2018年11月10日

『ルーベンス展ーバロックの誕生』

2日目は飛行機の時間があるので余裕をもたせい!だから、1日目のうちに見れるだけ見よう!ということになりました。
休憩も食事もなしで見る!
もはや修行のようだ。

というわけで、
1日目ラストは『ルーベンス展ーバロックの誕生』です。
場所は国立西洋美術館。

18111001.jpg
大看板がライトアップされていて美しい

ムンク展と違って並ばずに入れました。
わたしの注目ポイントは
「8人の子どもがいたというルーベンスさんが描く子どもの絵が楽しみ。宮廷などから注文を受けて描いた絵とは違うのか?ドラマの場面のように躍動感があるという宗教画や歴史画、わたしにそのドラマが感じられるのか?」です。

ルーベンスといえば、なんたって「フランダースの犬」のネロが憧れ続けた「アントワープ聖母大聖堂祭壇画」
さすがに剥がして持っては来れないので、4K大画面で再現。
椅子に座ってゆっくりと見ることができました。

けど、結局、宗教画ってキリスト教がわからない身には迫力は感じられても感動はできないのでした。
ほーーーーすごいなーーーー
400年近く昔の絵がここまで美しく保存されてるのはびっくりだなーーーー
以上です

子どもの絵は本当に可愛らしかったです。
さすが8人の子持ち!!

国立西洋美術館は常設展の充実っぷりがすごいのです。
ものすごく広い館内にものすごい量の芸術品。
わたしですら知っている人たちのものがたっくさん。
ピカソ、モネ、ルノワール、ミレー、ロダン、なんでもこい!!って感じだよ。

前回行った時も見た覚えがあるのだけど、新収蔵と書いてあるものもありました。
新しいのも以前からあるのも覚えていないので、お得っちゃお得かな。
閉館時間の20時ギリギリまで見ていました。

『ルーベンス展』の音声ガイドは長澤まさみちゃん。
とても個性的な声なので、声を聞くと顔が浮かんできてしまいます。
音声ガイドは個性がないほうがいいかもな。

『プラド美術館展』で音声ガイドを担当したミッチーのことが急に心配になりました。
とっくに終わってるけどね。

ホテルに帰る途中の居酒屋で食事をしました。
お酒を飲めないと思いこんでいた友だちが結構イケる口だったのがビックリ!!
クラス会とかでも飲んでるのを見た記憶がないんだけどなぁ〜〜
というわけで、わたしも思う存分ビールを飲んで1日目終了。
楽しかった
posted by 元女将 at 16:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする