2019年02月12日

『ぎぼむす』ディレクターズカット版

お正月に放送していた『義母と娘のブルース ディレクターズカット版』を数日かけて見終わりました。
前半は1月に見たのですが、夫が大好きだった子どもみゆきが大きくなってちょっと興味を失った模様でしばらく放置。
最近あまりにもテレビが面白くないので「そういえば」と思いだしたようです。
見始めるとやっぱり最高に面白い。
特に今回見た後半は辛くないので笑いながら見られます。
けど、
予想はしていたけど、時間の関係で枝葉の部分がカットされてしまっていました。
例えば、高額なマンションを売りつけようと良一さんの同僚を内見に連れて行くところとか
そのマンションを買ってくれそうな老人を背負って走る亜希子さんとか
退院した良一さんとのお出かけシーンでの電車のところとか
お葬式に来た前原くん(元部下)の靴にダメ出しをする亜希子さんとか
確かに本筋とは関係のないシーンなのだけど、本当に残念。

前半、毎回ちょこちょこと出てくる麦田(佐藤健くん)がカットされたのは、1本通っていた細い柱がなくなってしまった感じがしてしまいました。

わたしが一番残念だったのは、それこそものすご〜〜く枝葉の部分で、良一さん亡き後デイトレーダーとして暮らしていた亜希子さんが取引の最中に携帯電話がかかり、その電話に向かって「少しお持ちくださいね〜〜」というところがカットされてしまったことでありました。
ホントにものすごい枝葉、枝毛くらいの些細なシーンだったのだけど、あそこ好きだったなぁ〜〜

つまりすべてがいいシーン、いいセリフだったって証拠だ。

何度見ても、カーネーションのシーンと最終話のみゆきのセリフは泣けます。
いいドラマだったなぁ〜〜
もし再放送があったら外付けHDDにバッチリ保存しよう!

それに比べて、今やってる冬ドラマ。たくさん見てはいるのだけど、次週が楽しみ!ってのはひとつもないです。
あ!
当初見る予定じゃなかった『トクサツガガガ』は超楽しい
原作ファンの息子も太鼓判です!

NHKドラマ10は密かに注目の枠なのであります。
去年をみても、大好きだった『女子的生活』も『透明なゆりかご』も大評判だった『昭和元禄落語心中』もこの枠でした。
良質ドラマって感じなのね。
乱立する弁護士モノで一番期待薄だった『イノセンス冤罪弁護士』が『ガリレオ』みたいで面白いかな。
離脱したドラマも複数あります。
『ぎぼむす』や『アンナチュラル』みたいなのまた見たいです〜〜〜〜
posted by 元女将 at 23:59| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする