2017年11月10日

とげ

下駄箱を掃除していたら、指に「とげ」が刺さりました。
めっちゃ痛〜〜〜〜
おまけに老眼〜〜〜〜〜
全然とげが見えない

そういや、昔ってよく刺さりましたっけね「とげ」
家には必ず「とげ抜き」があった。
なんてことを思い出しました。

明るいところでじっくり見ると「とげ」が見えたので引っ張りました。
無事に抜けました
抜いた後もしばらく痛かったです。
まいったね。

昨夜『皇帝のいない八月』を見てから寝たせいか、とんでもないスプラッターな夢を見ました。
もうほんとにまいるね。
目が覚めたらクタクタでした
私に健やかな眠りを
posted by 元女将 at 21:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

同一人物

ミッチーのワンマンショーツアー2017のBlu-ray到着です

ふほほほ

17110904.jpg
特典予約のクリアファイルが入ってました。

うむーーー
いつも思うんだけど、ミッチーが自分で気に入っている顔と私が気に入っている顔が違うんだよなあ。
と思うのであります(クリアファイルの写真これでいいのかい?)

早速開けてみよう

17110903.jpg
初回限定盤なのです。
写真集付き。
いらないかなと思ったけど(ひどい)今回の写真集は大きさもボリュームも(小さいし、少ないので)よかったです(ひどい)

今、ミッチーを見るのは『明日の約束』の霧島先生なので、そのギャップに驚きます。

17110902.jpg
霧島先生。
一生懸命だけど冷静ないい先生です。

17110906.jpg
ケープ翻すミッチー。

17110901.jpg
再び、霧島先生。
これから霧島先生の過去がわかってくるとか。
この写真(公式サイトの写真ですが)なにか裏がありそうな顔です

17110905.jpg
マント翻すミッチー。

ケープ(マントより短い)やマント(生地が重いらしい)やヒラヒラのドレスシャツが大好きな47歳、今は48歳!

すぐに本編見ました
楽しかった〜〜〜〜
すんごい長いMCはそのまま収録されたのに、曲は1曲カットになってました。
なんでやねん。
面白かったからいいか。

ミッチー自身によるオーディオコメンタリー付きなので、1度普通に観てから、副音声で観ます。
本人の解説(自画自賛)付きでコンサートを観るという贅沢

この映像は、実際に私が参加したコンサートなので、思い出も一緒に楽しみました。
繰り返して何度も観ちゃおうっと
posted by 元女将 at 18:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

毎晩たくさんの夢を見ます。

3日前は、夢の中でも眠る夢でした。
友だちと6時に待ち合わせしていて、出かける準備をしているうちに睡魔に襲われ眠ってしまい、気が付いたらもう8時!って夢。

一昨日は、銀行強盗をして500万円盗む夢。
その500万円は借金返済にあてるという、夢なのに悲しい。
夢なんだからどかんと1億くらい盗もう。

そして昨夜は中学校卒業以来会ったことがない同級生のオギ君の夢を見ました。
在学中もそんなに話したこともない同級生です。
クラス会にも来たことがないと思うんだ。
どうして急に出てきたのかな。
夢ってなんなんだろうね。

『おけら長屋』という本を読んでいた時は長屋に住む夢を見ました。
それは納得。
心配してる友だちが出てきたり、それも納得。

時々亡くなった祖母のいよちゃんが登場するのですが、その時はとても嬉しい。
「ああ、いよちゃん元気でよかったな」って思っているのです。夢の中で。もちろんこの世の人ではないことはわかっている上で、です。
この世とあの世は夢の中でつながっているのかもしれません。

一晩に3本も4本も夢を覚えているということは、それだけ小刻みに目が覚めているということでもあるのですよね。
それでも昼間に眠たくなったりするわけじゃないからいいんだけど、たまには「わぁ!寝た寝た!!」って思ってみたいものでございます。

それでも、今晩はどんな夢を見るのかな?と楽しみにしているとこもあるんだけど。
posted by 元女将 at 22:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

本日も晴天なり

いい気持ちの一日でした。
このままの天気が続けばいいのに、と思うけど、明後日からは冬になるらしい。
しかたない。

昨夜、WOWOWで『日本沈没』やってました。
ミッチーが出てた2006年版ではなく、1973年版。
「緊急事態!日本列島大パニック」特集の中の一本でした。

実はこの映画、映画館に見に行ったのです。
中学生の私と父のふたりで。

娘と父親、別に不思議じゃないじゃん、と思うかもしれないど、昔の父娘というものはそう軽々しく口を利かないものなのでした。
私も父を嫌っていたわけでは決してないのだけど、冗談を言ったりすることもなくっていうか、そもそもそんなにしゃべらない。
それがどういういきさつで二人っきりで映画を、それも『日本沈没』を見に行くことになったのかは不明です。
超満員で立ち見でした。
私の後ろに父が立っていたと思います。
内容はほとんど覚えていませんでした。
でも、父と二人で見たという思い出だけで十分です。
思い出の映画です。

昨夜見たら、もうほとんどの出演者が故人でした。
そりゃそうだよね。
もう45年くらい前の映画だもんね。
でも、震災や難民や様々な課題が予感されていた映画でした。

内容より、誰かと何を見たか、っていうのが大事なのかもね。
それにしてもどうして父と二人で???
posted by 元女将 at 20:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

やだーーー!と言ったものの

クリスマスケーキの予約済みました。
いろんな業界が参入しているので、仕事のお付き合い上思わぬところでの予約です。

クリスマスまで、あと1ヶ月半だってさ、やだーーー

ん?

冷静に考えたら全然やじゃないです。
嬉しくもない。
平常心です。
だから
こんな幟も受け入れます。
17110602.jpg
予約はお早めにだよね。
買わないけどね。

おばさんぽ用のちょっと遠いスーパーに行ったところ
こんな売り場ができていました。
17110603.jpg
わおう
クリスマスブーツ売り場だってよ。
いやはや。
今日はポカポカだったので、なんだか実感がわきませんな。

17110604.jpg
ずっとこの季節が続けばいいのに。

17110601.jpg
こんな面白いお菓子をいただきました。
プチクラッカーノドアラの手羽先風味(中日ドラゴンズ)

各球団あるのかな?

ブルボンさんのHPを見たら、12球団中8球団のコラボお菓子がありました。
早速今日のワインのお供にしよう
posted by 元女将 at 20:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

タコさんしらたき

結婚して30年以上たってもまだまだ夫に関する発見があります。
今から2年くらい前の発見の話です。

我が家は、肉じゃがにも豚汁にも「しらたき」を入れるのですが、ある日、じゃがいものホクホク感をより味わいたくて、豚肉とじゃがいも、玉ねぎだけのシンプル肉じゃがにしたのです。
おいもがホックホクになって美味しいかったのですが、夫が超落胆

「しらたきが、はいってない…」

知らなかったーーーー
夫は肉じゃがのじゃがいもより味がしみ込んだ「しらたき」が大好きだったのです。
いやぁ〜あんときゃ驚いたよ

んで、それ以来、肉じゃがには必ず「しらたき」を入れることにしました。
ま、以上が発見の話なんですけど、
先日も肉じゃがをしようとスーパーに行くと「タコさんしらたき」なるものがありました。
「バラバラにならずにつかみやすい」
なるほどねーーーグッドなアイデアですなぁ
と購入し、肉じゃがへ!

17110501.jpg
こんなのです。
タコというよりクラゲっぽいです。

不評でした。
大不評!
「こんなのしらたきじゃない!」
確かにな。私もそう思いました。
普通が一番です。
つかみにくくてもいいのです。
それが「しらたき」なのですっ!!

発見といえば、今年の春、頂き物の美味しいグリーンアスパラを食べていた時のこと。
私は穂先の方が美味しいし量も少ないので(茎の部分は2つに切るから)夫に穂先を多めに盛り付けたら

「穂先じゃないほうが好きなんだけど」

まじかーーーー
アスパラの醍醐味は穂先じゃないの
それ以来、穂先好きな私がすべて頂くことになり幸せ。

ちなみに、私は、
「焼きそばに入っているキャベツの芯の部分が結構好き」
です。
今日も焼きそばをした時、こっそり芯の部分を独り占めしました。
穂先嫌いな夫はもしかしてキャベツの芯の部分が好きかもしれないので内緒です。けけけ
posted by 元女将 at 17:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

ドルビーアトモス

来年の2月のお話。
省吾が2015年に行ったホールツアーと2016年のアリーナツアーのライブ映像をまとめたものを劇場で上映することが決定しましたよ!というお知らせがきました。
すんごく楽しみ
Blu-rayになって自宅で見るのとは違う迫力があるんだろうなぁ〜〜
まーーー正直、ライブツアーやってほしいっていうのが本音ではあるのですけどもね。

っていうか来週の土曜日は省吾のファンクラブ限定コンサートが待ってるので、そんな贅沢は言ってはいけませんな。
ただ、今日と明日予定されていた広島のコンサートが気管支炎で延期になったというお知らせもきたので、来週の土曜日まで治るかも心配。

劇場上映に先駆けて、なんと!私の誕生日にドルビーアトモスを使用した一夜限りの上映も決定したそうな。
きゃっほーーーー
ステキな誕生日祝いありがと。
と思ったら、このドルビーアトモス上映は北海道ではやりません。
ま、ドルビーアトモスがわかってないんだけどね。
たぶんスゴイ臨場感を楽しめるのでしょう。
いいもん別に。
posted by 元女将 at 21:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

4・2・0

子どもの頃から可愛がってもらっていたという夫の叔父様が亡くなり、ご葬儀に行って来ました。
正確には、夫の父の妹のご主人です。
とても温厚な紳士で、舅の葬儀の時はとてもとてもお世話になった御恩のある方です。

ご高齢ということもあり、家族葬で温かくお見送りしました。

叔父の身内の皆さんと会うのは舅の葬儀以来。
つまり14年ぶりです。
当時子どもだった従妹の子が立派な社会人になっていたり
(14年前のこの子は葬儀なのに長靴を履いてきてしまい(3月だからしかたないよね)おばあちゃん、おかあさん、おねえちゃん3人に叱られて可哀想だったのです。っていうか、それしか印象がないので「あ!あの!長靴の!!」と今回もみんなに言われてさらに可哀想でした)
その子のおねえちゃんが3人の子のママになっていたりと、時の流れに腰が抜けるほど驚きました。

こちとら14年前と今とで変わったところと言うと、白髪の数とヨボヨボ度の加速くらいなもんなのに

そのお子達は4歳、2歳、0歳。
母は強し!!です。0歳おんぶして2歳抱っこして、4歳の手を引いています。

私は4歳の子のことが会った瞬間から大好きになり、彼は彼で私を同等とみなしたらしくすぐに仲良くしてくれました。
あんまり可愛くて、健気で(4歳なのにちゃんと立派なお兄ちゃんだというところと、やっぱりまだまだ赤ちゃんのしっぽが見え隠れしちゃうとこ!)一緒にぴょんぴょん跳ねたり、ずっと抱っこしたりしてたら、そりゃそうね。
腰にきましたね
まぁ、湿布貼ってますね

いやはや、ホントにまったくもって、母は強し
posted by 元女将 at 21:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

季節到来

来ました!
この季節が!!
指先ぱっくり割れの痛い季節が

今年もお世話になります。
17110202.jpg
これのおかげで深く深〜〜〜く割れる前に治るのでとても助かっています。
絆創膏と違って濡れても大丈夫だし、薄いので邪魔になりません。
でも、
悲しい。

涙をこらえて(嘘)上を見たらば

17110201.jpg
あんなに高いところでお仕事している人がいます。
昔『サラメシ』で高所のクレーンを操縦している人のランチを紹介してたの思い出しました。
その方は、いちいち降りるのが大変だからと、クレーンの中ででっかいおにぎりを食べてましたっけ。
指先のひび割れくらいで泣いてる場合じゃないよね。

この建設中のビルは「さっぽろ創世スクエア」
この前まで基礎工事やってたのに、もうこんなにできててビックリ!
(それでも遅れてるらしい)
新聞社、テレビ局に図書館も入るのか、そしてホール。
このホールってわくわく市民ホールの替わりだっけ?
「札幌文化芸術劇場」っていうらしいけど、ミッチーにも貸してくれるんだろかしら?
完成は来年とのことっす!
posted by 元女将 at 13:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

10月に読んだ本

読後感のいい作品が多かったせいか「本読むのって楽しいなぁ」としみじみ思った10月でした。
13冊。
佐川光晴率高し!!

やがて、警官は微睡る 日明恩
最後のおでん ああ無情の泥酔日記 北大路公子
消えずの行灯 本所七不思議捕物帖 誉田龍一
おれのおばさん 佐川光晴
おれたちの青空(おれのおばさん2) 佐川光晴
校長、お電話です! 佐川光晴
おれたちの約束(おれのおばさん3) 佐川光晴
おれたちの故郷(おれのおばさん4) 佐川光晴
気まぐれ食堂 神様のくれた休日(なつやすみ) 有間カオル
神様のカルテ0 夏川草介
海の稜線 黒川博行
アンと青春 坂木司
山あり 愛あり 佐川光晴

図書館で、呼ばれた気がして手に取ったのが『おれのおばさん』でした。
これだから図書館は面白いよね

17110101.jpg

関東の名門私立進学校に在学中(中二)の陽介くんでしたが、ある日突然運命が変わります。

福岡単身赴任中の父親が勤務先の銀行のお金を横領し逮捕されます。
逃げるように母に連れられ着いたのが札幌の私設養護施設。
運営しているのは母親の姉、恵子だった。
母とおばは不仲でずっと音信不通だったのだけれど、やむにやまれず頼り、母は陽介を託した後、夫が横領したお金を返済するため病院に住み込みで働き始めます。

なに不自由なく育った陽介が突然養護施設で暮らすようになり、苦労はするものの、今まで見えなかった世界が見えて新しい友だちもでき、どんどん大人になっていきます。
気持ちのいい青春物語です。
舞台が札幌なので、なお楽しいです。
途中で、陽介が旅する場面が出てくるのですが、停車駅が「柳井」でビックリ!
柳井は山口県にあるのですが、私にとっては思いのある土地です。
行ったこともありますよん。

『おれたちの青空』『おれたちの約束』『おれたちの故郷』とシリーズが続きます。
『おれの』から『おれたちの』とタイトルが変わったように、主人公も陽介個人から養護施設の仲間、高校の仲間へと広がります。

まだまだ読みたいエピソードがあるので続編期待です!!

『神様のカルテ0』は『神様のカルテ』の前日譚。

17110102.jpg

一止が本庄病院で働くことになったいきさつなどが描かれます。
結婚前のお付き合いしてるっぽい頃の榛名も出てくるけれど、二人がどうやって出会ったかは描かれず。
本編では榛名はよく山へ出かけて(山岳写真家だから当たり前ですが)留守番の一止が寂しそうな様子は出てくるけれど、山での榛名を見たのは(見た、っていうのは違うか、でもそう感じたのですよ)初めてだったので新鮮でした。

一止の患者、國枝さんの言葉がとてもよかったです。
國枝さんは一止が初めて胃カメラを実施して、初めてなのに胃がんを発見してしまった患者さんです。
72歳の國枝さんは、年を取ってから生まれた娘の結婚式が控えているので、参列するまでは抗ガン治療を行わないと言います。
気になる一止は通勤途中にある國枝さんのお宅にしばしばお邪魔します。
國枝さんは読書家で家にはたくさんの蔵書がありました。

國枝さんは言います。
「ヒトは一生のうちで一個の人生しか生きられない。しかし、本はまた別の人生があることを教えてくれる。たくさんの小説を読めばたくさんの人の気持ちもわかるようになる。」
「困っている人の人生、怒っている人の人生、悲しんでいる人の人生、喜んでいる人の人生、そういう話をいっぱい読む。そうすると、少しずつだがそういう人の気持ちがわかるようになる。」

一止が尋ねます。
「わかると良いことがあるのですか?」
すると國枝さんが答えます。
「優しい人間になれる。」
「優しさは弱さではない。相手が何を考えているか考える力を「優しさ」というのです。」

少しだけわかるような気がしました。
たくさんの物語を読むと、想像力が育つのかもしれないと。
美輪明宏さんも想像力が大切とおっしゃってたっけね。

ま、私の読書はヒマつぶしかもしれないけど、それでもちょっとだけでも心が豊かになれば儲けものです(ってゲスですなぁ)
posted by 元女将 at 21:16| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする