2019年11月16日

本を読むこと

わたしは子どもの頃から本を読むのが好きで、ずっと読んできているのだけど「趣味」とは言い切れないものがあります
そんな御大層なもんじゃないよ
暇つぶしかな

どうしてわたしは本を読むんだろう
それも小説がほとんどです
ためになるなら実用書の方がいいに決まってるけれど

先日久しぶりに図書館で本を選んでいると、不思議と目に飛び込んでくる本があるのです
初めて読む作家さんで名前も存じ上げなかった方
読んでいると、今のわたしの気持ちにピッタリとハマる箇所がたくさんありました
そうか、もしかして、わたしはわたしの気持ちを代弁してくれるものを探して本を読むのかもしれないな
自分の中で消化しきれない気持ちを代わって明確な言葉で表現してくれることで、とても気持ちが楽になりました
そうだよなぁ、よく言ってくれたなぁと思えました

図書館でじっくり本と向き合うのはいいな
今回出会ったのは、八木沢里志さんとほしおさなえさん
どちらもとても心に染みました

誰かに本を薦めてもらうのも大好き
自分の知らない扉を開けてもらえるような気持ちになれます

昔は、本屋さんで誰かに「あなた、この本お読みなさい!」って言ってもらいたいって思ってた
けど、実際にそんな人いたら怖いわな
今は本好きの人のブログを参考にしています
好みの似ている人のオススメは絶対に面白いので助かっています
posted by 元女将 at 19:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする