2020年07月19日

三谷幸喜特集

去年の夏、劇場でさんざん見た予告『記憶にございません』がWOWOWで初放送するのに合わせて、昨日も今日も朝からずっと三谷幸喜の映画をやっています
ほとんど見たのだけど、ついているとつい見入ってしまいます

初監督作品『ラヂオの時間』
1997年の作品です
時のたつのは早いですなぁ
みんなとっても若い!!
唐沢寿明が伊藤健太郎くんに似ていてビックリしました(特に目元)
奥貫薫がとてもとても可愛い

『笑の大学』は脚本だけで監督は別の人です
舞台劇のような映画で、若くて初々しい稲垣吾郎と今とあまり変わっていない役所広司のほぼ二人芝居
最後が切ないです

『ザ・マジックアワー』
覚えていたはずの内容と全然違ってビックリ
共感性羞恥のヒトにはキツイ映画です

『THE有頂天ホテル』
筆耕係のオダギリジョーが最高!!

『ステキな金縛り』
三谷幸喜の映画で一番好きな作品です
なんせ深津絵里ちゃんが可愛い
西田敏行のクセの強い演技も落ち武者の幽霊役なので気にならずです
草g剛が出ているので、これで「新しい地図」三人コンプリート
他のは流し見だったけど、これは最初から最後までしっかり見ました
もう何回目かな
何回見ても楽しい
『THE有頂天ホテル』の篠原涼子『ザ・マジックアワー』の佐藤浩市がその時の役でゲスト出演してるのも楽しい
posted by 元女将 at 18:38| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする