本

2018年も残すところ1ヶ月
早い!さっきまで2月だったのに!!

11月はなんだか落ち着かないうちに終わった感じです。
そんな中、読んだのは8冊。

アキラとあきら 池井戸潤
ア・ハッピー・ファミリー 黒野伸一
嗤う淑女 中山七里
無言館 戦没画学生たちの青春 窪島誠一郎
ギャラリスト 里見蘭
さよならベイビー 里見蘭
ブルー・ゴールド 真保裕一
硝子の太陽 Noir 誉田哲也

超ベストセラーはやっぱり面白かったです。
『アキラとあきら』
『硝子の太陽 Noir』

18120101.jpg
ジウシリーズと姫川玲子シリーズのコラボと思って読んだのですが、ジウシリーズの新刊でした。
そこに姫川がちょこっとゲスト出演。
っていうか、カメオ出演。
しばらくぶりのジウワールドだったので、この人誰だっけ?と記憶を取り戻すのが大変でしたけど楽しく読めました。
スッキリしない終わり方なのもこのシリーズならでは。
勝俣はどっちのシリーズにも登場するのだけど、どっちのシリーズでもブレずにものすご〜〜〜く嫌な奴!

『ア・ハッピー・ファミリー』『さよならベイビー』は家族モノ

18120102.jpg
無職の父、家で経理事務代行の仕事をしている母、短大2年の長女ナナコ姐(一人暮らし)高1の次女マミちゃん(美人で変人)中2の三女ミキ、中1の長男源五郎とおばあちゃんの家庭の話です。

ミキが主人公なのだけど、彼女は精神的に独立していて気持ちがいい。
ちょっと西加奈子の『円卓』を思い出しました。
西加奈子作品ではこの『円卓』と『漁港の肉子ちゃん』が好き

『さよならベイビー』
見知らぬ赤ん坊を連れてきた父親が、まさかの突然死。母亡き後ひきこもり歴4年のマサヨシは赤ちゃんと二人きり。途方に暮れるマサヨシだが児童委員オガタやいとこのしーちゃんの助けを借りて毎日を過ごしていく、というのが芯のストーリーなのだけど、ミスリードに次ぐミスリードで頭がこんがらがり、相関図を書いてしまいました。
かなりムリのある内容だけど読後感はスッキリ。

18120103.jpg
現代版『悪女について』ともいえる一冊。

『悪女について』は読んで40年もたったのに(ひえ〜〜〜!!)忘れられない作品です。
物語の始まりですでに主人公が死んでいるというのも当時は衝撃でした。
有吉佐和子だったんだ…そりゃ、面白いよね。

ドラマを見て、こりゃ面白いと原作も読んだのだったよ。
ドラマの主人公をやった影万里江という女優さんがこのあと間もなく亡くなったからなおさら強く残っているのです。

2012年にもドラマ化されていたらしい。
主人公は沢尻エリカさま。うむむ(見てないから悪口言えない)

『嗤う淑女』の主人公はピンピンしていて、なんと来月続編が出るそうだ。
怖いから読まない
posted by 元女将 at 14:26| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

冬靴

息子の変な靴は前にご紹介しましたが

18113003.jpg
これね。

「雪が降って水が染みてくるようになったから冬用の靴を購入したよ」と見せびらかしに来ました。

18113002.jpg
おお!夏靴より「靴っぽい」
靴だからね。
一度五本指靴を履いたらやめられないそうです。
もちろん靴下もすべて五本指。
健康には良さそうですけどね。
全然うらやましくはないです。

「みんなに見られる」と言ってました。
わたしだって毎回ビックリするもん
「靴履き忘れた??」って。

急に寒くなり代謝が上がらないので、久しぶりに「青竜」でスタミナラーメンを食べました。
本当に久しぶりだった。
札幌駅に行ったら、成都式担々麺を食べちゃうもんな、自動的に。

18113001.jpg
最初は普通の醤油ラーメンです。
胡椒を入れてスープを飲むと、昔ながらの中華そばのスープです。あっさりしていてうまし!!

具になっているもの(カットされたチャーシューをラー油などで炒めたもの)を崩していくとまったく別のものになります。
最終的にはスープは真っ赤です。
辛さはそうでもない(わたしレベル3/10くらいかな。ちなみに成都式担々麺は7/10・作り手によって変動あり)
でも、身体がほっかほかになります。
ラー油とにんにく効果かな(食べている時にはにんにく臭さは感じません)
美味しかった!!
たぶん10年ぶりくらいに食べました。

具は辛味チャーシューの他にはもやし、玉ねぎ、メンマ、長ねぎ、スライスゆで卵です。
ベースは味噌にもできます。

ちなみに、わたしレベル10/10のラーメンは、すすきのラフィラ地下の「東京五十番」の「激辛野菜ラーメン・塩」
勇気のある方はぜひ!
汗ふきタオル必須です。
posted by 元女将 at 21:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

第一号はやっぱり

そろそろ「良いお年を」が挨拶言葉になってきました。
今年もその第一号は置き薬屋さんでした。
2ヶ月に一度の訪問で、毎年今頃いらっしゃるのです。

今日は、西へ東へ、バス、JR、地下鉄を駆使して走り回りました。
バスが自在に使えたら便利だろうなと思いチャレンジしたのですが、寒風の中待つのは辛いです。
普通に地下鉄がよかったね。

用事の途中、1年に何度も通らない道で、偶然会いたいと思っていた友だちに遭遇
いや〜〜〜〜驚きました。
念ずれば通ず
だって、1分違ったら会えなかった。
ご縁があってよかったなあ〜〜〜〜
寒い中でしばし立ち話をしました。
ガン検診の予約時間が迫っていて、ゆっくり座っておしゃべりする時間はなかったのが残念。


通りがかったファクトリーで観光気分を味わってみました。

18112901.jpg
こうして見ると、なかなか歴史がありますな。
posted by 元女将 at 21:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする