2020年03月17日

浄化作用

『劇場版おっさんずラブLOVEorDEAD』本編、ついに見ました〜〜
正座して

もう10回も見た映画です
「あ〜〜はい、はい、そうだったね〜懐かしいね〜」って感じになるかなあと思いきや、なんだか初見な感じ
オープニングの東宝のロゴが出たところからもうわくわくしてしまいました

10回見た映画ですが、ずっと牧くんを目で追いかけていたので映像の全体像が見えていませんでした
なので、Blu−rayになったら映画のスクリーンよりずっと画面が小さいし、ストーリーも把握しているのでちゃんと全体の画面が見られるかと思ったのですが、無理でした
どうやってもこうやっても牧くんしか目に入りません
牧くんがどんなに端っこにいても、です
仕方ないですよね
牧くんが映るたびに「可愛い〜〜」とつぶやき、巻き戻し、スロー再生を繰り返すので物語が全然先に進まないです
これぞBlu−rayの醍醐味です
映画館ではそうはいきません!

実はこの映画は、あっちもこっちも辻褄の合わないことだらけのストーリーなのです
今回の特典映像で、カットされたシーンが入っていたのだけど、これがあればもう少し辻褄があうのにな、と残念に思ったところもありました
まあ、見られたから大満足です

香港ロケ
屋形船ロケ
たくさんのエキストラを動員したお祭りシーン
今となっては実現不可能な奇蹟のような映画です
辻褄が合わなくても全然OK、ファンにとってのご褒美のような映画です

何度も参加した応援上映を思い出し、自動的に声が出ます
「おかえり〜」とか
「ジーニアスオブオール」とか
「しっと、めっちゃ、かっこわるい」とかね

そしてラストは何故かやっぱり涙
エンドロールの
「牧 凌太 林 遣都」
でグっときて、ラストシーンで涙涙
涙もろくないわたしが!!

見終わると心が浄化されています
すばらしい

辻褄合わないストーリーだとか、不動産屋さんなのに爆破シーンはどうなのか、とか、なんでもいいです
映画終了とともに清らかなわたし、誕生!!

ただ、これ、中毒性があります
もうまた見たい
ヤバいっす

きっと明日も見る
posted by 元女将 at 20:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする