2017年07月03日

出た!出た!!

パン教室の先生が講師を務める食育教室の案内が広報誌に出てました!!

17070301.jpg

対象は小学生で、なんとなんとタダなんですってよ
くぅ〜〜〜
残念
身近に小学生がいないっ
幼稚園生か赤ちゃんか、もしくは高校生
私の偽孫ちゃんたち!!
早く小学生になりなさい!
そうしたら私が食育教室に連れて行ってあげますよ(余計なお世話)

歯科医院から定期検診のお知らせのハガキが届いたので、予約の電話をしました。
「いつでも大丈夫ですよ。明日でも大丈夫です。何時でも大丈夫です。」

なんか
不安だ…
posted by 元女将 at 19:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

祥月命日

父が向こうの世界に行って14年経ちました。
もうそんなにかーーーーーという感じです。

今年の祥月命日はちょうど日曜日だったので、夫も妹も一緒にお参りできました。

17070201.jpg
妹がお供えしたお花
気が利きます!

お経をお坊さんと一緒に唱えながらあの日を思い出していました。
あの日、というよりその前後のこと。
父がいつ急変するかわからない、その時は電話で連絡すると言われ、携帯電話の着うたを既存の呼び出し音に変えたっけな、なんてくだらないことばかり思い出します。
どうしてかというと、父急変の電話がミッチーの歌で受信してしまうと以後その歌聴くのが辛くなるんじゃないかななんて思ってさ

どんな天気だったかどのくらいの温度だったかなんてことは覚えてないくせに、病院に駆け付けた時の自分の洋服は覚えていたり、記憶って不思議です。

生きる意味ってなんだろうね。
父がいたから私がこの世にいる
父はずっと母のことを心配して、私たちに託してあの世に旅立った

私は母を通して父を感じています
父がとても大切にしていた母を、父の思いごと大切にしたいかな
将来あの世で父に再会した時に、顔見合わせてニヤリとしたいです。

一緒に生きた誰かを少しでも幸せな気持ちにすることができれば、それだけでも生きる意味はあるのかな。
その誰かがたったひとりでも。
posted by 元女将 at 22:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

6月に読んだ本

2回も旅行があったのに5冊しか読んでない。
そうだったかなぁという感じです。なんでかな。

第一級殺人弁護 中嶋博行
二千七百の夏と冬(上) 荻原浩
二千七百の夏と冬(下) 荻原浩
腕貫探偵残業中 西澤保彦
指名手配 署長刑事 姉小路祐

ずっと普通の警察モノ(事件を地道に解決するような話)を読みたかったので、『指名手配 署長刑事』は面白かったけど、読み終わってシリーズの3作目だったことを知りました。
どうせなら1作目から読みたかったな。シリーズは4作で完結のようなので遡って読もう!
この署長さん、古今堂さんという若干29歳のキャリア署長なのだけど、とてもキュートなキャラです。
小泉孝太郎をイメージして読んでいたけど、彼はもう38歳なんだねぇ
ということで、29歳の俳優を検索して、高良健吾くんに決定しました
いいと思います!!(勝手に…)

時間がかかったのが『二千七百の夏と冬』です。
17070101.jpg

物語は2011、ダム建設工事の掘削作業中に、縄文人男性と弥生人女性の人骨が同時に発見されたところから始まります。二体は手を重ね、顔を向け合った姿でした。
3千年近く前、この二人にいったいどんなドラマがあったのか?
入社3年目の新聞記者佐藤香椰は次第にこの謎にのめりこんでいきます。

場面は一転し、紀元前7世紀へ。
ピナイの村に住むウルクは15歳。5年前に父を亡くし、母と弟の生活を支える働き頭。だけど猟ではまだまだ半人前扱い。
ウルクの生活を軸に、集落の長や狩人たちとの関係、初恋の相手との淡い思い、「魚喰い」との交易などが綴られます。
ある日ウルクの弟が病にかかり、それを治すことができるというクムゥの肝を獲るためウルクは禁断の南の森へ行き、そこで不思議な少女カヒィと出会います。
ちなみにクムゥはツキノワグマのことね。
南の森に入ったことが発覚し、ウルクは集落のおきてに従い村を追放されることに。

と、ここまでが上巻。
とにかく、人名地名動物名、すべてがカタカナで何が何やら…
途中からメモしながら読みました
上巻は下巻へと続く壮大なプロローグのようです。

そして下巻
17070102.jpg
村を追放されたウルクは弥生人の集落に迷い込みます。
そこで南の森で出会ったカヒィと運命的な再会。

弥生人の集落ではコメが栽培されていました。
最初、ウルクの目にはコメが宝石のように感じられます。
でも、自分の集落の人たちは猟に出る時以外はおしゃべりをしたりのんびり過ごしているのに対し、弥生人の集落はいつもいつも働いている。
狩猟で暮らしているウルクたちは自分たちの食べる分と干し肉などに保存する分以外は獲らないので周辺の集落ともうまく共存しています。
しかし、コメを作るためには土地が必要で、その集落の長は力づくで周辺の集落を自分の土地としていこうとしています。
ウルクたちが自分の集落で聞いていたコメは宝物のようだったけど、実際はなかなか苦労があることもわかりました。それでもウルクは稲を自分の集落に持って帰ろうとします。

下巻は現代と縄文時代がめまぐるしく入れ替わります。
現代の主人公香椰の報道カメラマンの恋人が戦地で死亡し、香椰は戦いの種は縄文時代から現代まで続いていることに思いを馳せます。

読み応えたっぷりの上下巻でした。
山田風太郎賞受賞作なんですね。
でもなー
やっぱりファンタジーはちょっと苦手かもな。

なんて思っていたのに、今日テレビで縄文遺跡のことをやっていたら食いついて見てました。
もう縄文時代は身近。

でも
どんなに争いのない時代だとわかっても、縄文時代に戻るのはヤだな、悪いけど。
posted by 元女将 at 19:55| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

ラッキーピエロを買いに

函館に来ましたよ

滞在時間2時間なので、本当にラッキーピエロのハンバーガーを買いに来たみたいなことになってます。
7F805552-5441-4EFF-B7AF-69479FE96824.jpg

行きは飛行機が取れたのだけど、帰りの分が取れず、今まさにJR乗車中

D9AB39D6-90FA-47DD-9A46-D4AE3A72B331.jpg
札幌まで3時間45分

「行きは良い良い帰りはこわい」です。

F9154424-FB2D-488A-B9DD-66DA43E05BC4.jpg
「良い良い」の方!
小さい小さい飛行機でしたけど
今日はプロペラ機日和

函館まで、ずっと下界が見えました。
最高高度で4500メートルと言ってました。
(ジェット機は1万メートル)
まるで、遊覧飛行
5BF04E43-98D5-44D3-9C9E-06A3F40AF236.jpg
しばらく札幌の街並みが続き、熊のいそうな山になり、支笏湖が見え、海が見えて来たら到着です
6EA10A33-FF6E-4C2B-B7CF-F0BF867BECF2.jpg
わずか40分!

「帰り道はこわい」の方
こんな長距離のJRに初めて乗ったのでイロイロ新鮮です。
カートを押して車内販売のお姉さんがきたり「切符を拝見」の車掌さんがきたり。
車内販売に惹かれます。
2CCC71A1-F3DB-4300-BF3D-555C6108F562.jpg
お腹が空いてきました。

前の席のお姉さんが、車内販売が来るたびにお弁当買ったり、団子買ったり、アイス買ったりしてる。
うらやまし!!
でも、家に帰ったらラッピ食べるからガマンガマン!
posted by 元女将 at 15:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

冷やし

私に不評の「えきねっと」で予約したのをチケット化してもらうために駅へ行きました。
なんだかネット予約の意味ないよな〜〜〜

券売機でできるようです。
17062904.jpg

確かに「えきねっとの予約の受取り」ってのあるわ
17062905.jpg

そこをタッチすると「予約した時のクレジットカードを入れろ!」と言われるので入れる。
それで終了です。
チケットが発行されました。
これで安心して列車に乗れます
でも、なんつーか、二度手間感あります
うむ。
なにかに似てる、と思ったら、映画のチケットでした。
ネットで予約して、映画館の端末でチケット化。
そっくりだ。

せっかく駅に行ったので、担々麵を食べます。
駅に行って担々麺を食べない選択肢はナシなのです。

夏季限定の「冷やし担々麺」をオーダー
17062906.jpg
写真に撮ったら熱いのか冷たいのかわからんのう。
ちゃんと冷たいです。
するするするっと喉に入っていきます。(つまり辛くはないってことです、私的にはです)
あっという間に食べ終わりました。
さすがに身体のことを考えるとスープは少し残しました(もったいない)
次回はやっぱり成都式担々麵だな。
いつもは温かい麺だから今度は冷たい麺で食べてみるかな(うううう。今でもいいです!)

その後用事を足すために大通公園へ。
花フェスタの真っ最中でした。
花に興味がないので人生初花フェスタ!!

すごい人出です
17062902.jpg

花に興味がない私はわき見をするの巻
17062903.jpg
およ!!
小樽流ザンギ?

17062901.jpg
おお!
プロシェット??ターキー?バーガー?

花より団子の人もどうぞってことだね。
やるぜ花フェスタ
posted by 元女将 at 22:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

太陽

農家の友だちから「トマトの収穫が始まったよ〜〜」と連絡があったので、早速送ってもらいました。
完熟トマト
17062801.jpg
太陽の恵みたっぷり
っていうか、箱詰めの小さな太陽たちっていう感じです。

少し冷やして食べました。
あ、あまい
ドレッシングなどはなにも必要ありません。
こりゃ、果物だ。

私は毎年送ってもらうこのトマトを食べるたびに
「私ってこんなにトマト好きだったっけか?」
と思います。
トマトが好きっていうより、このトマトが大好きなんだ

実は収穫が待ちきれず(今年は気温が低く天気も悪いので大変らしいです)スーパーで何度か購入して食べました
売ってるトマトも結構おいしいじゃん、なんて思って食べてましたが、まったくのベツモノでした。
レベルが違いすぎる。
ありがたいなぁ〜〜〜〜
幸せ
明日も食べよう。あさっても!
posted by 元女将 at 20:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

パン教室

先月はお休みだったので2ヶ月ぶりのパン教室でした。
本日のメニューは

「チアーズ」
スーパーフードと言われる「チアシード」が入っています。
フィリングにはグリエールチーズがたっぷり。
両者を掛けてのネーミングらしい

ネーミングはさておき、とても美味しい「大人パン」でした。
17062703.jpg

このパンはとても変わった作り方なのです。
生地を二つに分け、一つは伸ばします。
17062708.jpg
伸びません!!
先生〜〜〜〜

もう一つは親指サイズに適当にカットします。
たっくさんできます。
伸ばした生地の上にチーズをパラパラと乗せ、その上に親指生地を置き、さらにチーズをパラパラ、で、ぐぐぐと巻いていきます。

焼くと、親指生地が集まった痕跡はゼロ。
不思議です。
17062701.jpg
生地に入っているタイムの存在感が「大人」です。
生ハムとかカリカリベーコン乗せたら絶対にワインに合う!!夜が楽しみ、うしし、と内心で思っていましたわ

「Cafe」
コーヒーエキスの入った生地を伸ばして、大納言(!!)を入れ、くるくる巻いて伸ばしリング型にします。
17062706.jpg

仕上げ発酵が終わったら、やっぱりコーヒーエキスの入ったクッキー生地を乗せ焼きます。
17062704.jpg

粗熱が取れたらチョコでCafeの文字を絞り出します。
「パティシエ!!」とおだてられ、どんどん絞り出すわたくし
17062702.jpg
コーヒーのほろ苦と大納言の甘さが絶妙!!
文字はアレだけど、味に変わりなし!!

お菓子は
「ガトー・シトロン」
トレハロースが入っていることと、レモンカットが入っているのが普通のパウンドケーキとの違いかな。
生地ができたら絞り袋で型に入れていきます。
17062709.jpg
滑らかにして焼きますよ。

焼けたら熱いうちに、レモンジュース、水、レモンカットの混ぜたものをこしてトレハロースを入れて加熱して溶かしたものをジャブジャブと塗ります。
こしたあとのレモンカットにピスタチオを加えたものをトッピング
17062707.jpg
可愛いです!そして涼しげ!!

17062705.jpg
味はさっぱりとした甘さでとても美味しい

今月も楽しかったです

来月は先生が市主催の「親子料理教室」の講師を務めることになったのでお休みです。
先生大活躍
posted by 元女将 at 21:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

チャイナ

前に作った立ち襟のチュニック、襟元が開いてしまうのでピンで留めていたのですが、ピンだと生地に対して重量がありすぎるのでどうしたもんかのう?と思っていました。

17062603.jpg

大通に行ったついでに、ど素人の強い味方「ユザワヤ」へ
17062601.jpg

相談に乗ってもらったところ薦めてくれたのが
17062602.jpg

ワンタッチ針があるので気楽に試してみることができます

どうかしら?
17062604.jpg
チャイナな感じになりました

今日は寒かったなぁ〜〜
悲しいニュースばかりが耳に入ってきます。
お天気だけでもパア〜〜〜ッとしてほしいです
posted by 元女将 at 19:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ワンタッチ針

手作りをするようになって、100均のハンドメイドコーナーなんぞ覗いています。
興味がない時はそんなコーナーがあることさえ知らなかったのに。
お店によって品ぞろえが違うのも面白いのです。

先日、ワンタッチ針なるものを発見!!
早速買い求め、使ってみました。

17062501.jpg

縫物の第一関門がこの針の糸通し
目がアレなもんで、元々の苦手が最近超苦手になっています。
糸通しの器具は必須!
17062503.jpg
これが案外壊れやすいのです。針金の部分がすぐに切れちゃう。

で、このワンタッチ針
針の上部に切れ目が入っているので、ブサッと糸をはめこむだけで糸通し完成
夢のようじゃ
革命じゃ〜〜〜

と大喜びで調べたら、もうかなり前からあるものなのですね。
これ発明した人、天才

小ぶりのトートバッグにスナップボタンを付けました。
17062502.jpg
バッグインバッグみたいに使おうかなと。

強い味方ができたので、もういっちょ、ワンピース作っちゃおっかな〜〜
posted by 元女将 at 17:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

全道展2017

明日までの開催と気付き、急いで行ってきました。

17062401.jpg
月曜日に旅行から帰ってきたせいか、曜日が1日ずつズレて感じるのです。
体内カレンダーでは今日は金曜日

母は2作品出品して、自分の意にそぐわない方が選ばれたことに「チラ見でお願い」なんて言ってましたが、会場で見るといい作品でした。

17062402.jpg
乙女度の高いわりに、タイトルは「地球に生きる」
スケールでかっ!!
確かに乙女たちが踏んづけているのは地球…
ちゃんと日本もあります…

叔母の作品
17062403.jpg
相変わらず力強いです。
でも、ど素人の私が言うのもなんですが、とても個性が出てきてると感じました。
そして偶然にも、母と同じく月が
ムーンライトシスターズ

市民ギャラリーに行く途中の頓宮さんで「スカウト縁日」の文字

17062404.jpg
お参りしたついでに覗いてみると、ボーイスカウトによる縁日でした。
綿あめのいい匂いがしました。
もう少し天気が良ければよかったね。
posted by 元女将 at 20:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする