2019年03月11日

3.11

今日の新聞の「折々のことば」は詩人の和合亮一さんの「言わば震災後八年ではなく震災八年。」
そうだよなあ。
全然「後」じゃない。
ここ数日テレビや新聞で「忘れない」とか言ってるけど、そもそもそういうものではない気がします。
自分の名前を忘れないくらい、確かに始終意識してはいないけど「忘れる、忘れない」の問題じゃないと思うのだけど。
8年経ったのに、苦しい思いをしている人がたくさんいて、この国のエライ人たちは私利私欲のためしか動かないのかなと悲しくなったり、そんな自分はどうなんだ、と無力感を覚えます。

チカホを歩いているとイベントを開催していました。

19031101.jpg

3.11SAPPORO SYMPOというイベントです。
「北海道に避難・移住した人、被災した地で生きる人、そしてその人々とともに歩む道民が気づき、学んだことをこれからのまちづくりに活かすことを目的としている」そうです。

トークイベントもやっていたけれど、わたしはそろそろお尻が限界だったのでマルシェで買い物だけで失礼しました。
高校の学校祭のような売り子さんが初々しい。
東北のものはもちろん道産のものもたくさん売っていて、売上は寄付されるそうです。

19031102.jpg

おなじみ斉吉商店さんの「金のサンマ」女川町の帆立のオリーブオイル漬け、北海道のドライトマトのオリーブオイル漬けを購入。
もっと買いたかったけど瓶詰めが多くて重かったので断念、残念!

青空応援団の平団長がいつも書いている言葉

「一番大切なことは命。
死ぬこと以外、どんなことでもかすり傷。」

かすり傷でも痛いけどね。
たくさん痛みを知っているからこその言葉だと思います。
この言葉はいつも心のすぐに出せるところにしまってあります。

わたしのもがき時期はずっとエレファントカシマシの『新しい季節へキミと』を聴いていました。
歌に助けられること、多いです。

歌につかの間自分の気持を預けるとその時は少しホッとできます。
自分の気持ちを表すことは難しいけど、誰かに代弁してもらうのと似ているのかな。

「いくつも流してきた涙は輝く明日からのメッセージ」
良い曲だ
posted by 元女将 at 21:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

『グリーンブック』

お尻も順調なので映画を見に行ってきました。
『グリーンブック』
アカデミー賞受賞作品です。
それ以外の情報無しでまっさらの状態で観ました。

19031001.jpg

なにはともあれ、あらすじを映画.com様より

1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒として働くトニー・リップは、粗野で無教養だが口が達者で、何かと周囲から頼りにされていた。クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリーに運転手として雇われる。黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、その旅に同行することになったトニー。出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていく。

130分の映画でしたがあっという間でした。
用心して、席についてすぐ靴を脱ぎ、体育座りしたりいろいろ体勢を変えつつお尻に負担がかからないようにしました

いい映画でした!!
アカデミー賞受賞おめでとーーー!!と言いたい(今さらか)

差別について考えました。
主人公は黒人差別の人だったけれどドクター・シャリーと付き合ううちに変わっていく。
それは差別意識がなくなるのではなくて、一括りにしていた「黒人」が実はひとりひとりの人間だということに気が付いたということなのでしょう。

人間は自分を高みに置きたくて差別するんだよね。
どうしてそんなに高みにいたいのか、差別した人より高みにいったからといって何があるというのか…

ドクター・シャリーの人、よかったなぁ〜〜〜
孤独な王様の悲しさがひしひしと伝わってきました。
営業用の笑顔から本当の笑顔、あそこ好きだったなぁ〜〜〜

あと登場シーンのドクター・シャリーの服素敵だったなぁ〜〜〜〜

ウルトラハッピーエンド、最高です
映画はこうでなくっちゃ!!
posted by 元女将 at 22:06| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

八百屋さん

できた時から評判になっていたのですが、歩くにはちょっと遠いし、野菜は案外重量があり持って帰ってくることを考えるとそんなに買えないけど見てみたいな〜〜と思ってました。
今日、車で近くを通りかかったので覗いてみました。

19030901.jpg

不揃いとか、規格外の野菜がとても安く売られています
スーパーで売っているようなものもスーパーよりずっと安いです。

じゃがいも、長ネギ、しいたけ、いちご、生姜を購入
夏になったらもっと種類が増えると思うので、その頃にまた行こうと思います。


今日は「ありがとうの日」なんだそうです。
3(さん)9(きゅー)だからか…

わたしの周りの人はもちろん、見えないけどなにかしらご縁のある人達にありがとう(24時間電気を送るために働いている人、とかさ)
みんなが幸せでありますように
posted by 元女将 at 19:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

うげ

銀行に行く用事があり、結界を越えてでかけました。
気持ちをピシッっとしたいと思ってましたので、気合で研ぎ上がった包丁を受け取りに行くことにし、地下鉄に乗りました。
読みたい本も買おう!100均で新聞を入れるビニール袋も買おう!そして包丁も受け取ろう!!とキビッと到着!

19030801.jpg

うげ
まじか
なして?
年中無休じゃなかったのけ?

わたしが呆然と佇んでおりますと、次々同胞が到着し、皆様、え?とか、お休みなの?とか、どうして?とか小さくおっしゃってました。いちいち心の中で大きくうなずくわたくし。

地下鉄代かけて来たのに、回れ右でまた地下鉄代かけて帰るのが悔しくて、足と相談し歩いて帰ることにします。
途中の本屋さんに目的のがあるかもしれないし。
ポストにも寄りたいし。

しかし、途中の本屋さんには、希望の本はありませんでした。
予想通りです。
ここの本屋さんは目的の本があったことがないのであります。
コミック中心だからしかたない。

せっかく来たのだから、DVDをレンタルしよう。
が、わたしの「見たいリスト」の中で在庫は1本しかありませんでした。
ま、いいわ。
セルフレジで精算します。

画面に「金曜日は60歳以上の人には1枚ただでレンタルしちゃるぜ」的な説明文。
やったーーーー

というわけで、ただでDVD借りてきちゃいました。
目的は果たせなかったけど大満足であります。

しかし、身体は嘘をつかない
歩いた分だけ足が痛いです
3歩進んで2歩下がるで治すしかない。
つまり1歩ずつだ。
posted by 元女将 at 22:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

曼荼羅

お尻が90%治ったので、スープカレーを食べに行ってきました。
身体に気合を入れます!!

曼荼羅というお店です。2回目の訪問。

19030702.jpg

スープは「オリジナル」「薬膳」「ココナツ」から
辛さは1〜5までは無料。
6から有料(1UPにつき60円)で、最高が10
ご飯は「白米」「玄米」から選びます。

メインの具材は「チキン」「ポーク角煮」「煮込みハンバーグ」「牡蛎」「唐揚げホルモン」「ベジタブル」「シーフード」「宝永餃子」「じゃぽん」から選びます。「じゃぽん」は納豆が入っているらしい。

壁の曼荼羅風麻婆カレーのポスターも気になります。

今日は、チキンで白米で薬膳スープ、辛さは自分の掟に従い、無料のMAXの5!
無料のMAXが辛さも美味しさも実感できるのです(わたし調べ)

19030701.jpg

食べ始めは思わず「辛っ!!」と言っちゃうくらい辛いです。
だんだん慣れてくると美味しくなります。
薬膳ぽさはなしで、とても食べやすい。

汗も少しかき、身体が浄化された気がします(病は気から)

1ヶ月かかりましたが、生活に支障が出ない程度に回復できました。
靴を履いても大丈夫!
ご心配、ありがとうございます
posted by 元女将 at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

『校閲ガール』

『校閲ガール』シリーズ読み終わりました。
楽しかった!

『校閲ガール』は石原さとみちゃん主演でドラマ化されました。
とてもとても楽しく見ていましたが、原作とかなり設定が変わっていました。
でも、主人公の石原さとみちゃん演じる河野悦子のキャラクターや物語の世界観は共通していたので、別物として楽しめました。ただ、先に原作読んでいたらどうだったかな?

あらすじは出版社のHPから拝借

『校閲ガール』

19030601.jpg

憧れのファッション雑誌の編集者を夢見て、根性と気合と雑誌への愛で、 激戦の出版社の入社試験を突破し 総合出版社・景凡社に就職した河野悦子(こうの・えつこ)。
しかし、「名前がそれっぽい」という理由で(!?)、悦子が配属されたのは校閲部だった。

入社して2年目、苦手な文芸書の校閲原稿に向かい合う日々。 「こんなところ早く抜け出してやる」とばかりに口が悪い演技をしているが、 段々自分の本性がナマイキな女子であるような錯覚に陥ってくる毎日だ。
そして悦子が担当する原稿や周囲ではたびたび、ちょっとしたトラブルが巻き起こり……!?


場違いなくらいファッションをキメて出勤し、思ったことを遠慮しないで言う悦子だけれど、仕事はキッチリ、完璧!
入社試験を突破できたのも、実は卓越した記憶力と観察力が校閲部の部長の目に留まったからなのでありました。
悦子は偏見を持たない、他人の目なんか気にしない、気持ちのいい女です。

『校閲ガール ア・ラ・モード』

19030602.jpg

前巻の続きかと思ったら、脇役だった人たちが主役になるスピンオフ。

入社して2年目、ファッション誌への異動を夢見て苦手な文芸書の校閲原稿に向かい合う日々を過ごす悦子。
そして明るく一直線な彼女の周りには、個性豊かな仕事仲間もたくさん。
悦子の同期で、帰国子女のファッション誌編集者、
これまた同期の東大出身カタブツ文芸編集者、
校閲部同僚でよきアドバイスをくれる、グレーゾーン(オネエ系)のお洒落男子、
悦子の天敵(!?)のテキトー編集男、
エリンギに似ている校閲部の部長、
なぜか悦子を気に入るベテラン作家、などなど、
彼ら彼女らも、日々の仕事の悩みや、驚くべき過去があって……。


東大出身カタブツ文芸編集者藤岩さんがとてもいいです。
この巻は次巻のための養分的な感じ。
本筋の物語に膨らみが出るもんね。

そして今日読み終わった『校閲ガール トルネード』

19030603.jpg

悦子は、恋に落ちたアフロヘアーのイケメンモデル(兼作家)と出かけた軽井沢で、ある作家の家に招かれて……。
そして社会人3年目、ついに憧れの雑誌の編集部に異動に!?


ラストがドラマと全く違いちょっとビックリ。
さすがに原作のほうが深いです。悦子も幸人もやりたい仕事と向いている仕事の違いに悩みます。
そりゃそうだよね。自分に向いていてやりたい仕事に就いている人なんてそうそういないはず。みんな折り合いをつけて暮らしているんだよね。今いるところで全力を尽くして。

校閲って文字の間違いだけ直すのかと思っていたらそんな簡単な仕事じゃなかったんですね。
昔々お勤めしていたところやPTAで会報を出していたのですが、その会報の仮刷りの文字や体裁の間違いをチェックする仕事はかなり好きでした。
これは「校正」なんですね。
「校閲」はさらに原稿の書かれた内容が事実と合っているかを確認するんですね。主に歴史事項、文学作品名、人名、化学・科学などの数値の確認などだそうです。
この本の中でも、列車の移動時間とかまで検証してますもんね。注意力散漫な人にはムリだね。

『ア・ラ・モード』の中でチラッと出てくる人物が主人公の物語をこれから読みたいと思います。
このシリーズは3時のおやつ感覚で気軽に読めて楽しい〜〜〜
posted by 元女将 at 21:07| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

『新世界より』

雪解けが早い今年ですが、わたしの春の不眠症もしっかり早く訪れました。
不眠症というか、中途覚醒です。

例年だと3月末から4月末までなのに、今年はもう一昨日から始まっています。
寝付きが悪いのに、夜中に6回位目が覚めます。
鳩時計並に1時間に1回きっかり目が覚めるのです。

なんだろうね。
もうこの10年以上毎年です。
仕方がないと思っています。
日中眠たくなるわけでもないし、たとえ眠たくなっても大丈夫な環境だし。
ただ、朝が一番疲れています。
「ううう、長かった〜〜〜〜」(朝までの時間ね)
起きた時は栄養ドリング飲もうと思うくらい疲れているのだけど、動いているうちに大丈夫になります。

お尻は痛いし、PM2.5のせいで喉はガラガラするし、夜中にしょっちゅう目が覚めてるし、もうヨボヨボじゃ。

そんな中、SF大作を読みました!友だちから教えてもらった1冊です。

『新世界より』貴志祐介作
貴志祐介は『黒い家』が怖かった〜〜〜
眠れなくなるくらい怖かった〜〜〜〜〜〜!!

19030501.jpg
辞書並みの厚さです。

19030503.jpg
953ページ

19030502.jpg
2段組

コレ、単行本だと上下2冊、文庫本だと上中下の3冊なのですが、ケチな私は1冊になっているノベルスを選択。

あらすじは出版社のHPより

1000年後の日本。「呪力(じゅりょく)」こと、念動力を手に入れた人類は、「悪鬼(あっき)」と「業魔(ごうま)」という忌まわしい伝説に怯えつつも、平和な社会を築いていた。
しかし、学校の徹底した管理下にあった子供たちが、禁を犯したため、突然の悪夢が襲いかかる!
崩れ去る見せかけの平和。異形のアーカイブが語る、人類の血塗られた歴史の真実とは!?


長い長い物語なのでこんなあらすじではなにもわかりませんね。
第29回日本SF大賞受賞 第1位をとった作品です。

語り部は早季という女性です。
彼女が小学生の時からお話は始まります。
死闘を繰り広げるのは彼女が26歳の時で、その10年後の早季が過去を振り返って手記を書いているという設定です。
だから早季がどんな危険な目にあっても彼女は生きているのである意味安心して読めます。
けど、そう思っていてもドキドキします。

最初は「ガンバの冒険」か?とか思って読んでました。
ちなみにアニメの「ガンバの冒険」が好きすぎて、原作の『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』も読みました。アニメ、原作とも名作!!ちなみに2015年上映の3DCGアニメ映画「GAMBA ガンバと仲間たち」は見てません。

途中「神話っぽいわ〜」となり、最後はこれは現実に起こったことの比喩なんだ、と思いしらされます。カースト制の、人種間の戦いの、9.11の。

壮大な物語でした。
ここんところスイスイ本を読めているので挑めた作品でした。
とても面白かったけど、このボリュームは読み始めるには覚悟が必要かも!

マンガにもアニメにもなっているそうです。
知らなかった!
posted by 元女将 at 22:09| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

ちどりふみこさん

今年も母の社交性の高さに舌を巻いた「おひな祭りの会」でございました。
もうね、すごい!!
隣の人とすぐに打ち解け、10年来の友人のように喋る。
天才!!

で、そんな母とお隣とそのまたお隣の人との会話の中で「そのまた」の方がわたしが20歳まで暮らした家のご近所さんだったことが判明。
ちなみに「お隣」の方はうちの夫と同郷でそれはそれで盛り上がりました。

んでんで、昔のその界隈の話になったのです。
「中山ミシンのところにミシンをずっと踏んでいるマネキンいたよね〜〜」
「そうそう!季節ごとに着替えたりしてね!」
「色んな服が寄付されたらしいわよ」
と、盛り上がっていると「そのまた」の隣のそのまたお隣の御婦人から「ちどりふみこ!!」との声が。
え?
あのマネキンさんお名前があったのですね。

家に帰ってから調べると「千鳥ふみ子」さんと書くそうです。

こちらです(写真は拝借)

19030401.jpg

ファイターズの優勝パレードの時はユニフォーム着てました!
コレはとても印象に残っています。

19030402.jpg

中山ミシンの店舗は閉店してしまったのですが、千鳥ふみ子さんは内勤になったそうですよ
出張もしているみたいです
posted by 元女将 at 22:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

おひな祭りの会

恒例のおひな祭りの会に今年もお邪魔してきました。
妹が所属しているすすきの囃子「響の会」の発表会のような催しです。

19030306.jpg

なんとなんと今年で5回目だそうです。
そんなにか!!

さらに今年は昼夜の二回公演!!
そんなにか!!

わたしのお尻もこの日を目標にしておりましたので、なんとか間に合ってよかったです。

今年も妹の着物を借りました。
紬と博多帯

19030301.jpg

帯締めと帯揚げは春らしい色です。

19030302.jpg


わたしの着物はさておいて、驚いたのは夫の着物です!

おまかせでレンタルなので当日までどんな着物なのかはお楽しみ。

うっひょ〜〜〜〜

まず長襦袢がすごい!

19030304.jpg
なんかヤラシイです
遊び人もびっくりです(たぶん)

帯は風神雷神、着物は黒地に白の縞模様。

19030305.jpg

羽織は白黒のツートンカラー

19030303.jpg

面白いなぁ〜〜〜〜〜
レンタルだからこその遊びです。

うちの夫は何でも着こなす男だった!ザ・着物体型

去年偶然向かいの席に座っていた方が、演奏に興味深そうにしていたので、我々一家で背中をぐぐぐと押し入会をおすすめしたのだけど、その方がすっかり会に馴染んでいてご挨拶に来てくださいました。押したかいがありました。とても楽しそうだったので嬉しくなりました。

演目にはわたしの大好きな端唄「桃太郎」もありました。

19030307.jpg

寿獅子は今まで長く務めていた方が後進に道を譲ったようです。
妹の笛の音に集中していながらも違和感があったのは、中の人が違ったからなんですね。

端唄とか長唄とかも最近は「いいなぁ」と思って聴いています。
日本人のDNA?

着物でのお出かけは楽しいです。
今年は道路もすっかり乾いていたので歩いていても楽ちんでした。
こんなに着物を着る人生になるとは。妹に感謝です。
posted by 元女将 at 22:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

PM2.5

相変わらず、もやってます。
そして、外を少しでも歩くと喉がイガイガになります。
PM2.5めーーーー
中国大陸の森林火災が原因らしいんだけど、狭いよね、地球。

昨日は髪を切りに行き、久しぶりに大通で沢山用事を足しました。
帰ってきてチェックしたら1万歩以上歩いてた
終盤は脂汗タラタラでしたけど、歩けたことは大いなる自信になりました
その分、しっかりと痛かったので、今朝起きて振り出しに戻っていたらどうしようとドキドキ

だって、出産より痛かったんだよ!!
(30年以上前の痛さなのであまり覚えてないけど)
つまりここ10年では一番の痛さ!!
もういやだ!
あんなに痛くなりたくないっ!!

夜中、何度も目覚めてそのたびにチェック。
そのたびにストレッチ。
その甲斐あってか振り出しに戻ることなく済みました。
すごろくだと「3コマ戻る」くらいか。

このお尻と折り合いつけて雪どけを待とうと思います。
雪がとけたらおばさんぽできますように!

posted by 元女将 at 21:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする