2018年10月23日

また観てしまった

HDDがいっぱいになってきたので、永久保存したいものは外付けHDDかDVDにダビングするという作業をしています。

老後に見ようと思っているのは外付けへ(老後っていつーーーー??)
自分でも見たいけど、人にもオススメしたいのはDVDへ。

その中の一本に『彼らが本気で編むときは』がありまして、今日の夕方ダビングしてました。
してましたけど、しながら結局観ちゃいます。
目が離せない。

優しい人がたくさんたくさん出てくる。
嫌な人も実は寂しい人。
1回目、2回目では気付かなかったポイントが胸に刺さります。
何度観てもいい映画です。

桐谷健太、CMの浦ちゃんや朝ドラの世良と同一人物とは思えない。
っていうか、このテンションの桐谷健太は珍しいかもしれません。
とーーーーってもいい!!

そして、子役がすこぶるいい。
演技がうまいのはもちろんなんだけど、
ネグレクトな母に育てられたにもかかわらず、このトモは「ごめんなさい」も「ありがとう」もどうしてそうなったかもちゃんと説明できる聡明な少女だというところがいい!
いつもコンビニのおにぎりを買い与えらえていたトモがリンコさんにキャラ弁を作ってもらったのだけど、もったいなくて食べられなかったエピソードが泣けます。
それより、そのことをちゃんとリンコさんに伝えられたことに泣いたよ。トモ!ちゃんと言えて偉かったね!!ってね。わたし誰?なに立場??

この後に続くみんなの世界が想像できるエンディングも素晴らしいです。

って、今気がついたのだけど、これ、この映画のタイトル『彼らが本気で編むときは、』なのね!!
最後に読点が付いてるのね!
わたしが「世界が続いている」と思ったのは間違えてなかったってことだ!
読点!いいっすね!!

私の好きな映画ベスト5には絶対に入るなぁ〜〜〜

それはそうとして
どうやら世の中はハロウィンが近づいているようです。
いろんなものにハロウィンっぽいものがくっついてます。

18102301.jpg

ま、こんなケーキ(ストロベリー風味のチーズケーキでした)はまだいいとして、団子にも納豆にも付いてるよ。
ハロウィンって……???
posted by 元女将 at 21:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする