2020年07月02日

7.2

今日は父の祥月命日です
お坊さんもマスク姿
我々もマスク姿です

お経の間、父とお別れした日を思い出していました
明け方病院から電話が来て、みんなでベッドを囲んだけれどできることは何もなく、父の息があるうちにみんなでご飯を食べようとおにぎりを買いに行って「お父さんを囲んで食べる最後の食事だね、お父さんいただきま〜〜す」などと言いながら食べたこと

いよいよ、という時にお医者さんが来てくれたのだけど、髪ボサボサでヨレヨレでむしろあなたが心配よ、と思ったこと

ドラマみたいに「わ〜〜んおとうさ〜〜〜ん」なんかにはならず、しっかり旅立ちを見届けた気持ちになったこと

仮通夜の時にいつも母の隣にいる父がいないので(そりゃそうだ)急に心細くなったこと

火葬場で扉が閉まった時は「いってらっしゃい!またそのうちね」と思ったこと

いろいろ思い出します

それも闘病中しっかり看病できたからこそなのかなと思うと、今コロナの影響で家族や親しい人のお見舞いにも行けないのは想像するだけで悲しくツラいです
posted by 元女将 at 17:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする