2019年06月20日

穴を掘ってまでも

いやいや〜〜〜〜
思わず小声になっております…

よく、穴があったら入りたいなどと言いますが、わたくしの場合は穴を掘ってでも入らなくてはなりません。
何かと申しますと、
先日、筆ペンにカートリッジが入っていない!これは由々しき事態なり!と声を高らかに申しました。
今日、別売りのカートリッジが届きまして、入れようとしたと思いねぇ(話をごまかすために落語調にしてみました)
説明を見ながら入れますよ。
「穂先を上に向けた状態でゆっくりと右に回しながら先端のステンレスボールがインク内に落ちるまで深く差し込んで云々」

よしよし、ステンレスボールとやらはインク内に落ちたようだ。あとはペンの尻尾の部分を装着して書いてみよう。
ん?ん??
尻尾が装着できないぞ?
と、尻尾部分を振ってみたところ「ぴょん」と登場。
付属のカートリッジが…
ちゃんと付いてたのですね…
見つけられなかったわたしがおバカ…

別売り3本と付属の1本、ジャンジャン書いて書きまくろう

今日は家でのんびりしておりましたら、ガラガラゴロゴロ〜〜〜とものすごい音で雷が落ちてきました
慌てて洗濯物を取り込んで、やれやれと思う間もなく、ものすごい雨
南国のスコールのようでした。
滝のようだった。
打たれればよかった…
posted by 元女将 at 19:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする