2020年06月12日

『世界は3で出来ている』

林遣都くんが三つ子の役をすると聞き、指折り楽しみにしていたドラマです
昨夜11時からの放送でした
リアルタイムで見て、今日も見た

いや〜〜〜〜〜
すごかった!!
何がって、まず、三つ子が三つ子に見えた
つまり一人一人違う人格があった!同じ顔なのに!!
喋り方や姿勢がそれぞれ違っているんだよねぇ
すごいわ
どうやって撮影したのか不思議
袋ラーメン投げ合ったりするんだよ!!
林遣都くんが林遣都くんに!
どうなってんの?

昨夜リアルタイムで見た時は、もう林遣都くんの顔ばっかり見ていて全くストーリーが頭に入らず
ま、いつものことですけどね
出演者が3人いるけど全部林遣都くんなので一瞬も気を抜けずずっと顔見てるわけですよ
顔だけじゃなくて、萌えポイントがたくさんありまして「はだし」とか「時計を外す」「時計を付ける」とかいちいちキャ〜〜となるわけですよ
CMに入った時、息してないことに気が付いたくらい(してたと思うけど)ヘトヘト
そんな見方してりゃ、いつも以上にストーリーが入ってこないわな

で、今日録画したのを見ました
そっか、そういうストーリーだったのね
そんなこと言ってたのね(セリフさえ聞こえなかった昨夜)

しっかりものの長男がラーメンを作って弟たちに食べさせるシーンがあるんだけど、男一人暮らしの部屋(次男の家)には食器があまりないから、弟たちにはドンブリで出すのに自分は鍋と菜箸で食べるの
ああ、お兄ちゃんだなって、もしかしてお父さんは早く亡くなって父親代わりの面もあったのかな、なんてことまで想像してしまう思うシーンでした

一人三役とかそんなこと飛んじゃうような滋味深いドラマでした
明日も見よう
これもしDVDになったら絶対に買うな!!発売しないかな
posted by 元女将 at 23:15| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする