2019年09月25日

takeoff

昨夜お通夜、今日の葬儀告別式で友だちをお見送りしてきました

短かったけれど圧縮された人生でした
家族の皆さん、親戚の皆さん、たくさんの友だちが別れを惜しみました
惜しみながら、よくがんばったね、ありがとね、って思いが溢れていました

昨日はお通夜のあと、ご主人と娘さんに若かりし頃の話をたくさんしました
彼女はいつもニコニコしていたので、思い出話をするとこちらもニコニコになります

今日は火葬場に向かう車を見送ったあと、みんな泣きすぎて酸欠になり頭が痛いと言い出しました
「糖分摂ろう!」
とお店に入り、またたくさんの思い出話をしました
そのたびにみんな泣いたり笑ったり、笑ったり泣いたり
彼女を偲びながら、自分たちの青春時代も偲んじゃいました
仏さまになってわたしたちの心にすっぽり入ってくれたので、わたしたちは楽しいことをたくさんしようと決めました

太陽のようなひまわりのような人でした
笑顔と呼びかけてくれる声
一生忘れないし、いつもいつでも思い出すよ

面白い本に出合った時オススメする相手がいなくなっちゃったな
なんて寂しいんだろう

とても上手に離陸していきました
名パイロットです
いってらっしゃい!!
またいつかどこかの来世で会いましょう

posted by 元女将 at 22:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする