2020年02月18日

ふたたび

しばらくお休みしていた「成都式担々麺への道」(だったかな?)再開です
まずは基本のラー油作りから

長ネギの青いところのストックが溜まったのでようやく作れます
刻んで食べちゃったり、チャーシュー作るのに使ったりして、これがなかなか溜まりません


20021801.jpg

深底のフライパンにネギ、生姜、唐辛子(手でちぎって種ごと)サラダ油を入れ、火をつけます
最初強火、沸いてきたら弱火で15分くらい

その間に粉唐辛子に水を少し含ませておきます
焦げるのを防ぐためだそうです

20021802.jpg

長ネギがカリカリになってきたら具を引き上げます

20021803.jpg

もう一度温度を上げ、唐辛子にかけます
初めは少しずつ、それからザァーーーーっと

20021804.jpg

ひーーーーーー地獄谷ーーーーー

冷めたら容器に移して完成

20021805.jpg
なんと美しい色でしょう

これ食べたらもう市販品には戻れません
ネギと生姜の香りがいいし、なんてったって辛さが違う!

味噌ラーメンに入れると絶品!
冷奴にかけて食べても美味しいです

ただ、これを作ると数時間は家中にスパイシーな匂いが立ち込めて、路地裏の中華料理屋さんの裏口にいるような気分になります
って、それってどこ?
posted by 元女将 at 18:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする