2019年03月16日

吉藤健太朗(オリィ)さん

去年の暮れ、偶然テレビで見てから気になっていました。
情報番組か何かだったと思うのですが、ロボットカフェの紹介でした。
「ロボットカフェ」という聞き慣れない単語に耳が反応し、目を向けてみると、何やらモード系の洋服(実は違った)を着たすごいイケメン青年が説明しています。
どうやら体の不自由な人がロボットを遠隔操作をしているようなのです。
しかしながら、わたしったら、あることで頭が沸騰してしまい、肝心なイケメン青年の名前もカフェの名前も聞こ損なうという失敗をしでかしたのであります。
わたしが沸騰したのはですね、その時のレポーターがこのイケメン青年に唐突に「ところで大谷翔平って知ってますか?」と聞いたのです。唐突だったとわたしが感じただけで流れはあったのかも知れません。
すると彼は「いや、知らないですね」と答えました。
そうするとテレビの力で、この彼は常識のない青年であるということがバーーーンと印象付けられてしまい、そのロボットのこととかは印象が薄らいでしまったのです。怖いわね。ネットの情報はもちろんだけど、テレビも新聞も鵜呑みにしちゃ危険だと思いましたですよ。

大谷翔平くんはエライ!!
それは間違いない!!
でも、大谷くんを知っていることがエライということはない。
大谷くんを知っていると楽しい
けど、知らなくても何も困らないし、それは常識とは違うと思うのです。

で、わたしは怒りで頭が沸騰したのであります。
はぁ?大谷くんはエライけど、なぜそれを聞く?ロボットと大谷くん関係ないっしょーーー!何その質問!ムッカーーーー

テレビを見るとこのようによく沸騰するので、息子には呆れられています。さすが高血圧とか言われます。関係ないよ、たぶん。

最近、Twitterで誰かのリツイートか何かで彼のツイートを見て「おおお!!」と興奮。
Twitterありがとう

すぐに本屋さんに著作を買いに走ったのですが、休みだったり、置いてなかったりで結局6軒目で購入。
やっと会えた

19031601.jpg

うわ
ここまで説明するだけでこんなに興奮してしまった。
本の紹介と感想は明日

昨日取りに行った包丁ですが、恐ろしいほど切れます。
切る、なんてもんじゃないよ。
切りたいものの上に「置く」と切れてるのーーーー
キャベツが切れないナマクラ包丁も速攻持って行こうと決めたよ!
posted by 元女将 at 17:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする