2019年08月12日

34年

日航ジャンボ機墜落事故から今日で34年だそうです。
前にも何度か書きましたが、ちゃんと忘れないでいるために今年も書きます。

生後5ヶ月の息子の初めてのお里帰りで、わたしは千葉から札幌の実家に来ていました。
わたしと息子はもう少しゆっくり涼しいところで過ごすことにし、仕事がある夫が先に帰って行きました。

そろそろ飛行機に乗る時間かな、と思ってテレビを見ていると速報が入りました。
始めは「地上との通信が途絶えた」という内容だった気がします
墜落現場がわかるまでかなり時間がかかった記憶があります
どんどん夜になり、新しいニュースが流れとても怖かった

もちろん夫の乗っている飛行機ではないことはわかっているのにドキドキが止まりませんでした
帰宅した夫から電話をもらった時は本当に安心しました
当時は携帯電話なんてものがなかったから

でもとても他人事には思えなかった

のちに、その飛行機は同じ日に羽田空港と千歳空港を一往復していたことを知りました
だから、本当に他人事ではなかったのです

この平穏な日々が当たり前だと思ってはいけない
絶対に忘れないように、感謝して過ごしていきたいと思います

posted by 元女将 at 15:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする