2021年01月24日

直木賞

2020年下半期の直木賞に西條奈加さんの作品が選ばれました
大好きな作家さんなので嬉しい

作品はたくさん読んでいるけど、ご本人のことは何も知らなくて、今回の受賞で北海道出身と聞いてびっくりでした
翻訳家をめざしていたけれど、自分で書いた方が早いと思って作家になったって話が好きです

最初に金春屋ゴメスを読んだ時からファンになりました
これがデビュー作だったことも今回知ってビックリ

最近読んだ中では『隠居すごろく』が最高に楽しかったです
『まるまるの毬』と共に2020年ベスト10に2冊入れていたわたしは先見の明があるんじゃない?エヘン

『まるまるの毬』は続編も出ているので「読みたい本リスト」に入れておこう
このリストがすごい数になってきて、一生かかっても読めなさそう
と言いつつ、次々と書き加えていってます

まぁ、なんにせよ「これからの楽しみ」を考えるのはいいことなのだ
posted by 元女将 at 17:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする