2019年12月11日

脳みそ検査

月曜は歯医者、昨日は皮膚科、今日は脳外科に行ってきました
病院通いの日々
嗚呼、おばあさん生活・・・

脳外科は5年に一度くらいの頻度で脳みその溶け具合を見ていただいています
MRIと首の血管のエコー検査をしていただきました
さらに!!
お年頃なせいでしょうかしら、認知症の検査も!!
噂に聞いてましたよ!
これがそうなのね!!と思い挑みましたが

「100から7を引いてください」
楽勝〜〜〜〜〜「93!」
「はい、それから7を引いてください」
うううう
えと、えとえとえと・・・

「今から3つの単語を言うので覚えてね。後で聞くから」
「猫、桜、電車」
楽勝〜〜〜〜〜いつでも聞いて!

「これから言う数字を反対から言ってみて」
「2379」
「きゅう、なな、えとえと・・・」

「今日は何年何月何日?」
「平成元年12月11日(エヘン)」
「平成〜〜〜?」


「さっきの3つなんだっけ?」
「猫、桜…自動車!!」
「惜しいなぁ」
「あ!電車だ!!」
「正解」

「今から箱の中身を見せるよ。覚えてね」
「時計、歯ブラシ、スプーン、鍵、鉛筆」
楽勝〜〜〜〜〜

「今、あなたがいるビルの名前は?」
「はぁ?????」

さっきの箱を出してきて
「この中身を言ってね」
「時計、歯ブラシ、鍵、鉛筆、むむむ1個足りない!!」
「ヒントはあげないよ」
と言いつつ食べる仕草をするドクター
「あああ、スプーン…」

やばいです
かなりやばいです

「はい、MRIとエコーの結果、脳も血管も異常は見られませんでした(略)
でもね、あなた、せっかちであわてんぼうだね
それは気を付けたほうがいいよ
とにかくまずは落ち着いてね」

そうなのよ!!
わたしはうんと昔から、そう、銀行員時代からせっかちを注意されていたのですよ
直らんね、今さらね
でも気を付けます
できるだけ落ち着こうと思います!!

昨日の皮膚科では体中のカサカサ、かかとのガサガサの薬をもらい、腰のイボの凍結療法をしてもらい、顎のところにある謎のデキモノが気になり聞いてみました
それは「粉瘤」というものだそうです
新陳代謝で消えるかもしれないし、目立ったり赤くなったりしたら手術で取りましょうとのこと
歳を取ると皮膚にもアレコレ出てきます

怒涛の3日連続病院通いが終わりました
これで穏やかに新年が迎えられますわ〜〜〜
(大掃除は???)
posted by 元女将 at 21:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

いいせん

昨日作った激辛ラー油で試作してみました

芽菜小さじ2、鎮江香醋小さじ2,醤油小さじ2、水大さじ1,中華スープの素小さじ1、すりごま小さじ1、ラー油大さじ1、麺は旭川ラーメン(細麺)
いざ!!

肉味噌とカシューナッツをのせます
19121001.jpg

ネギ油と花椒をトッピング
花椒はホールのをミルで挽くよ

混ぜます!!
19121002.jpg

いい感じでからんでおります

実食

ほおぉ〜〜〜
かなり近付いてきています

味は「おいしい」です

成都式担々麺評論家と化した息子に味見してもらいました

「成都式担々麺と言っていいんじゃない?違う店だけど」との評価

次回は少しだけ練ごまを加えてみよう
あと、超みじん切りの生姜も入れたい

先が見えたところで一旦おやすみします
誰に頼まれたわけじゃないんだけど、なぜかしらの使命感に燃えていましたが一呼吸入れて、さらなる完成品を目指します
今年中にはなんとかしたい
posted by 元女将 at 21:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

しょしん

原点に立ち戻り、ラー油から作り直してみることにします
「激辛 ラー油」で検索したらいい感じのサイトに行き当たりました

ネギの青いところ、生姜、ホール花椒、唐辛子種ごと、をサラダ油に投入し、弱火でジワジワと香りを油に移します

19120901.jpg

その間に、粉唐辛子(粗挽きと細挽き)をボールに入れ、少しの水で練っておきます
このボールはお勤めしていた時の先輩の結婚式の引出物でした
だからもう35年以上の付き合い
取っ手も取れてしまったのだけど、まだ大切に使っています!

30分以上ジワジワしたら、ネギと唐辛子、生姜を取り出し、あっちっちの油を唐辛子のボールに移していきます
じゅわ〜〜〜〜〜〜
焦げないように少しずつ

19120902.jpg
完成〜〜〜

ネギ、唐辛子、生姜のガラがちょっと美味しそうです

今日はこのラー油を使って麻婆豆腐と餃子のつけダレを作りました
自分で言うのもなんだけど、麻婆豆腐は絶品じゃった

明日は成都式担々麺を作ってみるのじゃ
何度でもチャレンジするんじゃーーーー
満足できるの日までじゃーーーーーーーー
posted by 元女将 at 22:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

『ギャングース』

林遣都くん過去作の旅、お久しぶり

19120801.jpg

脇役なのだけど、評判が良かったので見てみることにしました

あらすじは映画.com様より拝借

親から虐待され、学校に行くこともできず、青春期のほとんどを少年院で過ごしたサイケ、カズキ、タケオの3人。
社会から見放された彼らは、裏稼業や悪徳業種の収益金を狙う「タタキ」(窃盗、強盗)稼業に手を染める。
暴力団排除の機運を受けて裏社会のヒエラルキーが転換期を迎える中、3人は後戻りできない危険な領域に足を踏み入れていくが……。


主演の3人、サイケ、カズキ、タケオは、それぞれ高杉真宙くん、加藤諒、黒猫チェルシーの渡辺大知(「くん」あるなしは、まあ…)
渡辺大知はガッキー主演の『くちびるに歌を』での繊細な演技が印象的でした

林遣都くんは3人に情報や道具を調達する高田という役
出番はあまりなかったけれどいい味出していました

敵対する詐欺組織六龍天のトップの安達、ものすごく見たことあるけど誰だっけ?
と思っていたら、ギタリストのMIYAVI!!
演技が達者でした
違和感なし

あと、子役の女の子、見たことある!!誰だっけ?(そればっかりじゃ)
考えても全然思い出さないので調べたら『湯を沸かすほどの熱い愛』の子だった!
子どもの成長恐るべし

漫画の原作はもっとキツイ内容らしいけど、映画はハードながらもラストが爽やかでよかったです
posted by 元女将 at 22:41| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

15:59

やけに暗くなるの早いなぁ〜
ぼやぼやしてたらすぐに夜じゃん!
と思ってたんだけど、本日の日没時間見て納得
3時59分ですってよ!
まさかの4時前ですよ

今年の冬至は12月22日だっていうから、まだ日が短くなるってことですか〜〜〜?

冬季うつとかではないけど、なんつーか張り切るパワーが出てこないです
台所、食器棚、仏壇、あと、このパソコンの机の上と中は掃除しようと思っているんだけど、いや、するよ!するけど…

とりあえず、来週は病院週間と名付け、歯科検診やらなにやらやっつけてしまおうと思います
善は急げで、予約の電話をサクサクしたぜ
ココに書いたらやるっきゃないからさ
大掃除もね

冬至が過ぎたらあとは春に向かって一直線だ
posted by 元女将 at 17:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

理解不能

年金受給の権利取得の日が近付いて参りまして、日本年金機構から年金請求書なるものが送られてきました
これがかなりのページ数
記入の仕方の冊子も付いてきたのですが、ハッキリ言って途中から理解不能状態
これ、本当にみんなちゃんと書いた?
理解できないのはわたしだけ?
わたし、大丈夫?

すべてが嫌になって、散歩に出ちゃいましたよ
気温は低めだけど、風がなくて気持ちが良かったです
現実逃避

「シャトレーゼ」ができたと聞いていたので行ってみました
ケーキはもちろん、焼き菓子や和菓子、パンまでありました
徒歩圏内にお菓子屋さんがあるのはありがたいです
昔は「不二家」も「館」もあったのに…

帰宅したら、投げ出した書類がそのままになってました(当たり前だわ、片付いていたら怖いわ)
まいったね、こりゃ

posted by 元女将 at 23:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

年の瀬

お正月に飲む用の日本酒をいただきました
ありがたくも毎年頂戴しているのですが、少しずつラインナップが変わっています

19120501.jpg


黒帯 悠々

加賀鳶 純米大吟醸 藍

加賀鳶 極寒純米 辛口

風よ水よ人よ 純米

福正宗 純米辛口 生詰

大好きな加賀鳶が二種類です!
お正月が楽しみ

喪中はがきを出したら遠方からご丁寧なカードが届きました
年賀状を交換している人の中にはもう30年近く会っていない人が数名います
千葉時代、息子が幼稚園の時にお世話になったお母さん仲間です
正直言ってお顔も薄ぼんやりとしか覚えていたのです
でも1年に1回のやりとりはありがたいご縁だなと思っています
はがき代も値上がりしたけれど、もう少しこのご縁を繋げていきたいと思っています
生きた証っていうと大げさだけどね
でも、そんなかんじです
posted by 元女将 at 22:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

ふくさんぶつ

今日も試作してみました
昨日と同じタレにスープと醤油と粉唐辛子を足しました

19120401.jpg

麺は虎の子の本物
(研究用にタレと肉味噌は冷凍保存)

完成〜〜〜〜
19120402.jpg
いい感じです

懸案事項の混ぜた状態もいいです

19120403.jpg

なかなか美味しい、けど、味はかなり違います
何がどう違うのか、と言われると困るけど…
けど、だいぶ近付いてる!!と思うのであります

実は、思わぬ副産物がありました
この肉味噌とかタレを使って、豆乳仕立ての担々麺を作ってみたのです

19120404.jpg

自分で言うのもなんだけど、コレ、かなり美味しいです!!
もうこれでいいんじゃね?と思えるほどのできですのよ
posted by 元女将 at 22:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

しさく

今回は乾麺で勝負しようと思います
卵麺と、この挑戦のためにと寄付をしていただいた帯広産のストレート中華麺

19120301.jpg

とりあえず卵麺でいってみよう〜〜!!

食べるラー油のレシピを参考に作ってみたよ

19120302.jpg
唐辛子、花椒、生姜、フライドガーリックをフードプロセッサーで粉々にします
粉々にしたい
粉々にならない…

粉々にするにはミルサーが必要なのか
もうこれ以上買えないわ

フードプロセッサーから出し、手で刻み、圧力釜でスープと一緒に煮込んでみます
それに甜麺醤、豆板醤と合わせてみました
そこに鎮江香醋、醤油、そこらへんにあるものすべて投入
こういうことするから、これが美味しかった!となっても再現不可能なんだよねっ

そのタレに、粉花椒とみじん切り芽菜大量投入!

完成〜〜〜
19120303.jpg

ああああ〜〜
卵麺じゃないわ、麺が失敗だわ
卵麺って、鶏出汁の効いたスープで食べると美味しいヤツ!!
ほとんど素麺です
違った〜〜〜

けど、今までよりはタレとのからみも良い気がします

19120304.jpg
絵面がバッチいです

明日は他の麺で試してみよう
辛さも物足りないのでプラスしてみよう!!

なんか近づいてきた気がするぅ〜〜〜〜
posted by 元女将 at 20:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

洗剤ジプシー

冬になり、毎日部屋干し生活なので、洗剤の匂いには超敏感になっております
あまりにくしゃみをするので、夫に「殺意をおぼえる」とまで言われるの巻

やっとたどり着いた洗剤はエッセンシャルオイル配合で自然な香り
悪くはないのだけど、今どきコンパクト洗剤じゃないのです
洗濯機に投入する洗剤の量に毎日「ひーーーー」となる
で、洗剤のお値段はお高くないのだけど、あっという間に無くなるのです
すぐ近所のスーパーにはないので、持って帰ってくるのも重い
洗剤を入れている戸棚に入らないので出しっぱなしになるものなぁ

で、次はコレを試してみます

19120201.jpg

無印良品の洗剤を使うのは始めて
レビューを読むと概ね好評です
容器が四角いので滑るとか、そういう文句はあるけど、ま、気を付けて持つわ
ちょっとお高いけど、これはコンパクト洗剤だから、1回分の値段として考えるとどうかしら?
とにかくくしゃみがでなければよいです
洗剤残り香殺人事件が起きたら大変!!
ヘ〜〜〜ックション!
posted by 元女将 at 23:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

11月に読んだ本

久しぶりに12冊も読みました
『劇場版おっさんずラブ』上映が終わり、Twitterを見る時間が激減したからだよな
スマホ危険

なみだ研究所へようこそ!サイコセラピスト探偵波田煌子 鯨 統一郎
セブンズ! 五十嵐貴久
マウンドの神様(アンソロジー)
森崎書店の日々 八木沢里志
続・森崎書店の日々 八木沢里志
活版印刷三日月堂 星たちの栞 ほしおさなえ
活版印刷三日月堂 海からの手紙 ほしおさなえ
戒名探偵 卒塔婆くん 高殿円
セイレーンの懺悔 中山七里
すべての神様の十月 小路幸也
いつか響く足音 柴田よしき
ヒトイチ 警視庁人事一課監察係 濱 嘉之

11月の収穫は始めましての八木沢里志さんとほしおさなえさんとの出会い
偶然図書館で手にとったのだけど、いい出会いでした
ネット予約だけじゃなくて、たまに図書館に行かなくちゃ、です

『森崎書店の日々』

19120101.jpg

あらすじは小学館のサイトより拝借

交際を始めて1年になる恋人から、突然、「他の女性と結婚することになった」と告げられた貴子は、深く傷ついて、ただ泣き暮らす毎日を送ることになった。
職場恋愛だったために会社も辞めることになった貴子は、恋人と仕事をいっぺんに失うことに。
そんなとき叔父のサトルから貴子に電話がかかる。
叔父は40代、奥さんの桃子さんに家出され、ひとりで神保町で「森崎書店」という古書店を経営していた。
飄々としてつかみどころがなく、親類の間では変人として通っていたサトル叔父、小さい頃は貴子も遊んでもらったこともあったものの、ここ数年は交流はなかった。
その叔父からの連絡は、「店に住んで、仕事を手伝って欲しい」というものだった。誰かの救いを求めていた貴子は、叔父の申し出を受け入れて、本の街のど真ん中に住むことになった――。


全く知らなかったけど、映画化されているのですね
サトルおじが内藤剛志
ええええええ〜〜〜
って、表紙見たらわかるよね

頭からそのイメージを追い払って読みました
わたしのサトルおじはオダギリジョーだな
飄々とした40代ってオダギリジョーしかいないでしょう
映画化されたのは9年前だから、その時なら若すぎるけど、内藤剛志は土門さんだからな
貴子は多部未華子ちゃんかな

ほのぼの〜〜としてほっこりした気持ちになれました

「桃子さんの帰還」という本編の1年半後物語が続編として収録されています
なぜ桃子さんは家出したのか、そしてなぜ急に帰ってきたのかがわかります

前作から3年後のお話
桃子は店を切り盛りしながら、近所の小料理屋にアルバイトに出てキビキビ働いています
貴子は店の客だった和田とお付き合いを始めます
すべてが上手く回りだしたと思っていたけれど、幸せな時間はそう長くは続きません

登場人物の一人が亡くなってしまい、皆が喪失感の中で暮らしています
作中の言葉
「些細などうでもいい記憶がふと何かの拍子に思い出される。そのたびに、わたしは心にぽっかり穴があいたような気持ちを味わわされるのだった。でも、悲しみや喪失感と一緒に前に進むことが生きてるってことなんだよね」

『活版印刷三日月堂』

19120102.jpg


あらすじはポプラ社のサイトより拝借

川越の街の片隅に佇む印刷所・三日月堂。
店主が亡くなり、長らく空き家になっていた三日月堂だが、店主の孫娘・弓子が川越に帰ってきたことで営業を再開する。
三日月堂が営むのは昔ながらの活版印刷。
活字を拾い、依頼に応じて一枚一枚手作業で言葉を印刷する。そんな三日月堂には色んな悩みを抱えたお客が訪れ、活字と言葉の温かみによって心が解きほぐされていくのだが、弓子もどうやら事情を抱えているようで――。


物語が進むに連れ、人と人が繋がり膨らんでいきます
わたしは和文タイプライターを使っていた経験があるので、活版印刷のイメージはすぐに湧いたのがよかったな
表紙はこどもっぽいけど、章ごとの写真がとても趣深くて素敵です
1巻2巻と読んでとてもよかったので、3巻4巻も読む予定です

『戒名探偵卒塔婆くん』はあんまりなタイトルで、なぜこの本を借りようと思ったのか謎!それも1年待ちでした
最初の方はタイトル通りのバカバカしい物語だったけど、ラストは太平洋戦争の犠牲者の鎮魂という壮大なお話になり、感動しちゃったよ

『ヒトイチ』の作者は元警察官
それもバリバリの経歴で、退官時は警視庁警視殿
リアルな警察小説でした

令和元年の最後の月も楽しい本とたくさん出会えますように
posted by 元女将 at 16:30| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする