2018年12月18日

小樽リベンジ旅

前回時間切れで回れなかったところを今年中になんとかしようと行って参りました〜〜〜

日が沈むのが早いので、9時40分に家を出るスケジュールです。
友だちとは電車内で合流。
早速、前回積み残しの回収に向かいます。

18121801.jpg

3館共通チケットは有効期限なし。
ありがたいです。
でも今年の課題は今年中に回収したいよね!!

小樽着〜〜〜

18121814.jpg
たくさんの雪だるまが迎えてしてくれました。

18121809.jpg
ステンドグラス美術館です。
ここは旧高橋倉庫といって、大豆の倉庫だったところなんだそう。

ここのガイド音声も無料でした。ありがた〜〜〜

18121812.jpg

思わず「ふぁっ!!」と声を上げてしまいます。
美しくも荘厳。

18121811.jpg
まるで教会にいるかのようです。
とか言ってますが、キリスト教の知識が皆無なので音声ガイド様様であります。

上からも見ることができます。
18121810.jpg

音声ガイドがなかったら「キリストも使徒もめっちゃイケメンじゃーーーん!」とか言って5分で見終わってしまうところでした。

それが音声ガイド様のおかげでじっくりゆっくりと1時間半。
イケメンを堪能いたしました(結局ソコ…

この美しいステンドグラスは教会の窓を飾るために作られたであろうに、数奇な運命の果てに小樽の地でおばちゃんに「イケメンじゃーーん」と言われてしまってお気の毒としか言えない。
でも、壊されるよりはましかしら?

隣接する旧三井銀行小樽支店にも行きました。

18121803.jpg

電話室があります。

18121807.jpg
まさか数十年後には一人一台電話を持つことになるとは想像もつかなかったでしょう。
朝ドラの『まんぷく』で見た電話の形態です。
さすがのわたしも使ったことがありません。

18121804.jpg
吹き抜けには回廊があります。
天井の石膏造りも美しい!

貸金庫室です。

18121805.jpg
特別な人しか使えなかったとか。
今は誰でも使えます。

18121806.jpg
当時の引き出しは木製。

堪能した後は遅めのランチです。
昔、わたしと行ったことがあると友が言い張る「小樽バイン」へ。
中に入ってもまったく記憶が

18121813.jpg
わたしはボロネーゼ。
これに梅味の美味しいドレッシングのかかっているサラダと飲み物が付いています。

小樽バインのバインは「経営母体である中央バスのBUSと建物が元銀行だったことからBANKとお店の自慢のWINEからとったそうです。
それならババインじゃね?と思ったわたしは意地悪です。

近くに郵便局があったので振込に立ち寄りました。
するとそこに!!

18121802.jpg
ババーーン!!
風景印!!
いやぁ〜〜〜〜知らなかったら目に入らなかったわ!!

3時になったら夕方の気配がしたので早めに帰途につくことにします。
カラスもお山に帰っていきました(カァカァとすごかったですよ)

楽しい小樽のプチ旅行だったのですが、文句をひとつ。
今回は美術館以外でもどこか観光したいと駅にあった観光地図をもらったのです。
しかし、そこには似鳥美術館などの小樽芸術村が出ていません。
旧三井銀行の表示があったので位置確認はできたんだけど、なんだこの地図
よく見ると作成が2016年6月!!

18121815.jpg

まじか。
せっかくあんなに立派な美術館ができたのだからさぁ〜〜〜!!
こういうとこだぞ!小樽!!しっかりしていただきたい!
posted by 元女将 at 23:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

『田中圭24時間テレビ』

『おっさんずラブ』関連の記事が出るたびに買い漁っていた雑誌で見て以来気になっていたのですよ。
でも、わたし、田中圭のファンじゃないしぃ〜〜と気にしない素振りをしていたのですよ。
そうしたら、おととい、新聞にどかーーーんと広告が!

18121702.jpg

あうっ…

こうなったら、根性入れて見ることにしますよ!!

18121701.jpg

内容を全く知らずに見始めました。
どうやら24時間でドラマを作るというコンセプトらしい。
これからずっと撮影をして、翌日の19時からそのドラマを放送するという段取りらしい。
了解です!!

始まりました〜〜〜
田中圭氏、スタートから番組名を間違えました〜〜〜

で、最初のゲストは吉田鋼太郎さん。
田中圭氏嬉しそうです。

これからずっと、ドラマの撮影と、合間のトーク、段取りの様子などが映し出されることになります。
さすがにわたしは途中で寝ましたよ。
でも4時に起きて少し見て
6時に起きて見たら田中圭氏が寝ているという…
眠っている姿を映す→それを見る→のぞき見
って感じの変態タイムがあったりします。
インターネットTVすごいな、これは地上波では絶対に不可能だわ。

わたしが好きだった(過去形)武田真治くんが登場しました。
あんなに繊細な美青年だったのに、なぜそんなに怪しい筋肉お兄さんになってしまったのか?
怪しいけど今でも好きっちゃ好きですよ。面白いもん。
今回も圭氏に「筋トレは日のある時にすべし!」とか「ベンチプレスは背中をアーチにすると首に負担がかかるとか」具体的な筋肉アドバイスをしてました。
二人とも芸歴は長いのに「はじめまして」だったのですね〜〜〜〜〜

なんだかんだと24時間中、録画部分も含めて20時間は見ました。

なんだか、田中圭が大好きになりました(とっくにか?)

そっか、ドラマってこうやって作られるんだ!っていうのを垣間見ることができました。
撮影しているのをずっと見てきて、最後にドラマとして完成したものを見ると、ここがこうつながってこんなお話になるんだね、と。
まぁ『おっさんずラブ』直後に出た週刊誌の反論っていうのがテーマっぽかったですけどね。
ちゃんとドラマになっていたのはお見事でした。

田中圭氏は24時間(伸びたので25時間)一度もNGを出さなかったのが凄かったです。
弱音も文句も言わない、ずっと映されているので、もしこれが虚像ならそれはそれで凄いです!

というわけで、昨日の夜に放送が終わってからロスでございます。
まんまと田中圭のファンになってしまったよ(今さらか??)
posted by 元女将 at 22:11| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

『来る』

夫婦割を使えるうちにと、映画を見てきました。
楽しそうなのはお正月休みにとっておこうということで、夫が選んだのはなんとホラー

出演者が各局に出てジャンジャン番宣をしています。
その都度予告編が流れるわけで、まあ、予告編なので、ちょっと面白そうかなと思わせる。
新聞の映画評でもものすごく褒めてる。
もう催眠術のような感じです。こわ。

18121601.jpg

ストーリーは

恋人の香奈との結婚式を終え、幸せな新婚生活を送る田原秀樹の会社に「チサさんの件で会いたいという人が来ています」と、後輩から言われ、受付に行くが誰もいない。
実は、チサとは香奈のお腹の子に名づけたばかりの娘の名前。
来訪者がまだ生まれてもいない子の名前を知っていたことに、秀樹は戦慄を覚える。
そして来訪者が誰かわからぬまま、取り次いだ後輩が謎の死を遂げる。

それから2年、秀樹の周囲で不可解な出来事が次々と起こり、不安になった秀樹は友人の民俗学者からオカルトライターを紹介してもらう。
秀樹は霊媒師の血を引くキャバ嬢マコトとともに調べ始める。
エスカレートする霊的攻撃に死者が続出。
マコトの姉・日本最強の霊媒師琴子が立ち上がる。
琴子の呼びかけで、全国から日本中の霊媒師たちが集結。かつてない規模の祓いの儀式が始まる。


感想は、なにせネタバレできない種類の映画だからな〜〜〜

岡田准一がなんというか「普通の役」をやってました。オカルトライターが普通かどうかはわからないけど、時代劇だったり出光だったり特攻隊だったりなんか戦っていたり、そんなのばっかりだったからとても新鮮。
ただし、まったく目立ちません(主役???って感じです)
髪型もファッションも似合っていました

クズだったり弱かったりする登場人物が多かった。だからこそ何者かに狙われちゃうんだろうけどさ。
ゴレンジャーみたいにみんなで力を合わせて何者かにかかっていくぞーーー!ってのかと思ってたけど全然違ったわ。
ゴレンジャーって…

最強の霊媒師琴子は松たか子なのだけど、きれいな声、美しい所作、ちょっと貫禄の出てきた体つきがとても説得力がありました。
頼もしかった

最後の方のシーンで大お祓い会場みたいなのを作って全国からいろんな宗教関係者が集結するんだけど、会場設営の様子とか、神官の人たちがカプセルホテルに泊まって着替えるのとかリアルでした。
そうそう、エンドロールには「神道監修」「仏教監修」「修験道監修」「ムーダン監修」「イタコ取材協力」「ユタ取材協力」とかズラズラ〜〜と。(ムーダンは朝鮮半島の巫女みたいなのらしい)
その大お祓い大会は見る価値ありますよ。

たぶんこれは、世界に売り出そうとするジャパニーズホラー作品なのではないかしら?というのが最終的な感想です。

あと、みんなタバコ吸いすぎ。最近では珍しい。
posted by 元女将 at 23:09| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

今年の漢字

ニュース的には「災」でしたが、
わたし的には
「牧」
です
はい、また出ました、そうです!「おっさんずラブ」で林遣都くんが演じた牧凌太くんの「牧」ね。

だって、4月に牧に出会ってからずっとずっと牧のことを考えてきたんだもん(キモ)
今日も洗濯物にティッシュが入っていて、朝からひゃーーーとなったけど、心の中で「マジティッシュ」という牧のセリフいうだけで立ち直れたし、いろいろと元気をもらえたわけですよ。
だから感謝を込めて!

さてと、
気持ちの悪い話はここまでにして、ありがたい話を。
先日の絵手紙展を観に行ったお礼状を頂戴いたしました。
なんとなんと、
ちゃんと風景印がバシッと

18121402.jpg

これが本物の!!感動!!
知らなければ気が付かないかもしれないな。
これからはちゃんと見るけれど、今までも頂いていたかもしれないのに気にしたことなかったもんな。
切手は「おや珍しい!」とか見ることはあるけど、そんな面白い消印あるなんて知らなかったもんな。

中に入っていたお手紙がこれまた可愛いのです。

18121403.jpg

小さい小さい千代紙のお人形
クリップと比べると小ささがわかります。

広げると巻紙のようなお手紙登場。
18121404.jpg

手先がなんと器用な!

世の中はわたしの知らないことばかり。
たくさんの人と付き合うと、たくさんのことを知ることができる、わかっていても年々付き合いを広げるのが苦手になってきています。
母を見ているとこれを年齢のせいにはできないね。
posted by 元女将 at 16:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

掃除機考

掃除機をもう2年くらい前から買い替えたいと思っています。
けど、まだ吸い込むからいいか、と、ズルズル。
前のはホースが切れて使用不可になったので買い替えたのでした。
買い替えてから10年はとっくに過ぎているので、吸い込み力が落ちてきた、とか、コンセントが曲がってさしにくい、とか、問題は多々あるけれど、とりあえずは掃除はできてるんだよなぁ〜〜

息子の部屋には立派なコードレスサイクロン掃除機があります。
彼はものすごいアレルギー体質なので埃に敏感。
昨日、留守を狙って掃除機を借りてきました。

年寄り掃除機とはいえ、かけている人も年寄りとはいえ、とりあえずは毎日掃除機かけているのですよ。
お手並み拝見と行きましょう〜〜〜〜

ごーーーーー

18121401.jpg

サイクロン式なのでゴミが溜まっていくのが見えます。
溜まります!溜まります!!
マジかというほと溜まります!!
今まで毎日かけていた掃除機はなんだったんだろうと思うほど溜まります

試しに今日もかけてみました。
そんなに溜まりません…

むむむむ

つまり、確かに高性能だということです。
欠点をあげるとすると
とても重い。
充電があまりもたない(さぁ〜〜〜っとかけるなら大丈夫なんだけど、細かいところまで丁寧にかけていると充電が切れます)
ほぼ毎回ゴミを捨てなくてはいけない。

今の掃除機の欠点は
ホースがねじれる。
本体が転がる。
コードがからまってコンセントが外れる
コンセントを一度さし替えなくてはならない。
吸引力が弱い…

これはもう買い替え、かな…?
posted by 元女将 at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

食パン食べ比べ

なんだかんだ言っても結局は食パンに戻る気がするんです。
あ。
唐突ですが、パンの話です。

フランスパンもクロワッサンも美味しいけれど、つくづく美味しいなぁ〜と思うのは食パンかな。
白飯のような感じですね、たぶん。

ちょうど半端なのがあったので、食べ比べてみることにします。

18121301.jpg

左が「パン・オ・トラディショネル」
マルヤマクラスに入っているパン屋さんです。

右は「ジョアン」
三越に昔から入っているお店です。

どれどれ

ドラディショネルさんのは歯切れがよくあっさりめ
ジョアンさんのは伸びる生地でバターの風味がします。

どっちも美味しいです!!
わたしはバターをじっくりと染み込ませてから食べたいので、あっさりめのほうが好みかな。
ジョアンさんのはバターつけなくても十分にうまいっす!

わたしはソーセージ3本と目玉焼きとコーヒーと食パンで365日過ごせます
体が求めた場合はトマトジュースをプラスします。
朝から贅沢気分です。
一日二食なので、朝ご飯の後は夜ご飯です。夜ご飯の主食はビールです
posted by 元女将 at 21:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

風景印

昨日、絵手紙展にお邪魔した時に教えていただいたのが「風景印」というものです。
消印のご当地バージョンってとこかな。

こんなのです
18121201.jpg

遠方の人にお手紙を出す時に、普通の消印の代わりにこの風景印を押してもらうとスペシャル感が出ます。

郵便局ならどこでも押してもらえるかというと、そうはいかず、「風景印 札幌市」で検索したら一覧表が出てきました。
残念ながら我が家の近くの小さな郵便局はダメでした。
行きやすいところでは、大通公園前郵便局、札幌中央郵便局とかパセオ、赤レンガで押してくれるみたいです。

出さなくても、62円以上の切手が貼ってあればオッケーとのこと。
昨日見せてもらった旅行記にも、御朱印のように風景印が押してありました。

面白い!!

その他にも、記念切手の発行時や全国的な記念行事の際の「特印」、地域の記念行事などの際の「小型印」、切手・はがきの発行日のみの「初日印」っていうのもあるそうです。

むむむ
わからなくなってきた

そういう時は具体的に見てみよう。
おお!
明日まで「北海道命名150年」のが赤レンガで押してもらえるみたいですよ。
あと、今年の雪まつり期間は北海道の超アイドル「雪ミク」が登場したとか!
ふぉ〜〜〜

面白い!!

手紙出す人が少なくなったから、コレクター狙いでたくさん増やすといいと思うよ(誰かにアドバイスしてみましたよ
posted by 元女将 at 21:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

エア旅行

パン教室の生徒仲間=パン友から絵手紙展のご案内を頂いたのでお邪魔してきました。

18121102.jpg

こんなことでもないと足を踏み入れない札幌市資料館です。

18121101.jpg
雪景色もいい感じ〜〜

ステンドグラスもいい感じ〜〜〜

18121107.jpg
たぶん前回も同じような写真を載せた記憶があります。
けど!
似鳥美術館で本物のステンドグラスを見たわたしは、見る前のわたしとは違うのです!!
エヘン!!
(何が違うのかはまぁ…ねぇ…)

絵手紙展はとてもとても素敵でした。
特に絵手紙のお仲間と東北旅行をした時の旅行記はそれぞれ作者ごとに個性があり、見始めたら止まりません。
ひとりひとりに寄り添って一緒に旅行をしたような、エア旅行気分を味わえました。
宮沢賢治や高村光太郎の記念館や作品を観たり、遠野で地元の方に昔話をしていただいたり、めちゃめちゃ楽しそうです。
わたしは宮沢賢治作品でも『風の又三郎』『注文の多い料理店』『セロ弾きのゴーシュ』が好きなのですが、みなさんの絵に『注文の多い料理店』の山猫軒が登場していたので密かに興奮いたしました。
この山猫軒はレストランとおみやげコーナーになっているようです。
行ってみたいなあ〜〜〜

食事の絵を美味しそうにたくさん描いている人、建物がとても上手な人、添えられている言葉でワクワクさせてくれる人、本当に皆さん個性的です。
旅行記は絵手紙の発展形なのだと思いますが、元々はどなたかに送るものが絵手紙。
絵も文字ももちろんなんだけど、なにより、見るとほっこりする、クスッと笑える、というようなユーモアが必要みたいです。
それってまさにセンスだよ〜〜〜〜

パン友に「おおば比呂司記念館が1階にあるから寄るといいよ!」とオススメされ、1階に降りました。
降りたところにあったのが

18121103.jpg
検事法定展示室ですってよ!!
ナニココーーーー!!
楽しすぎるーーーー!!

18121106.jpg
そっか、札幌市資料館は、札幌控訴院として建てられた建物だったのね〜〜〜

裁判長になっちゃうよ。
18121105.jpg
「判決を申し渡す」

じゃ、次は検察官ね!
18121104.jpg

やだやだーーーこんなに楽しいのに一人!!
咳をしても一人(尾崎放哉)
誰かいたら検察官になりきるわたしの写真を撮ってもらいたい!(うそです)

散々一人遊びをして満足したので、オススメのおおば比呂司記念室にお邪魔します。
南部せんべいややきとり缶詰のイラストでしか知らなかったけど、すんごく絵が上手なのね(当たり前!!)
アトリエの再現もあり、とても見ごたえがあります。

アトリエ再現部屋は売店も兼ねています。
優しそうなお姉さんが「こんにちは」とおっしゃってニコニコと立ち上がって迎えてくださいます。
こ、こ、こんにちは〜〜〜
ずっと立ってニコニコしてくださってます〜〜〜
むむむ
なにか買わないと気まずい!と小心のわたしは思うのであります。
とてもかわいい絵葉書があったので購入。
ほ。

大満足な資料館でありました。
ここの他にも身近にまだまだ面白い場所があるのかもね。

絵手紙展「いち語いち絵の会 八教室合同絵手紙展」は今日から16日(日曜日)まで。
時間は10時から16時
15時までは無料体験できるそうですよ。
資料館まじで楽しいから行ったほうがいいよ!!
posted by 元女将 at 23:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

『サクラダリセット』

ずっとずっと前に録画していたのです。
この『サクラダリセット』という映画は前後編の作品でして
後編にミッチーが出たので、それで録画した次第です。

でも、後編観るためには前編も観なくてはいけないわけで、なんだか面倒じゃのうと放置すること数ヶ月。

このたび、HDDを整理しようと思いまして
あれ?これって、もしかして??

そうなのです!
今、わたしが非常に押している伊藤健太郎くんが出ているのですよ!!
そりゃ、観なくちゃね!!

18121001.jpg

あらすじは公式様より

【前篇】特殊な能力を持つ人々が約半数を示る<咲良田>。街を出ると能力は使えなくなるが、その力は<管理局>によって慎重に、監視・制御されていた。17歳の高校生、浅井ケイは<記憶保持>の能力を持っていた。春埼美空は、世界を最大3日分巻き戻す=<リセット>できるが、それはケイと共に行動することで初めて成立する能力だった。自身の力がきっかけで2年前に死んだ相麻菫の再生を祈り続けていたケイの前に、<モノを消す>能力を持つ村瀬陽香と<記憶操作>を可能にする岡絵里が立ちはだかる。

【後篇】今まで平穏だった咲良田市のいたるところで“能力の暴発事件”が発生。咲良田の能力者たちを制御・監視する公的機関・管理局の対策室室長、浦地正宗の”一掃計画”によって、街から能力がすべて消滅してしまう。咲良田に能力があった記憶を持つ者は、世界中で浅井ケイただ一人となってしまった。自らの過去に区切りをつけるため、ケイは初めて咲良田を出る。2年前に相麻がなぜ世界から消えなければならなかったのか?咲良田がどのようにして能力者の街になったのか?すべての謎を解き明かすケイを待っていたのは、能力の再生を賭けた浦地との対決だった。


ミッチーは管理局の対策室室長、浦地正宗役でした。
ちょい役かと思ってたら、出ずっぱりでした!
あらビックリ!!

なんとなんと、わたしが心から愛してやまない『アシガール』の若君と唯はもうここで出会っていたのね〜〜


その昔のNHKの少年ドラマシリーズを彷彿とさせる映画でした。
主人公役の野村周平くんもアシガールコンビも大好きなので楽しく観ることができました。
ミッチーもガッチリと爪痕を残してさすがでした!!
posted by 元女将 at 22:24| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

さ、さ、さ、

寒いわー
急にこんなに寒くなりうまく身体が対応できません。
んで、パソコンのある部屋にもいけないので、スマホで更新。
でも、その部屋は私の寝室なのであります。
寝るのに勇気がいるわぁ〜

昨夜NHKのSONGSでhideの特集をしていました。
やっぱりカッコいいわ、カッコいいでは済まないくらいだわ。
全然古くない曲とファッション。
新しくファンになった人もたくさんいるらしいです。
ますますカッコよくなったに違いないおじさんになったhideに会いたかったな。
posted by 元女将 at 23:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする