2017年10月07日

ドラマ『プリズンホテル』

かなり以前に、夢中になり、繰り返し読んだ浅田次郎さんの小説がドラマになりました。
過去にもドラマ化されているのだけど、ホントどうしようもないひねくれモノで甘ったれの主人公(任侠小説の作家の木戸孝之介)の設定が女性になっていて、それが松本明子で、まったく別のお話になっていたので驚いて1話で断念した記憶があります。
今回はBSジャパンでの放送。
主人公は作家ではなく、支配人になっているようですね。
ココリコ田中です。
とてもあっています!

とはいえ、ストーリーのほとんどを忘れています。
全4巻なので急いで読み直してみようかな。

夢中で読んでいた時は、妹と勝手にキャスティングして遊んでいました。
最後まで決まらなかった主人公の作家はダウンタウンの松本人志に決めました。
今回はその役が吹越満で、これもとてもあっていました。

今日の放送を見てたら、出てくる人がほとんど任侠の人で、拳銃で撃ち殺しちゃうシーンもあって、うむむ、これは今の地上波じゃ無理だわ〜〜〜と思ったよ。

今、朝日新聞で浅田次郎のインタビュー連載をしているのだけど、アサジロ先生は今も過去の作品を読み返しているそうです。
過去の自分に負けないため、なんだって。
気になるところがあっても絶対に直さないと決めているんだって。
最近『プリズンホテル』の一節を読み返したそうで「あんなギャグはもう書けない」なんておっしゃっていました。

私のこの小説のイメージは、木戸孝之介の深い悲しみとそこからの立ち直り、なので、ギャグ??と思ったわ。
やっぱり読み直す必要ありだ。
ドラマで主人公が支配人になってるってことは、ストーリーも変わるのかな?

ま、小説とドラマは別物と考えなくちゃ、とはいつも思っているんだけどね。
なかなかね。

17100701.jpg
放送は毎週土曜日21時からですが、来週土曜日のお昼12時半から再放送があるようです。

とにかく今期は面白そうなドラマが目白押しで、ワクワクします〜〜〜
というわけで、ブログカテゴリに「テレビ」を追加しちゃいましたよ。

それはそうと、
書いた文章がすべて消えていて、書き直しになって哀しい
posted by 元女将 at 22:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする