2017年10月11日

誉田間違い

先日図書館に行った時に
「お、誉田哲也の時代ものだ、読んでないや。借りよう!」
と借りてきて読み始めると、なんだか雰囲気が違う。
よく見ると、
誉田哲也ではなく「誉田龍一」という作家さんのものでした。
誉田という苗字が珍しいのと先入観で全く疑問に思わず借りたのでした。

17101101.jpg
江戸は本所で起こる七不思議に関係する事件を解決するのは、御家人の次男坊仁杉潤之助、同じく御家人の次男坊の榎本釜次郎、釜次郎の剣術仲間今井君、噺家の卵の次郎吉です。

釜次郎は実は後の榎本武揚、今井君は今井信郎、次郎吉は三遊亭圓朝です。
それを明かした後「ただ、潤之助のその後については定かではない」と続きます。
章ごとにゲストが登場し、すべて上記のパターンで終わります。
ゲストは、前島密だったり、佐久間象山だったりと幕末の大物です。
頭の中で「ただ、〇〇のその後については定かではない」が芥川隆行か馬場雅夫の声で聞こえてきます。

誉田龍一さんはこれがデビュー作で、この後、バリバリ書いていらっしゃいます。
全く存じ上げず失礼いたしました
シリーズ化されているものも多いようなので、他のも読んでみたいです。

図書館で本を借りるとこういう出会いがあるから楽しいのです。
未知の作家さんと出会えるのはこの上ない喜びです

それはそうと、
収穫の秋、ということで、農家の友だちからキタアカリ届きました

17101102.jpg
早速、肉じゃがに
ホックホクで美味しかった〜〜〜

もう羊蹄山の半分まで雪が来ているとかで、大急ぎでジャガイモの収穫をしているそうです。
ありがとうございます
明日はシンプルに塩茹でにバターだな
posted by 元女将 at 22:42| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

大切な日

今日はとってもとっても若くして交通事故で亡くなってしまった叔母の命日なので、美人だった叔母にちなんでバラを飾ってみました。

17101002.jpg
仏前に棘のあるバラはダメという話も聞くけれど、仏壇の中にお供えするわけではないし、棘もちゃんと始末してあるし、第一、とてもこのピンクのバラは叔母のイメージなのでいいのです

息子が叔母の亡くなった年をすっかり超えて、もうちょっとで姪っ子がその年に追いつきます。
こんなに若かったんだ、と思うと、叔母の無念はもちろん、母である祖母のいよちゃんや姉妹たちの嘆き悲しみは大きかったのは当然です。

今、私にできるのは、今日この日に叔母を思い出して感謝をすること。
とっくに生まれ変わって、なかなかのギャルになっているかもしれないけどね。

それはそうと、
(それはそうと、でつなげて書くのもちょっと無理が出てきたぜ。行けるとこまで行くぜ)
残り少なくなった化粧品、最近アルミチューブのものが多くなったのでこんな風にしてみたよ。

17101001.jpg
指力が弱くなってきて、絞り出すとかが苦手に。
クリップで留めたら力いらずですわ、おほほほ
posted by 元女将 at 23:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

今日がラストチャンスだったのか

毎年体育の日のあたりに窓ふきをします。
冬の準備です

晴れていて、暖かく、その後できれば3〜4日は雨が降らない時を狙います。
が、毎年、次の日には雨降るよね
夫が洗車したら、どんなに晴れるという天気予報が出ていても雨が降るという呪いの余波かもだ。
悲しい

今日はとてもポッカポカで窓ふき日和でした。
でも、祝日なので、ちょっと落ち着かないので持ち越すことに。

しかーーーーし
金曜日までずっと雨
金曜日晴れるけど寒そうだなぁ。
とすると、17日火曜日まで延期だ(未来過ぎてホントに晴れるかどうかも謎だ)

あ〜〜〜ん
今日が気持ちよく窓ふきできるラストチャンスだったのかしら。
ま、
窓汚くても誰も困らないもんね(開き直り)
たださぁ〜
雨降っているか確認したくてもよくわかんないんだよね。汚れで外が見えない

それはそうと、
今日は体育の日でしたので、朝から体操の白井健三くんや村上茉愛さんを見て感動し、カーニバルオンアイスで久々の高橋大輔さんや町田樹さんの演技を見て興奮

本来の体育の日は東京オリンピックの開会式を記念して10月10日だったんだよね。
この季節にオリンピックはいいよね
けど、2020年は開会式が7月24日
灼熱地獄

体育の日を移動させて、開会式の日を祝日にするとか
山の日と海の日と体育の日を移動させて、開会式の前日当日閉会式の日を祝日にするとか
いろいろ言われていますが、どうなるんでしょうね?
大幅な交通規制が必要だという理由があるのだから休みにするのは別にいいけど、祝日を移動させるってなんか違和感ありありですわな。
posted by 元女将 at 16:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

お守り

もう45年もずっと付き合ってくれている友だちが版画展を見に来てくれたので、一緒にランチをしました。
今日は財布をちゃんと持ったことをしっかり確認したよ

鍋焼き担々麵を食べ、その後ソフトクリームも食べました
クールダウン

17100801.jpg

彼女は母上の一周忌を先日無事に済ませたあと、母上のお家の片付けを始めたそうです。
ご両親は仏壇店を経営されていました。
お父さんが仏壇を作ったり修理したりする仕事をし、お母さんが配達をしたり、ご主人のお手伝いをしたり、小物を作ったりしていたそうです。
荷物を整理していたら、当時お店で売っていた母上お手製のお念珠が見つかったんだって。
本物の小粒真珠に糸が通せるように穴をあけてもらって作ったお念珠です。

17100802.jpg
形見分けにいただきました。
手にとったら、なんともいえない温かさを感じました。
大事にします。
お守りにします。
ありがとうございます

「作り方教えてもらっておけばよかった」
と友だちがつぶやきました。
うん…

その彼女の息子のお店でおせちを売り出します。
毎年売っているのだけど、今年はデパートやスーパーと連携して大々的に展開します。

17100803.jpg
こういうカタログ初めてじっくり見ましたよ。

17100804.jpg
これがそのお店のものです。
見ていくうちに金銭感覚がおかしくなり、しまいには「25000円?わりと安いね」なんて言っちゃいます。
もちろん買いませんけど(すまぬ)見ているだけでお腹いっぱい。
それはそうと、
お正月がグッと近づいた感
posted by 元女将 at 23:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

ドラマ『プリズンホテル』

かなり以前に、夢中になり、繰り返し読んだ浅田次郎さんの小説がドラマになりました。
過去にもドラマ化されているのだけど、ホントどうしようもないひねくれモノで甘ったれの主人公(任侠小説の作家の木戸孝之介)の設定が女性になっていて、それが松本明子で、まったく別のお話になっていたので驚いて1話で断念した記憶があります。
今回はBSジャパンでの放送。
主人公は作家ではなく、支配人になっているようですね。
ココリコ田中です。
とてもあっています!

とはいえ、ストーリーのほとんどを忘れています。
全4巻なので急いで読み直してみようかな。

夢中で読んでいた時は、妹と勝手にキャスティングして遊んでいました。
最後まで決まらなかった主人公の作家はダウンタウンの松本人志に決めました。
今回はその役が吹越満で、これもとてもあっていました。

今日の放送を見てたら、出てくる人がほとんど任侠の人で、拳銃で撃ち殺しちゃうシーンもあって、うむむ、これは今の地上波じゃ無理だわ〜〜〜と思ったよ。

今、朝日新聞で浅田次郎のインタビュー連載をしているのだけど、アサジロ先生は今も過去の作品を読み返しているそうです。
過去の自分に負けないため、なんだって。
気になるところがあっても絶対に直さないと決めているんだって。
最近『プリズンホテル』の一節を読み返したそうで「あんなギャグはもう書けない」なんておっしゃっていました。

私のこの小説のイメージは、木戸孝之介の深い悲しみとそこからの立ち直り、なので、ギャグ??と思ったわ。
やっぱり読み直す必要ありだ。
ドラマで主人公が支配人になってるってことは、ストーリーも変わるのかな?

ま、小説とドラマは別物と考えなくちゃ、とはいつも思っているんだけどね。
なかなかね。

17100701.jpg
放送は毎週土曜日21時からですが、来週土曜日のお昼12時半から再放送があるようです。

とにかく今期は面白そうなドラマが目白押しで、ワクワクします〜〜〜
というわけで、ブログカテゴリに「テレビ」を追加しちゃいましたよ。

それはそうと、
書いた文章がすべて消えていて、書き直しになって哀しい
posted by 元女将 at 22:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

サザエでございまぁす

いやはや。
版画展を見に来てくれた友人とご飯を食べに行ったのですが、
なんとお財布がないーーーーーー
家に忘れてきたーーーーー
昨日買い物に行ったエコバッグに入れっぱなしーーーーー
というわけで、
ご飯をご馳走になり、そのうえ車で家まで送ってもらちゃったよ
とほほほ
近所のスーパーに買い物に行ったんじゃないんだよ。
大通に出て、お茶かランチができたら嬉しいな、なんて思いつつ出かけたんだよ。
サザエさんもビックリだよ

17100601.jpg
こんなご馳走プラス二の膳(お寿司、茶碗蒸し、味噌汁)とデザート、コーヒーまで美味しく頂いていた時はまさか自分が財布を持ってないヒトとは知らなかったのであります
知らないって素晴らしい…
ふぅ。
気を取り直して、昨日の続きをば。

日明恩さんのデビュー作が『それでも、警官は微笑う』
17100501.jpg
日明さん、大学病院で外科教授の秘書を務めながら作品を書き上げたとか。
す、すごいな。
そしてこれ、デビュー作と思えないくらい達者です。

主人公は、池袋署刑事部武本巡査部長31歳と潮崎警部補28歳。
武本は母が幼い頃に亡くなり、父に男手ひとつで育てられました。
いいこと言うんだよ、このパパが!
長身、木彫りの仏像のような武骨な顔、短髪、無駄なことは一切話さない。
あだ名は「キチク」です(ひどい)
実はこの武本のお父さんは武本工務店の経営者
つまり、消防士シリーズの雄大の親友裕二の勤め先です。
世界が繋がっています

潮崎は、すらりとした身体つき、柔らかそうな栗色の髪に嫌味なく爽やかに整った顔、常にオーダーメイドのスーツを着用。
茶道の家元の家の次男坊です。
お金持ちです。
あだ名は「坊ちゃん」(それ以外ないよね)
家は政治家や各方面のエライ人と茶道を通して繋がっているらしく、いろいろと無理がききます。
屈託のない性格でよくしゃべり、知識が豊富ですが、同僚には煙たがられています。
武本の上司に当たるのに、年齢や警察官歴の長さから武本を「先輩」と呼んでいます。

二人が密造拳銃所持の容疑で逮捕した石島は麻薬取締官から内偵されていた。
そして同じ密造拳銃が5年前、覚せい剤乱用防止推進員で獣医師の泉の自殺に使われていた。
泉は石島を更生させようとしていた。
泉は自殺した時、大量の覚せい剤を使用していたため、その妻と娘までが世間から非難を浴びた。
妻は精神を病み、娘は離婚されてしまう。
それを知った娘の元恋人宮田は真相を探るために麻薬取締官になる。

武本、潮崎と宮田がぶつかったり協力したりしつつ核心に迫る。
最後は激しい銃撃戦に!
映像が頭に浮かびます。
映像化したら武本と潮崎は誰がいいかなぁ〜
と、年齢を考えてTOKIO長瀬と千葉雄大くんにしたけど、読んでるうちにどうしても、阿部寛と小泉孝太郎になってしまうのよ。
老け過ぎだよ

『そして、警官は奔る』
17100503.jpg
「奔る」で「はしる」なんですね。

前作で武本は異動、潮崎は「上から警察を変えるために」退職します。
試験を受け直してキャリアとして戻ってくるそうです。

武本は蒲田署刑事課強行犯係に所属。
相方は和田警部補。
やる気がなさそうに見える刑事で、武本に反発しています(実は悲しい過去あり)

ある日「隣の家からいるはずのない女の子の声が聞こえる」と通報が入ります。
調べると少女が監禁されていました。
その少女は不法入国者の子どもでした。
生活安全課の小菅の協力を得て、今は民間人の潮崎の活躍もあり事件は解決しますが、小菅さん…お気の毒です…

『やがて、警官は微睡る』
17100502.jpg
「微睡る」で「ねむる」です。

潮崎は見事キャリアとなって警察に復帰。
神奈川県警の警視殿です。

事件はなんと、武本の見合い会場のホテルで起こります。
武本が巻き込まれ、まるで和製ダイハードです
新人ホテルマン西島君がどんどん成長していく姿が清々しい。
潮崎は担当外なのにスルスルと捜査本部に入り込んで武本と交信することで事件を解決へと導きます。
とはいえ、今回は武本のひとり舞台って感じでした。
で、ラストは武本のロマンスも匂わせて

それはそうと、
たまに出るマンガっぽいっていうか、ファンタジーっていうのか、ラノベっぽいっていうのか、そんなキャラクターが今回も出てきました。
そもそも潮崎がそんなキャラクターではありますね。
そこがこの作家さんの好きと嫌いの分かれ目になるのかな?
私は好きですぜ
だって楽しいもん

まだまだ二人の活躍を見たいけど、本のタイトルからするとこれがラストなのかな?
ちゃんとした武本と潮崎のバディは1作目だけ。
もっともっと読みたいです
で、消防士シリーズとのコラボも読みたいです
posted by 元女将 at 22:22| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

日明恩さん

スカッと晴れたのに寒いですわ〜〜
遠くのスーパーに行こうと家を出たけれど、郵便局で振り込みを終えたら気持ちが折れてUターンして近くのスーパーで買い物済ませちゃった。
寒さは私の気力を奪うよ。
それはそうと、
ついに日明恩さんの消防士シリーズ3冊プラススピンオフ
警官シリーズ3冊読み終わりました。

あ〜〜〜面白かった
アンソロジーを読んだおかげで日明恩さんという作家さんを知ることができました。
そうじゃなかったら、ずっと知らないままだったかも。
でも、巡り会えた

ちょっと不運だったのが、最初に読んだのが消防士シリーズのスピンオフだったこと。
17100504.jpg
シリーズの中の脇役の機関員(運転専門)生田の兄貴が主人公。
もちろん独立した作品としてワクワクしながら読んだのですが、順番通りに読めたらお得感があったのになぁ〜〜

気を取り直して、消防士シリーズの1作目『鎮火報』を読みました。

17100506.jpg
「鎮火報」っていうのは、火事が無事に収まりましたよ〜と知らせるために消防車が鳴らす「かんかんかん」っていう音のことです。

主人公は大山雄大20歳。
お父さんは誇りある消防士でそれがゆえに殉職してしまう。
父が殉職してから後見役のような存在だった仁藤に挑発され、勉強嫌いだったが一念発起して一発合格。
「オヤジみたいに絶対に殉職しない。楽して給料ガッチリもらいたい」と内勤になることを夢見る日々。
雄大はやる気はないが、仕事はキチンとする。
できちゃうから内勤の道はどんどん遠ざかる、それをグチグチと言うのがクセ。
それを聞いてくれるのは、幼馴染の(工務店のホープ)裕二、偶然知り合った中年引きこもり(金持ち)の守。

ある日、木造アパートで火災が起き、不法入国者が焼死する。
なぜか警察が不法入国者を摘発しようとすると火災が起きる事件が続く。
東京入国管理局の小坂、警察の生活安全課もからみ、思いがけない展開へ!

お仕事物語であり、雄大の成長物語であり、守が探偵役のミステリーでもあります。
ただ、守の存在があまりにも非現実的でちょっと物語の中で浮いてる感があり。

2作目は『埋み火』
17100505.jpg
前作から半年後のお話。
全焼した家で高齢者が焼死。
周りの家は留守だったり空き地だったりして被害は広がらなかった。
しかし、同じような火災が次々と起きる。
事故として処理されるが、納得のいかない雄大が調べ始めると、陰に中学生くらいの少年の存在が見えてくる。
前作で死にたがっていた守がついに…?
なんてのをプンプンにおわせて、守は登場せず。
その分ミステリー度は低く、お仕事度アップで、私はこういう方が好きですな。

そして『啓火心』
17100507.jpg
啓火心とは、消防士はただ火を恐れ憎むだけでなく、尊敬の念を持って接し、火について学ばなければいけない。その気持ちがあれば、出場現場がどんな状況であろうとも平常心を保って火に立ち向かえる、ということだそうですよ。

物語は『ロードアンドゴー』後の世界。
1作目で20歳だった雄大は26歳になっていて、転勤して特別消火中隊というところに配属されています。
つまり念願の内勤からまた一歩遠ざかった!
今回は火災に違法薬物が絡みます。

まだまだお話は続きそう。
っていうか、続けてください
守のヒミツが全然解明されてない。欲求不満。

そして、消防士シリーズより前に書かれていた警察シリーズへ!
豚バラ肉と大根を煮なくちゃいけないので、続きは明日にしよう。
posted by 元女将 at 17:32| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

ストーブ試運転

急に寒くなりまして、悔しいけれど、ストーブを試運転してみました。
10分くらいつけると部屋の冷気が消えて暖かくなるのです。
今年は早いよなぁと思い、過去のブログをチェックしたら(これ毎年してるよね)全然早くなかったです。
一昨年がやはり4日
後は8日とか9日とかです。
そっか、そういう時期なんだね。

それはそうと、
今日誕生日の友だちにお祝いのメールをしたところお返事がきました。
「今年に入って山登りを始めました」
ええええーーー!!!
高校・短大時代の同級生なのですが、おとなし気な文学少女という感じの女子でして、2年前に会った時も高校時代と全くと言っていいほど印象が変わらない、そんなアナタが!!山登り!!!
続いての文章で私は腰を抜かしましたよ。

「先月は山小屋デビュー!」
うむむむ。
札幌で言うと藻岩山や手稲山レベルの山登りをイメージしていたけれど、山小屋に泊まるって、なんとか岳だよね、縦走とかだよね、まったく人生何があるかわからないね。
私もひょっとしたら思いがけないものにハマるかも!!

でも、同級生が生き生きとしているのを知るのは嬉しいです。
ずっと日本ハムファイターズを応援してきて、もちろん今日の札幌ドーム最終戦を見に行っている友だちもいます。
バリバリ仕事をし続けている友だちもいます。
みんなみんな頑張ってる!
引きこもっている場合ではないね。
ないけど…
ま、いいか…てへ。
posted by 元女将 at 21:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

べるぱぴえ銅版画展スタート

今日から母の所属する版画グループの展覧会が始まりました。

17100301.jpg

8日(日曜日)までさいとうギャラリー(H&Mの入っているビル)で開催中です。
最終日のみ5時まで、それ以外は10時半から6時半までです。
ショッピングに大通に行くことがありましたらついでに覗いてみてください。

母の作品をご紹介しますと

17100302.jpg
「マダム達」
おしゃれです!

17100304.jpg
「オルセー美術館の開場を待つ」
これが日本版画協会展に入賞し、東京都美術館に展示されるものです。
版画なので、同時期に2ヵ所での展示も可能。
ま、東京での晴れ姿も見たかったけどね。

17100303.jpg
「ひとり」
座禅を組んでいるような後姿の人がいます。

実は夏休みに帰省した高3の孫に
「ちょっと胡坐かいてみて」
と母が頼んだら
「胡坐ってかいたことない。どんな?」
みたいなことになり、やってもらったらグラグラして全然モデルにならなかったという裏話も聞きました。
さすが現代っ子だね。
てか、現代っ子って言葉がすでに死語っぽいけど。

それはそうと、
いつも使っている大島の高田製油所の椿油をいつも通りにネットで買おうと思い、ふと考えたのです。
これ、札幌のどっかにも売ってんじゃないのかな?
だって、送料かなりお高いのです。島だからね。
探すと、東急ハンズにあるらしいので電話で確認。
「おいてございます」とのことで(それにしても変な日本語だなぁ)買って来ました。
17100305.jpg
いつも買っている缶入りはなかったので、瓶入り。
量が少ないけど、また買いに行けばいいもんね。

何て言ってるけど、
来春、東急ハンズは東急デパートの中に移転するそうです。
とすると、今より売り場はかなり小さくなりますな。
椿油も移転グループに入れてもらえるかな。
今のうちに他でも売ってないか探しとこ。
posted by 元女将 at 14:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

おうちでの

昨日散歩がてら寄った遠くのスーパーで見つけました!

17100201.jpg
なんとなんと!
175°DENO監修の袋麺です

17100202.jpg
それにしても、
店主の名前
「DENOミツヒロ」って…
出野光浩さんか、デノミツヒロさんではダメだったのだろうか…
MITUHIRO DENOでも…

それはそうと、
作ってみたらかなりしょっぱかったのでした。
本物はもっともっとクリーミーだったなぁ
白濁してたしなぁ
と思い、牛乳を温めて足してみましたところ
かなりお店の味に近付きましたです!
もちろん粉花椒はたっぷり振りかけました。

おうちでDENO!!
17100203.jpg
けどね、
水菜の代わりにホウレン草
カシューナッツの代わりにくるみ
ホント、スンマセン!!

お店で食べる麺はフィットチーネっぽいのですが、袋麺のは「太麺」
お店の汁ありの担々麵の麺に似てるかな。

肉みそ足したり、辛みを足したり、いろいろ工夫できそうです。
いいもの見つけて嬉しいわい。
posted by 元女将 at 20:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする