2020年02月09日

お誕生会

学生時代からの友達が誕生会をしてくれました
なんと有り難い!!

わたしがこよなく愛するサッポロクラシックのあるお店をチョイスしてくれました
なんと、なんと有り難い!!

20020901.jpg

飲み放題プランで遠慮なく飲ませていただきますっ

こんなサプライズまで

20020902.jpg

もうね「わたし、年だから」とか絶対に言わないって決めたよ
年を取ることを経験できることにも感謝です

プレゼントもたくさんいただきました
ありがとう〜〜〜〜

20020903.jpg


今日は夫からも誕生日プレゼントをもらいました
わたしリスエストのお財布です
お財布は自分じゃなかなか買えないものの一つです

20020904.jpg

渋い紺と爽やかな空色で悩んだんだけど、華やかな方に決めました
渋いのは次回に!!

誕生会の前に見上げた空にはポッカリと丸いお月様が出ていました

200205.jpg
posted by 元女将 at 21:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

おしり記念日

臀筋を痛めてから丁度一年
今日がおしり記念日です

昔、足の靭帯を痛めたときですら8ヶ月ですっかり治ったのにまだ完治には至らず
まあ、あれから何年も経っているから治りも悪くなってるってことだよなぁ

完治していないとはいえ、日常生活には不自由はありません
たくさん歩くとじんわりと痛くなったり
寝る時は、左側を下にしないとダメだったり、そんな程度
うっかり右下にしたり、仰向けで寝たりすると、目が覚めて「いたたたたた」となりまして、まずはストレッチしてからじゃないとトイレにも行けないのであります
でも、うっかり右下で寝ちゃうなんて数ヶ月はありえなかったので有り難い

このままのおしりと一生仲良くする覚悟
ううう
本当は仰向けで朝まで寝たい

posted by 元女将 at 14:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

オルニチン

プロ野球中継を見ていると次々と入るオルニチンのCM
サラリーマンや早朝からお弁当作りをしているお母さんが非常にわざとらしく「え!二箱も?」と驚いたり「これのおかげで朝スッキリ目覚められます〜」と喜んだりしています
野球を見る人たち=お酒が好き=肝臓が心配
ってことなのでしょうかね

わたしは確かにお酒が好きです
休肝日はない!
でも、暴飲はしない!滅多に!
せっかく両親から丈夫な肝臓をもらったので大切にしなくちゃ

お酒成分がオーラににじみ出ていたのかなぁ〜
しじみラーメンを猛烈プッシュされまして「絶対に美味しいから食べてみて!」と強烈な熱意に断れず購入

しじ〜〜〜みと言いながら作ります
CMによる刷り込み恐るべし!!

20020701.jpg

インスタントラーメンのようにお鍋ひとつで作れます

20020702.jpg

まだ味がしみてない煮卵とお上品な大きさのチャーシューものせました

おやおや、あっさりしているけど旨味があって美味しいです
スープが美味しいのでほとんど飲んでしまったよ 
オルニチンは体にいいかもしれないけど、高血圧の身にラーメンスープの塩分はよくないね
「相反ラーメン」と名付けよう 
posted by 元女将 at 18:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

もしもピアノが弾けたなら

年末に地下鉄大通駅のコンコースに登場したストリートピアノが雪まつり記念で再び設置されました
地下鉄を降りたらピアノの音が聞こえるって素敵です
思わず耳からイヤホン外します(流れていたのはKinKi Kids)

20020602.jpg

さっぽろ芸術文化の館(厚生年金会館っていう方がピンとくるけど)で使われていた最高級のドイツ製グランドピアノ「スタインウェイ」
誰でも弾くことができます
地下鉄を降りた時は女性がクラシックを奏でていました
買い物をして帰る時は男性がジャズを弾いていました
すごいなぁ〜〜〜
もう、ふらっと来て弾いてます感が最高です(コート着たまんま、横にカバン)

必要な書類を取る必要があって大通に行きました
コロナ騒動があって初めて地下鉄に乗ったのでちょっと身構えていましたが、もちろん普通でした
そりゃそうだ
テレビが騒ぎすぎ!
大通は雪まつり期間中ということもあり様々な国の方で賑わっていました
ようこそ〜〜〜〜

それにしても今朝の雪には驚きました
今までサボっていたけどヤバいことに気が付いたテスト前の学生の一夜漬けのような降り方でした(わかりにくい)
なんと40センチも降ったそうです
確かに今朝の車の雪下ろしはエライコッチャでしたもの
車にたどり着くまでがまず大変!
膝上の雪をかき分けてやっと車のところまで到着

10020601.jpg
無事に掘り出せました
朝から肉体労働頑張ったのでお腹が減って、朝ごはんをモリモリと食べました
いい運動になったけど、もういいよ〜〜〜もうやめて〜〜〜〜
posted by 元女将 at 22:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

『だからわたしは推しました』

去年録画してそのままになっていたドラマを見ました

『だからわたしは推しました』
20020501.jpg

信頼の森下佳子作品だったのに見る機を失ったといいますかなんといいますか、で今日になりました
1話30分で見やすいので1話か2話だけ見てみようと思ったのに、結局全話一挙視聴
さすが森下佳子さんっす!!

あらすじは
大手保険会社に勤務している主人公の愛
彼との日々をインスタにあげて幸せアピールをしていたところ、それを知った彼から別れを告げられる
ショックでスマホを落としてしまうが、それを拾った人は地下アイドルオタクだった
スマホを取りにライブに行くとステージには歌も踊りもヘタクソなハナがいた
自分にハナを投影した愛は急速にオタクへと邁進する!

女性陣は存じ上げない女優さんばかりでした
ハナ役の白石聖さん、石原さとみちゃんにとても似ていて可愛いお顔でした
愛役の桜井ユキさん、スゴイ存在感
カッコいい女優さんです
前髪あげたほうがより美人です(余計なお世話)

男性陣は、村杉蝉之介とか細田善彦とか、普段はクセの強い役なのに最後までいい人でした
よかった、よかった

一気に見たせいか一本の映画を観たような充実感がありました
わたしはオタク要素をたくさん持っているので共感できました
っていうか、楽しそうだなぁと思ってみてたよ

若くて可愛い人は男女関係なく応援したくなります
だから愛がハナにのめり込んでいく感じ、少しわかります

ていうか、地下アイドルであのグレードはスゴイわ
既存のアイドルグループより可愛い
サニーサイドアップ最高 ←ヤバい
posted by 元女将 at 23:19| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

片栗粉の雪

今朝はこの冬初めてと言っていいかもな積雪がありました
気温が低かったせいか、まるで片栗粉みたいな雪でした
ミッシリしてた

雪が積もると街がキレイに見えて空気も澄んでいる気がして、ついつい歩きたくなります
ま、行くところはちょっと遠いスーパーですけど

「火曜市」だったので色々とお安い
特に野菜が驚きの値段でついつい大量に買ってしまいました
玉葱25円とか長ネギ38円とか近所のスーパーではありえない

帰宅してからはKinKi Kidsのバラードセレクションを台所に流しながら料理開始
今まで彼らの歌を歌詞を意識して聴いたことがなかったのだけど、これがもう驚くほどの直球のラブソングでありまして、バラードセレクションってこともあるんだろうけど、いやいやこんな愛の言葉の数々どうなのよ?嬉しいわと謎のテンションで気が付いたら2時間半経ってました

2時間半も料理してた割に特に大ご馳走ができているわけでないのが不思議
何してたんだろう?
ネギ持って踊ってたのかもしれない

なんせ、薬飲むのに口開けるのを忘れる人ですから

ジャニーズはわたしの琴線に触れる曲が多いんだよなぁ
やっぱり可愛い人が歌っているからなんだろうか
それにしても、いまさらKinKi Kidsとは我ながらビックリだわ
posted by 元女将 at 18:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

節分

いつからか風物詩に無理やりなった恵方巻を食べました
ミニミニサイズ
気持ちが大事です

20020301.jpg
これでもう大丈夫!
と思いきや!!

1歳年をとっただけなのにやらかしました

長年に渡り一日に二回飲んでいる漢方薬があります
アレルギー性鼻炎に効く薬です

もう一度言います
長年に渡り、一日に二回です!

(再現)
薬の封を切ります
水を口に含みます
上を向きます
薬を投入します
口をあけます

はいっ!!
顔も洋服も漢方薬まみれ

薬を投入するのと口をあける順番を間違えたのですね

もう一度言いますが
長年に渡り一日に二回飲んでいるのに!!です

おお
これが老化なのでしょうか
posted by 元女将 at 22:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

20200202

本日2020年2月2日
令和2年2月2日
どこをとっても2と0
そんな日がわたくしの誕生日であります
ありがとうございます\(-o-)/

いろいろなことがありましたので、もはや生きているだけで丸儲けなのであります
生きている限り楽しく過ごそうと思います

今日は母がフレンチレストランで誕生会をしてくれました
毎年お世話になっておりますレストランカザマさんです
むふふの女子会です(母と妹とわたし)

アミューズ・ブーシュは「白身魚のリエットとピクルス」

20020203.jpg

美味しいです〜〜〜〜
リエットの塩加減が最高

前菜はマダムのおすすめに従い「厚岸産牡蠣のショーフロワ 玉葱と春菊のムース コンソメ・ジュレ寄せ」

20020204.jpg

美味しすぎてみんな無口に
こういう料理がありがたいのです
絶対に絶対に家庭では作れない!!
コンソメのジュレに玉葱と春菊のムースですよ!!手が込みすぎです!

メインはわたしと母はお魚「真鯛のポワレ シャンパンソース」

20020205.jpg

鯛の皮パリパリ
シャンパンソース最高

妹は「仔羊もも肉のロースト 牛蒡のピュレとゆり根添え」

20020208.jpg

ちょっとずつ交換して味見します
おお!仔羊はなかなかの羊感!!
元気が出そうな味です

デザートはやっぱりマダムおすすめの「プリンとはちみつアイス」

20020206.jpg

マダムの音頭でハッピバースデートゥーユーを歌ってくれました
(他にお客様がいなかったので)

どのお料理もワインもとってもとっても美味しかったです
ご馳走様でした

プレゼントもたくさんいただきました

20020201.jpg
上等なワイン半ダースとか

20020202.jpg
湿布や

20020207.jpg
ショッピングバッグ
これはわたしが妹にリクエストしたものです
なんだか近所のスーパーに持っていくのが申し訳ないわ

とてもいい誕生日でした
母に「自分の娘がそんな年齢に!!」とびっくりされるような年齢になりました
自分でもビックリしてますよ(この年齢でこの落ち着きの無さに)
posted by 元女将 at 23:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

1月に読んだ本

1月は二回瞬きをしたら終わってました
気分はもう5月
いやはや

というわけで1月に読んだ本はこちら

それでも警官は微笑う 日明恩
そして警官は奔る 日明恩
やがて警官は微睡る 日明恩
ストロベリーライフ  荻原浩
虹の岬の喫茶店 森沢明夫
あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 宮部みゆき
骸骨ビルの庭(上) 宮本輝
骸骨ビルの庭(下) 宮本輝

最初の3冊は、警官シリーズの最新作『ゆえに警官は見護る』を読んだらあまりにも過去作を忘れていたので読み直した分です
キレイに忘れておりました
結果、もう一回最新作を読みたくなり、現在再びの予約中です

昔読んだ時の感想では、朴訥とした武本刑事は長瀬智也だとイメージしていたんだけど、読み直したら鈴木亮平でした
で、潮崎は千葉雄大!

『ストロベリーライフ』はグラフィックデザイナーの主人公が実家の農家を再生していく物語
初冬の青空のように気持ちのいいお話でした
そんなうまくいくかいな!と思わないこともないけど、物語だからこれでいいのだ

『虹の岬の喫茶店』は吉永小百合主演の映画『ふしぎな岬の物語』の原作です
映画のサイトでストーリーを読んだら、小説とはずいぶん違いました
ま、映画は映画、小説は小説ですね

小説に登場した人々、陶芸家の父娘、ライターになったイマケン、画家志望のみどりちゃん、研ぎ師の元泥棒、みんなどうしているかなあと想像してしまいます
余韻がいいです

『あやかし草紙』は三島屋シリーズの5巻目です
お話が急展開してビックリ
それにしてもなんと宮部みゆきのうまいこと!!
3回繰り返して読んじゃいました

『骸骨ビルの庭』は久しぶりの宮本輝でした
もしかして『優駿』以来かも

20020101.jpg

あらすじはBOOKデータベース様より拝借

大阪・十三に戦前からある通称「骸骨ビル」。
戦後の混乱期に住み着いて、オーナーの阿部轍正と茂木泰造に育てられた孤児たちを立ち退かせるために三人目の担当者として送り出まれた八木沢省三郎は、一筋縄ではいかなそうに見える彼らの話に耳を傾けるうちに、困難だったであろう日々を思い描くようになる。

今も親代わりの茂木の話では、彼らが一緒に育てた桐田夏美から性的暴力を受けたと訴えられ、失意のうちに亡くなった阿部轍正の名誉が回復されればみな立ち去るという。
孤児たちの暮らしをなぞるように庭を耕し始めた八木沢は、真実を求めて夏美の消息を追うが…。
人間の魂の絆を描いた感動の力作長編。


じんわりとしたお話だった
ところどころ心にしみるフレーズが!
骸骨ビルを去ってからも八木沢省三郎(ヤギショウ)がビルに住んでいたナナちゃんたちと交流していたことが嬉しくなるなど現実感がありました
よい小説は余韻がありますな
posted by 元女将 at 23:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする