2019年06月15日

パワフル

毎年のようにクラス会のために来札する千葉時代の恩人氏が今年もいらっしゃいました。
なんとなんと!今年は日帰りです!!
1時間ほど時間があるというので、すこしお話できました。
近況報告と言っても、わたしなどはこの1年お尻と歯ぐきが痛かったくらいしかないというのに、恩人氏は日々超多忙でガッシガシ全力で生きていらっしゃいます。すごいです。御年82歳です。
あちらこちらと海外旅行もされているのですが、来年あたりはイスラエルに行って死海にぷかりぷかりと浮いてみたいそうです。
ひゃ〜〜〜〜〜
ずっと口をあんぐりと開けてお話を伺っておりましたよ

今日と明日は北海道神宮祭
浴衣姿のお嬢さんたちをたくさん見かけたけど、とても寒そうでした。
明日は雨予報
妹の乗る山車を見に行きたいけれど、雨降りだと萎えるわぁ〜〜

posted by 元女将 at 20:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

70

『劇場版おっさんずラブ』公開まであと70日です。
え?
数えているなんて気持ち悪いですか?
気持ち悪くてもいいんです。
8月23日まで元気で生きてようと思いますから

そんななか『プラスアクト』という雑誌に林遣都くんが登場すると聞き買いに行きました!
発売日は12日
札幌は遅れるからと思い13日に本屋さんに行ったら「北海道の発売日は明日です」と。
とほほ
泣きながら予約し、今日お迎えに行ってまいりましたよ〜〜〜

19061401.jpg

いらっしゃいませ〜

対談相手の池松壮亮くん(我が家では大江くんと呼ばれていますが)とは『ダイブ!』以来の2ショットとか。
林遣都くんの過去作は色々見たけれど『ダイブ!』はまだ見てないんだ。
なんだかもったいなくてさ〜〜〜
だって、林遣都、池松壮亮、溝端淳平だよ〜〜
みんな10年間しっかり第一線で頑張っていてすごいですね。

推しがいる人生は幸せだ
さあて、ワイン飲みながら読みますか
posted by 元女将 at 22:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

レトロ

全道展を見て参りました。

19061301.jpg

展示形式が変わっていて例年より見やすくなってました。

ものすごい数の展示数なので、ピンポイントで鑑賞します。
毎年楽しみにしている方の不気味可愛い彫刻を見て
母の作品を見て
19061302.jpg
民間ロケット打ち上げに触発され描いたそうです。むむ。芸術家の考えていることはわかりませぬ。

叔母の作品を見て
19061303.jpg
姉妹でも全く画風が異なります。叔母の作品は力強い。

版画のコーナーと織物や染色のコーナーをじっくり見て終了〜

去年まだ開業間近で行けなかった旧永山武四郎邸に行きます。
リベンジです!

19061310.jpg

頂いたパンフレットによりますと、永山邸ができたのが明治10年代前半、明治44年に三菱合資会社が土地建物を買収し、昭和12年三菱鉱業寮を増築したとあります。
上の写真は三菱鉱業寮部分。

家の中も自由に見ることができます。
靴を脱いで入ります(五本指ソックスじゃなくてよかった〜)

19061309.jpg
ごろ寝したい縁側

19061308.jpg
可愛い丸窓

19061307.jpg
我が家感あふれる和室

和室は格安で貸出もしています。
今日は英語教室をしていました。

本日の目的地はカフェです。
和洋折衷喫茶ナガヤマレスト

19061306.jpg
めちゃくちゃ入りにくいです。

食事はカレー、ビーフシチュー、パスタ、サンドイッチが各種

わたしは「昔風チキンのペペロンチーノ」を選択
19061304.jpg
ひゃーーーっと言うくらいニンニクがたくさんですが、お疲れ気味なのでありがたくいただきます。

食後のコーヒーがとても美味しかったです。
ナガヤマブレンドっていうオリジナルコーヒーのようです。販売もしてました。

スイーツも充実
パフェ各種、昔懐かしいプリンアラモード、ひんやりミルクセーキも美味しそうだったな。
わたしはプレーンなソフトクリームを(プラス50円でチョコレートコーティングしてくれます)

19061305.jpg
最近主流のモクモク型ですね。
濃厚でした。

友達とたくさんお喋りして心は軽く、お腹は重くなったので散歩しながら帰ることに。
ファクトリーの影に神社がありました。
何度もファクトリーに来ているのに知らなかった。

19061311.jpg
札幌神社だって。

友達はすぐ前の道が通学路だったのに知らなかったといいます。
立て札を読んで納得。
昔はサッポロビールの施設内にあってサッポロビールの守護神だったそう。
今はサッポロファクトリーの守護神になっているんだって。
「ファクトリーに入っているタージマハルが無くなりませんように」とお願いをしてきました

すっかり観光客気分満喫。
札幌の知らないところを巡ってみるのも楽しいかもね
posted by 元女将 at 18:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

ごほうび

乳がん検診に行って来ました。
引っ張られたり挟まれたり乳の受難日

国の指針での基本は、がん検診は2年に一度、内容は問診とマンモグラフィですが、わたしのお世話になっている病院は、がん検診は1年に一度、マンモグラフィは2年に一度(今年がその年)超音波検査とドクターの触診は毎回です。

マンモグラフィで分からないことが超音波検査で分かる場合もあるから両方受けるのがいいと思います。
超音波検査は痛くないし。
正直マンモグラフィは受けたくない。

何かお楽しみがないと受診するのも滅入るので、近くのパン屋さんの営業日に検査の予約を入れ、終わったらごほうびにパンをたくさん買う作戦。

19061202.jpg

受付から会計まで2時間半コースでした。
このクリニックはいつも混んでいるのです。
パン屋さんに行ったら残りわずか!!危ない!危ない!!
このパン屋さんもいつも混んでいるのです。

パン屋さんのマダムに乳がん検診受けて来たんですと言ったところ「たくさんパンの種類がある午前中に買って、診察終わるまでお店でお預かりすることもできますよ」と言われたのだった。
去年も同じことを言われたのだった。
そしてきっと来年も

朝ごはんを食べずに行ったので、帰宅してすぐにいただきま〜〜〜す

19061201.jpg
宝石のようなパンじゃ〜〜〜
posted by 元女将 at 16:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

赤パンダ親子

夫愛用の味の素が切れたので買いました!
詰替え用は面倒だし、衛生面が気になるので、割高だけど瓶入り選択。

家に持って帰ってビックリ

19061101.jpg
親子ほど大きさが違〜〜〜う!!
近所のスーパーにはコレしか売ってなかったのでした。
需要が伸びた?(なわけない)

公式サイトを見ると、以前のおめめが大きい左のタイプはなくなったようです。
おめめが大きい子の名前は「パチクリン」っていうらしい(そのまんまやーー)

瓶は今回買ったものだけであとは詰め替えのみ。

普段どれだけ大きさに無頓着なのかわかりました。
比較対照できるものがあればさすがの私もわかると思いますが、単体ではわからないです。
買ってきて家のと比べてビックリよ。

そしてこの度このパンダは「アジパンダ」って名前なことが判明しました〜〜(そのまんまやーー)
posted by 元女将 at 20:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

北海道の初夏

これよ!これ!
と言いたくなるような爽やかな天気でした

今週末の北海道神宮祭ののぼりはためく美しい札幌の初夏です!

19061001.jpg

気がついたらよさこいソーラン終わってました〜〜
まあ、踊り子さんに遭遇しないように注意深く行動してましたけど。
よさこいに反対とかじゃないんです。
むしろジャンジャンやってください!!
ただ、わたしは輪の外にいたいけど。

自分の文字の下手さに呆れて、筆ペン字を習おうかなと考えました。
習う前に独学しよ。
図書館で本を借りました。

19061002.jpg

びっくりしたことに、なんと横書き!!

19061003.jpg

練習すれば丁寧な字を書けるようになるのだろうか…
どんなもんだかやってみます。
posted by 元女将 at 22:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

ロックの日

今日6月9日はロックの日なんだそうです。
わたしにとってロックと言えば、ブランキー・ジェット・シティ、hide(X JAPANではなく)、エレファントカシマシかなあ。
みんな声が高いなぁ〜〜〜
そういえばつい最近、息子に「浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSがブランキーを彷彿とさせて良いよ!」とオススメされたのだった!
なるほどブランキーと一緒の3ピースバンドなのか!
PCに取り込んであるから聴いてみましょう。だってロックの日だもの。
ベンジーの声は良い!

昨日の土曜版に吉藤オリィさんが出ていました

19060901.jpg

むううう
オリィさんの魅力の1億分の1も書かれてなーーーーい!
今のプロジェクトのことも書かれてないなあ。

けどこの記事がきっかけでオリィさんの本を読む人がいるかも知れないもんね。
わたしだってきっかけはテレビだったし(それも「大谷選手って知ってますか?」「知りません」「えーーー」の失礼な流れでの引っかかり!!)

わたしも本を読むまでまったく想像もできなかった孤独の辛さ。
「自然な話し方を忘れ、自然な笑い方を忘れ、どうにかしたいが何もできず人に感謝すら言えなくなる」そんなことって、経験した人にしかわからないこと。
想像できないのは相変わらずだけど、そういうこともあるんだということがわかってよかったよ。
オリィさんの生き方もある意味ロックだぜ
posted by 元女将 at 21:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

『海の見える理髪店』

155回直木賞受賞作です。
この時の芥川賞が『コンビニ人間』
つい最近だと思っていたんだけど、2016年だって。まじか。

19060801.jpg

本の紹介は出版社のサイトより

主の腕に惚れた大物俳優や政財界の名士が通いつめた伝説の床屋。ある事情からその店に最初で最後の予約を入れた僕と店主との特別な時間が始まる「海の見える理髪店」。
意識を押しつける画家の母から必死に逃れて十六年。理由あって懐かしい町に帰った私と母との思いもよらない再会を描く「いつか来た道」。
仕事ばかりの夫と口うるさい義母に反発。子連れで実家に帰った祥子のもとに、その晩から不思議なメールが届き始める「遠くから来た手紙」。
親の離婚で母の実家に連れられてきた茜は、家出をして海を目指す「空は今日もスカイ」。
父の形見を修理するために足を運んだ時計屋で、忘れていた父との思い出の断片が次々によみがえる「時のない時計」。
数年前に中学生の娘が急逝。悲嘆に暮れる日々を過ごしてきた夫婦が娘に代わり、成人式に替え玉出席しようと奮闘する「成人式」。
人生の可笑しさと切なさが沁みる、大人のための“泣ける"短編集。


表題作の「海の見える理髪店」からの3篇はオチが途中でわかってしまい感動できずでした。

一番好きなのはラストの「成人式」
亡くなった子どもに成人式用の晴れ着のカタログが届く話は聞いたことがあります。
たぶん小学校や中学校の名簿から機械的に送られるのだろうけど、それがどれだけ家族を傷つけることか…
この夫婦もカタログを手にして5年前のつらい日々に気持ちが戻ってしまうのだけど、ここからの逆転がスゴイ。
一緒にワクワクしました。
替え玉出席だなんてちょっと思いつかない。

読み始め「こういうのちょっと苦手かも」と思っていた「空は今日もスカイ」もよかった。

今日は天気が良くて、風が涼しくて、気持ちよく本を読めました。
どこも痛くないし、幸せ〜〜〜〜
posted by 元女将 at 18:16| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

笑顔

ミッチーはいつもライブの時に「笑顔だよ!笑顔でね!!」と言います。
楽しくなくても口角上げていこう!とも言います。
笑った顔を作れば脳が「楽しいのかも?」って騙されるんだって。
笑顔ってホントに大事。

昨日の山里&蒼井優会見を見ていて、これからどんな家庭を作りたいかという質問に山ちゃんが「彼女の笑っている姿がすばらしいので、ずっと笑っていられるように頑張っていきたい」と言ってました。
もうそれ、究極の愛だよ〜〜〜
いい会見でしたなぁ〜〜〜

大切な人が笑っていればそれ以上の幸せはないかな。

わたしもわたしが好きな人達には笑顔でいてほしいです。
笑顔になれる手伝いができるならしたいし。
しかめっ面より笑顔だよ

けどさ
自分に余裕がないと、例えばお尻がものすごいく痛いとか、歯が痛くて気絶しそうとかだとだれがどんな顔をしてるか考える余裕なんてないよね。
周りの人には笑顔でいてほしい
それをわかるためには自分も健康でいることが大事なのでありますな。
posted by 元女将 at 21:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

120センチ

台所の蛍光灯が消えました。
引っ越して一度も替えていないので寿命でしょう。
(前の住人がつけたものです)
カバーを外すととっても長い蛍光管がありました。

なんと、120センチ!!

新しいのを買おうにも近所のスーパーには置いていないし、地下鉄で持ち帰るのは割れそうで怖い。
困った時はネットだね。
超長いダンボールに入ってたちまちお届け〜〜
ありがとうございます

付け替えたのはいいのだけれど、古い蛍光管の捨て方がわかりません。
だって40リットルのゴミ袋でも2/3はみ出るんだもん。

まず、大型ごみ収集センターに電話。
蛍光管は大型ゴミではないと。
家電専門店でリサイクルしているから持って行くといいですよ、と。
んんーーー
長いんだ。持って行けないんだ。

続いて市の環境局に電話。
すぐにはわからないので折り返しますと言われます。
そんなに珍しい長さなんだ…

で「はみ出てもいいので40リットルのゴミ袋に入れて出してください」と連絡がありました。
住所名前を詳しく聞かれ、ほっと一安心。

ちょうど掃除機を買い替えたところなので、古い掃除機も一緒に捨てちゃおう。
掃除機は燃やせないごみで捨てていいと確認済みです。
せっかく40リットルのゴミ袋用意したことだしね。
コンセントが曲がり、ホースがよじれたまま何年も使っていた掃除機に最後のご奉公をしてもらいます。
部屋中かけてから玄関、さらにベランダも掃除機をかけました。

ゴミ袋に入れ「札幌市の許可を頂いています」とメモを貼り、管理人さんにも断ってゴミ置き場へ。

すると少しして管理人さんから連絡。
「環境局の車が来て掃除機ごと持って行ったよ〜」と。

ええええーーー
早速来てくださったのか!
だから細かく住所聞かれたのか!!
ありがとうございます

明日から新しい掃除機です。
19060601.jpg
とてもスリムになりました〜〜〜
ストレスなく掃除ができますぜ!
posted by 元女将 at 22:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする