2019年08月04日

初孫ちゃん

昔の仕事仲間で今は大阪在住の友だちが札幌に遊びに来たので、当時のメンバーの有志が集まりビールを飲みました

乾杯は「いらっしゃ〜い」じゃなくて、やっぱり「おかえり〜〜〜」だよね

当時の仕事は基本在宅だったので、子育てしながらの人が多かったです。
仕事の受け渡しに来る時におんぶしていた赤ちゃんが社会人になったとか、サッカー少年だった子がパパになったとか、幸せな話が沢山聞けて楽しかったです
同じ年頃の友だちと会うと、どうしても病気の話になってしまうからね〜〜
ま、今日も老眼の話では盛り上がりましたけどね。
だってメニューが見えない

初孫ちゃんの写真を見せてもらいましたが、ちっちゃくてふにゃんとしてて可愛かったなぁ〜

幸せオーラを全身に浴びたよ

市内に住んでいてもなかなか会えないので、こういう機会を作ってくれた友だちに感謝です。
また帰ってきてね
posted by 元女将 at 21:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

今年もフライングで

早々とお墓参りをしてきました。
フライングっつーか、露払いみたいなもんです。
暑かったです〜〜〜
お姑さんが元気だった頃、一緒にお墓参りをしたことを思い出しました。
ってか、この坂よく登れたなぁ〜〜〜〜

帰りになにかランチして帰ろうか、ということになったのですが、食べたいものがまったく見つからず、結局カラオケランチになりました。
そこで食べた汁なし担々麺がなかなかのお味でした!

なんと珍しくもミッチーの「本人映像」が8本あったので網羅しました

19080301.jpg

若い頃の細〜〜〜いミッチーから最近のものまで堪能いたしました。
ANIMAX MUSIXでの映像では数万人のペンライトに照らされて嬉しそうでした。
ほとんどが男子でしたけど!
わたしはこの人を20年間ずっと好きなんだなぁとしみじみしちゃいましたよ

Twitterでフォローしている人が「今日」おっさんずラブにハマりました。
お料理のツイートしている方でもちろん全く面識ない人なんだけど、まさかの「今日」
映画に間に合ってよかったね
ハマりたてなのでものすごい熱量です。
わかるわ〜〜〜〜〜
ま、わたしはずっとその熱量だけど
映画公開まであと20日
民(濃いファン)たちは、なぜかみんな「オロオロ」し始めています。
「ソワソワ」でも「ワクワク」でもなく「オロオロ」
もちろんわたしも「オロオロ」しています。
なに?この感情?
posted by 元女将 at 21:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

『その島のひとたちは、ひとの話をきかない』のこと

19080102.jpg

出版社のサイトより

「今、即、助ける」
「できることは助ける。できないことは相談する」
「助けっぱなし、助けられっぱなし」……

数々の支援活等で注目をあびる精神科医が、
生きやすさのヒントを探す旅にでる。


この本はもう「読んでよかった」と心から思える1冊。
こういう出会いがあるから本を読むのは楽しい

目からウロコがボロボロと落ちて、書き写したい言葉がたくさんでした。
紹介文にも載っている「助けっぱなし、助けられっぱなし」には特に「いいな、いいなぁ」となんどもつぶやきました。

精神科医である著者が自殺の少ない地域を数ヵ所訪れるのですが、それがどの県に集中しているというのではなくて徳島県や青森県の町や村だったり広島県や伊豆七島の島のひとつだったり色々です。
田舎だから隣近所と緊密だから自殺が少ないのかなぁと思ったけどそれは間違いでした。
その地域のひとたちはみな挨拶はよくするそうです。
狭い地域だから、だいたいどこの家の人だ、くらいはわかるそうです。
広く浅くの付き合い。
コミュニケーションは軽く、慣れているが、緊密さがあまりない。
いいなぁ〜息苦しくなくて。

ひとを助けることにおいて、相手の気持ちをあまり気にせず助けちゃうのです。
自分がしたいからする。
ある時著者が立っていると、通りすがりのおばさんから「うどん茹でたから食べていきなさい」と言われます。
「うどん茹でたけど食べますか?」ではなく。
ある時は「車で送ってやるから乗りな」です。「送っていきますか?」ではなく。

わたしは祖母のいよちゃんを思い出しました。
いつもごちそうをたくさん用意して待っていてくれて「食え食え!」
余ったものは「持ってけ」
お腹が一杯になると眠たくなる夫には、タオルケットと枕を渡して「寝ろ」です。

見返りは必要ない
困っているひとを見ると助ける
何かが返ってくるとは期待してないし、そもそも思ってもいない
ただ助ける、助けっぱなし

そこのひとたちは助けられ慣れているから、助けられっぱなし
助け合うでも、助けてくれたから恩を返すでもなく、常に助けたり助けられたりするから大きな範囲でお互い様になるのです。
島の外から島に働きに来ている女性が言います。
「島のひとたちは(困っているひとがいたら)ほっとけないと思うひとたち。見て見ぬ振りができないひとたち。」

著者は「もし助けられなければどうするのか?」と心配になります。
途中まで助けておいて、手に負えないから見捨てるくらいなら最初から助けないほうがいいのではないか?と。
するとその土地のひとは「できないことは相談する」と答えたそうです。
ポロポロ(ウロコが落ちる音)

もっともっと紹介したい言葉があります。
「病、市に出せ」はべてるの家に通じているし
オリィさんのツイートの「我慢と気合と根性じゃなくて知恵だしていこう」という言葉にも通じているところがあって、わたしの中にある点と点がつながった感覚です。
posted by 元女将 at 13:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

7月に読んだ本

7冊でしたが、濃い本が多かったです。

アフリカ日和 早川千晶
料理僧が教えるほとけごはん 食べる「法話」十二カ月 青江覚峰
この世の春(上) 宮部みゆき
この世の春(下) 宮部みゆき
その島のひとたちは、ひとの話をきかない 森川すいめい
さざなみのよる 木皿泉
三鬼 三島屋変調百物語 四之続 宮部みゆき

『アフリカ日和』は前に書いたミッチー友がお手伝いしているマゴソスクール設立者の早川千晶さんの著作です。

19080101.jpg

早川さんのコメントです

ワクワク、どきどき、アフリカってホントに面白い! 私にとってアフリカは、生きることの楽しさを教えてくれた恩人です。
アフリカに住み10年以上がたちましたが、長い年月が過ぎても決して飽きることなく、ますます新鮮な感動とワクワクするような驚きに満ちた日々を送っています。

厳しい現実の中で、絶大な生命力を輝かせながらイキイキと生きる人々の姿に、ぜひ触れていただきたく思います。この本を読んで「アフリカってなんだか面白そうだぞ」と感じていただけたら、その次は、ぜひ自分の五感で感じるために、アフリカ大陸においでください! あなたの人生の何かが変わるかもしれません !?


いやいや〜〜〜〜ムリ!絶対にムリ!!
22歳で世界を放浪しアフリカに行き着いたところから始まるのだけど、なんというか、ものすごい。
たくましく柔軟で、なんというか、ものすごい(これしか言えない)

すべてを物語る文章があるので引用させていただきます

「生きるために必要だと思っていた常識が別の場所でも同じように存在しているわけではない、ということを知った。頭の中の整理が追いつかなくてとまどいはしたけれど、自分が支配されていた世界観や常識が崩されていくのは快感だった」とこういう人じゃないと生きていけない世界です。

マゴソスクールができる随分前で終わっているので、続編も読みたいです。
とにかくすごかった。

『三鬼』は三島屋変調百物語シリーズの4巻目です。
19080103.jpg

出版社のサイトより

待望の最新作は冬に贈る怪談語り、変わり百物語。
鬼は人から真実を引き出す。人は罪を犯すものだから。不思議な話に心がふるえ、身が浄められる。

江戸の洒落者たちに人気の袋物屋、神田の三島屋は“お嬢さん”のおちかが一度に一人の語り手を招き入れての変わり百物語も評判だ。訪れる客は、村でただ一人お化けを見たという百姓の娘に、夏場はそっくり休業する絶品の弁当屋、山陰の小藩の元江戸家老、心の時を十四歳で止めた老婆。亡者、憑き神、家の守り神、とあの世やあやかしの者を通して、せつない話、こわい話、悲しい話を語りだす。
「もう、胸を塞ぐものはない」それぞれの客の身の処し方に感じ入る、聞き手のおちかの身にもやがて心ゆれる出来事が……


4つの物語が描かれていますが、このシリーズの特徴なのですが切なく悲しい話が多いです。
珍しく「食客ひだる神」は楽しくほのぼの。

『その島のひとたちは、ひとの話をきかない』のことも書こうと思ったけどあまりにも長くなるので明日に続く!
posted by 元女将 at 15:17| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

サヴァ缶

我が家の場合、缶詰は非常食ではなく、常食です。
特に好きなのはさば缶で、その中でも水煮、次に味付け、たまに味噌煮
さばの不漁が原因なのかわからないけれど、いつも買っているさば缶の中身が尻尾の方ばかりで悲しいことになっていました。
ナンテコッターーー

話題のサヴァ缶はデザインは可愛いけど洋風の味付け

19073103.jpg

あちこちのスーパーを探してこれを購入しました!

19073101.jpg
宝幸 八戸前沖さば
水煮と味付けを。
早速水煮を食べました。ちゃんと1尾分のさばが入っていました

暑い時は助かります。骨も食べられるからカルシウムもとれるし有り難いしかない!

掃除機をかけ、アイロンを掛けたので褒美を取らせました。
自分に

19073102.jpg
昔からあるブラックチョコアイスバー
懐かしい味がしました
posted by 元女将 at 17:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

夏野菜のパン

今日はパン教室でした。
最高気温33度!
そんな中でオーブン2台稼働!
正直、とても暑かったです

作ったのは

ブラウンブレッド

ブラウンシュガーとローストしたくるみが入っているとてもとても美味しいパンです。

一次発酵が終わったパンを丸めてベンチタイムを経て、綿棒で軽く伸ばし、1/3を折り込んだり押さえたり巻いたりします

19073004.jpg

同じものを2つ作り、くっつけてムンズっと型に入れます。

19073005.jpg

こんな感じ〜〜〜

19073006.jpg

仕上げ発酵をします。暑いのでたちまち発酵が終わります。

19073012.jpg

天板にひっくり返して置き、二つがくっつかないように紙を中に当てて焼きますよ。

19073013.jpg

焼けました〜〜

19073016.jpg

カリふわなパンかと思ってたら、フワふわなパンでした。

19073018.jpg
なんと美味しい!!

ベジコーン

サラダミックスという粉(マジックソルト的な?)を練り込んだパン生地です。

19073007.jpg
草餅たくさん

三角に伸ばします
19073008.jpg
もちろん思うようにいきません(help〜〜)

伸ばした生地に、トマトペースト、セミドライトマト、ウインナー、オリーブオイルをまぶした茄子、ピザチーズをのせます。
茄子にトマト、夏野菜パンです。
他の夏野菜を入れても絶対に美味しい!!ちょっとピザみたいな味もします。

19073009.jpg

のせたら上手いこと包みまして

19073010.jpg

ケースに入れて仕上げ発酵します
19073011.jpg

とにかく暑いのでたちまち発酵が進みます。
19073015.jpg
塗卵して焼きま〜〜〜す!!

焼けました〜

19073017.jpg
ケースがかっこいいっす。
温め直して食べる時はチーズを増量したいと思いますです。

お菓子は
クランベリースティッククッキー

ポテトサラダを作ります(もちろんウソです)
19073001.jpg

絞り袋に入れたポテトサラダ(違います)を絞ります

19073002.jpg

あとは焼くだけ〜〜〜
なんて簡単(って!)

19073014.jpg
サクッとして上品な甘さで美味しいクッキーでした。
たまにクランベリーが歯にねっぱる(方言)

今回もたくさんおしゃべりして大いに笑って慰めたり褒められたりと楽しい教室でした。
次回は10月です。もう寒いかもね。
みなさ〜〜ん!夏バテしないように頑張りましょうね!!
posted by 元女将 at 22:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

あつい

北国らしからぬ暑さが続いております。
今日、外を歩いている時「こりゃ、煮えるわ」と思いましたもん

年に一度の色々検査を受けてきました。
身長、体重からスタートし、血液検査に尿検査、心電図、動脈硬化、胸部レントゲン、骨粗鬆症
胃カメラは強く拒否!!
骨密度は正常、動脈硬化もまぁ大丈夫、胸部レントゲンは「喘息の割にキレイだね」とのこと
他の検査結果はお盆明けですって。
もうすぐお盆ですってよ!
ついこの間GWだったと思ったらね

病院から帰ってまずしたことは

19072902.jpg
アイスを食べる

これ、期間限定商品です。だいぶ前から我が家の冷凍庫に眠っておりました

ハーゲンダッツのサイトより
牧草が育つ土作りから、乳牛一頭一頭まで徹底管理して生み出された、濃厚で味わい豊かなミルクのおいしさを楽しんでいただくために、シンプルなレシピにこだわって作った、滑らかな舌触りのミルクアイスクリームです。
2002年から2010年まで販売していた当商品は、お客様から多くのご要望をいただき、このたび再発売する運びとなりました。

だそうです。

凍ったミルキー食べているみたいでした。あまうま〜〜〜
身体の中からスッとしました。カロリーもバッチリ摂れたしね!

夕方には待ちに待った「Hanako」が届きましたのよ

19072901.jpg

生まれてはじめて買ったわ!Hanako!!
Hanakoって旅雑誌なの?
たまたま旅企画なの?
それすらわからないのですが『おっさんずラブ』のキャラクターに扮した二人の記事はとても良かったです

浮かれて身の程知らずの雑誌まで買っちゃっていますが、通販で買えるので恥ずかしくないもんね。
せっかく買ったからには隅から隅まで目を通すよ。
おかげで知らない世界を覗き見ることができて楽しかったです
posted by 元女将 at 21:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』

WOWOWで視聴

19072801.jpg

あらすじは映画.com様より拝借

中国で実際に起こったカンニング事件をモチーフに製作されたタイ映画で、同国で大ヒットを記録したクライムエンタテインメント。
天才少女を中心とした高校生チームが世界規模のプロジェクトに挑む姿を描いた。
小学校、中学校と優秀な成績を収め、その頭脳を見込まれて進学校に特待奨学生として転入を果たした女子高生リン。テストの最中に友人のグレースをある方法で手助けしたリンの噂を耳にしたグレースの彼氏パットは、試験中にリンが答えを教え、代金をもらうというビジネスを持ちかける。さまざまな高度な手段を駆使し、学生たちは試験を攻略。リンの売り上げも増加していった。そして多くの受験生の期待を背に受けたリンたちは、アメリカの大学に留学するため世界各国で行われる大学統一入試「STIC」攻略という巨大な舞台に挑むが……。


あまり見ることのないタイ映画だけど、見始めたら面白くて夢中になりました。
最初はかわいいカンニングのあの手この手でちょっとコミカル
それが世界的なカンニングへと規模が大きくなり、ドキドキハラハラでした。
本格スパイアクション映画みたいだった!

主演が4人の男女なんだけど、タイの俳優さんってまったく知らないので固定されたイメージがなく見ることができました。
まじめな青年バンク役の俳優さんが若い頃の高橋一生風味だった!(主観です)

ジーニアスって『おっさんずラブ』で牧が参加するプロジェクトの名前と一緒だぁ(Genius7)
ま、この映画を見ようと思ったのも実はそれだったりしてな。

おかげでとっても面白い映画を知ったのでよかったですわ
ありがとう!牧!(もうすでにアホ状態に陥っております)
posted by 元女将 at 23:31| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

朝まで眠らない選手権

ここんとこの暑さのせいか、毎晩上手く眠りに入れないです。
もう、こうなったら逆手にとって「朝まで眠らない選手権」を開催することにしました。
参加者はわたし一人ですがね。
ルールは目をつぶり横になっていること、時計を見る以外はスマホを触らないこと、です。

不思議なもので「眠れない!どうして?」と思っているうちは眠れないのに「こうなったら朝まで眠らないぞぅ」と思っていたらいつのまにか眠りに落ちているのです。
たぶんいい感じで体の力が抜けるのだと思います。
が、2時間刻みで目が覚めます。
12時半に寝て、2時半に一回目、4時半に二回目に目が覚め、三回目はありませぬ。
4〜5時間は眠っているので、最低限の睡眠時間はとれているので大丈夫!
昼間も眠くなることはありません。
これがわたしの夏のサイクルなのかもね。

今日はテレビで『地味にスゴイ!校閲ガール』一挙放送をやっていたのをうっかり見た始めたらずっと見ちゃいました。
やっぱり面白いわ!
ここ10年の好きなドラマベスト10を選ぶとしたら絶対に入るね!
基準は一挙放送をやっていたら見るかどうか、です。
ま、だんとつでは『おっさんずラブ』ですが、『地味にスゴイ!』『アンナチュラル』『義母と娘のブルース』『昨夜のカレー、明日のパン』『真夜中のパン屋さん』『民王』『きのう何食べた?』『掟上今日子の備忘録』意外なところでは『四十九日のレシピ』

時代を遡ればもっともっと出てくるけれど、それはまたの機会に!
posted by 元女将 at 22:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

『DIVE!!』

久々の、林遣都くん過去作の旅
今回はデビューから3本目の映画『DIVE!!』です。

19072601.jpg

高飛び込みのお話です。
18歳のは林遣都くんが中3の役をやってますが違和感ゼロ!
ってか、むしろ子どもっぽい。あどけない。声高い。
演技はわりと上手いです
顔が可愛すぎて、アップになるたびに笑ってしまうほどだ

共演は池松壮亮くんと溝端淳平くん
池松くんはこの頃からスーパーナチュラル演技。顔もそんなに変わってません。

溝端くんは役柄から超色黒で長めの茶髪なのでイメージが違うけど、よく見ると顔は今とあまり変わっていないわ。
わたしは『昨夜のカレー、明日のパン』の岩井さんの時の溝端くんが大好き
この役でも「よっしゃーーー!」って言ってる(岩井さんの得意のセリフ)
『新参者』シリーズの松宮も好き

みんなスゴイ腹筋です。
骨が見えるほどの細さなのに美しい筋肉が付いている。
どれだけ練習したんだろう?
10メートルの高さから実際に何度も飛び込んだそうです。
さすがにくるくる回ったりするところは吹き替えだろうけれど、飛び込む瞬間と着水の瞬間は本人。
林遣都くんは着水してからの水中もあの顔ですよ

和季(林遣都くん)は「ダイヤモンドの瞳の持ち主」なんです。
聖子ちゃんか?瞳はダイヤモンドか?
ま、林遣都くんの瞳はダイヤモンドもびっくりだけどな!と思っていたら、ダイヤモンドの瞳とは瞬間視力(瞬間的にものを捉えて認識する能力)のことなんだって。
それが高飛び込みではものすごい武器になるんだって。
たぶん体操の内村くんや白井くんも持っているんだろうな、ダイヤモンドの瞳。

弟と自分の彼女のデート現場もその力のせいで見えちゃうんだけど(練習にうつつを抜かして彼女に寂しい思いをさせたからしかたないよ!和くん)
もうそのへんは甘酸っぱいっていうか甘々
青春未満のかけがえのない瞬間です。

なんと!エンディングがスキマスイッチの大橋くん
ご縁がありますな。
願わくばエンディングロールは本編のダイジェストではなくメイキングにしてほしかった(今さらか)

飛ぶ前に何かを落とすのですが、よく見ればタオルみたいだ。
どうしてだろう?
これから飛ぶから危ないよ、避けて!の合図かと思ったんだけど、そういうことでもないみたいです。
飛び込んで上がってからすぐ拭けるようにらしい。
来年のオリンピックでは高飛び込みに注目だ!

とてもとても楽しい映画でした
蒸し暑さも飛んでいく清々しさでした(ほぼプールのシーンだしね)
posted by 元女将 at 21:50| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする