2019年05月06日

『キングダム』

まだ少々腫れの残るほっぺたをマスクで隠し見て参りました。
公開して2週間以上経つのにスゴイ客入りでありました。GWだもんね。

19050601.jpg

わたしは原作のマンガを全く読んでいないので(とにかく中国の歴史に興味が持てないのでありまして)予備知識ゼロでした。
夫が原作ファンなのでお供で付いて行ったってとこです。
ただ、マンガの実写化は失敗することが多いから心配

あらすじは映画.com様から拝借

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久のベストセラー漫画を山崎賢人主演で実写映画化。
紀元前245年、春秋戦国時代の中華西方の秦の国。戦災孤児の少年・信と漂は天下の大将軍になることを目標に掲げ、日々の剣術の鍛錬に励んでいた。
王都の大臣・昌文に召し上げられた漂が王宮へ入り、信と漂はそれぞれ別の道を歩むこととなる。


信の子ども時代が少しだけ登場するのだけど、これが大好きな大西利空くんでした。
『ぼくのおじさん』のユキオくんが本当に可愛かった!
その後もドラマで時々顔を見ると「あ、ユキオくん!」と思ってまして、今日も映画館でたぶんひとり「あ、ユキオくん!大きくなって!!」と感無量でありました。変態じゃありません、孫を見るような温かい眼差しです!ホントですって。

映画は普通に楽しめました。
歴史モノというよりアクション映画でした。
美しい俳優さん女優さんが、その美しさを全開してて眼福。
原作ファン(=夫)には少々物足りなかった模様です。

原作は現在54巻まで出ているので、今回の映画はほんの序章。
だってたったの5巻分らしい

続編が上映されたらまた観に行くと思います。
マンガの実写化で日本映画なのにもかかわらず全然チャッチクなかったよ

今朝は早よから嬉しいニュースが

19050602.jpg
林遣都くんおめでとうございます
意外にも個人のタイトルは『バッテリー』以来とか。
本当によかったよかった。
映画、楽しみだなぁ
来月映画館に行ったら予告流れるかも。
不意打ちだと妙な声出しちゃうかも
posted by 元女将 at 17:46| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする