2018年12月26日

『ぬけまいる』

「朝井まかてにはずれなし!」が描く女性版弥次喜多道中
あ、このキャッチフレーズはわたしが勝手に付けたものです。
だって、朝井まかての本読んでつまらなかったことが一度もないんだもん。
この作品は初期の頃のもので、軽くて読みやすいです。

若い頃、馬喰町の猪鹿蝶と呼ばれていた幼馴染トリオもそれぞれ問題を抱えるアラサー
ある日突然思いつき、着の身着のままでお伊勢さんを目指します。
道中で沢山の人々と出会い、彼女たちも変わっていきます。
ラストはもちろんハッピーエンド

ドラマ化すると知り録画したものの1話も見ることなく最終回を迎えました。
猪鹿蝶(お以乃、お志花、お蝶)がともさかりえ、佐藤江梨子、田中麗奈でちょっと年取ってないか?と思ったけど、江戸時代のアラサーは現代のアラフォーくらいか、と納得。

今日は仏具磨きをしながら全8話制覇しました。

Twitterで仏具の磨き方を教えてくれる人がいたのでその教えに従うことにします。
洗面器にアルミホイルを敷き、熱湯を注いだら仏具を入れ、そこに重曹とクエン酸を入れる。
ジュワジュワジュワがおさまったら取り出し、水でよく洗いしっかり拭く、ということで、重曹とクエン酸なら家にあるし、それで仏具がどうにかなることはないだろうと判断。

ビフォー
18122601.jpg

サビが浮いていたので、仏具用の磨き剤でさらに磨きます。
磨き剤だけの時より、よく取れる。

アフター
18122602.jpg

重曹とクエン酸で仏具が増えた!!
わけじゃありません。
ビフォー写真撮ってから、仏壇の奥に入っていたのが発見されたというわけです。
写真じゃあんまりわかんないけど、ピカピカです
「ただの自己満」(←OL内セリフ。病気なので気にしないでください)

ドラマ『ぬけまいる』はなかなか原作に忠実でした。
NHKで40分、ということは民放なら1時間ドラマ。
で全8回なので細かいところまで描かれていてとても楽しかった

タッキーが出てきたのにはビックリ
大地真央や舘ひろし、福士誠治、泉谷しげるに浅茅陽子(久しぶりに見た)柴田理恵、渡辺えり、川野太郎(久しぶりに見た)宮崎美子などなどたっくさん知っている俳優さんが出てました。

かなりHDDが空いたからこれで「8時だJ」も「ジャニーズカウントダウン」も「おっさんずラブ一挙放送」も「義母と娘のブルース一挙放送」も「紅白歌合戦」も「相棒元日スペシャル」も「アンナチュラル一挙放送」も録画できる!
できるかな?さすがにムリかな?
posted by 元女将 at 19:06| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする