2020年07月12日

多幸感

夫がいつものようにザッピングしていると『劇場版おっさんずラブ』をやっていました
「見る?」というのでありがたく見ることに
かれこれもう20回は見てるよね

回数を重ねるほど、ストーリーのアラが見えてくるのですが、牧くんが登場するとすべて解消
牧くんの後頭部を見るだけで幸せになります

そしてエンディングの曲がかかる頃には多幸感でいっぱいになるわたし
あほや

ラストシーンでまたもや夫が「わ!」って言いました
うふふ

8月2日には地上波での放送が決定
それに先駆けて、ドラマも放送されるというけれど、北海道ではどうかな?
って両方ともBlu−ray持ってるでしょう!!わたし!!

『劇場版おっさんずラブ』地上波放送見たいけど、たぶんこれ『半沢直樹』と丸被りだな
『劇場版』を見るというと、夫はきっと「また見るの?何回目?僕はもう見たくない」というだろうから(そりゃそうだ)録画して(Blu−ray持ってるけど)『半沢直樹』を見ることにします
ミッチーは裏切れない

お昼に『劇場版おっさんずラブ』見たおかげで1日中多幸感に包まれていました
どこからこの多幸感がくるんだろうな

昨日、人生で一番楽しかったことはなんだ、ということを書いたけど
「一番愉快だったこと」は『劇場版おっさんずラブ』の応援上映に初めて行った時、と言えます
だって、帰ってきてすぐに息子に「生きてきて一番愉快なできごとだった」と報告した覚えがあるから
明日、Blu−ray見ちゃうかも
そうしたらまた1日幸せに包まれる
わたしは簡単だ
posted by 元女将 at 20:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする