2019年07月02日

十七回忌と五十回忌

今日は父の十七回忌でした。
雨の予報だったのに、時折日がさすいいお天気です。

19070201.jpg

父方の祖母(捨子おばあちゃん)の五十回忌も合わせて行いました。
五十回忌ってすごいよね。
おばあちゃんが若くして亡くなったのと、残っている人がみんな元気なればこそ!

会場は従兄弟が働いているホテルだったので、細やかな心配りがありがたかったです。
20階です。見晴らし最高!

お坊さんが金色の龍の刺繍の袈裟で登場
素敵だったなぁ〜〜〜〜

和と中ミックスのお料理もとても美味しかったです

19070202.jpg

叔父や叔母から祖母や父の話を沢山聞きました。
昔は家に住み込みの社員(といっても少年)が何人もいたり「ねえや」と呼ばれる子守兼お手伝いさんがいたりしたそうです。
他人と一緒の生活が特別じゃなかった時代です。
なんだか江戸時代に近いなと思いましたよ。
昭和初期は江戸寄り!!

父は大学卒業後、函館近くの福島町で英語の教師をしていたのですが、わたしたちの前で英語を話すことは絶対にありませんでした。
ところがところが!
叔母が若い頃、大好きなアメリカ人の映画俳優にファンレターを出したくて、父に代筆を頼んだそうです。
するとお返事と写真が届いたそうな
すごいな!父!!
喋れなかったのはシャイだったからなのかしら?
文法はお得意だったのかな。むふふ

龍のお坊さんも「思い出すのが何よりのご供養」とおっしゃってました。
いいご供養となりました

滞りなく終了し、帰りの車に乗ると雨が降ってきました
お疲れさん、と言われているような気持ちになりました。
posted by 元女将 at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする