2018年11月05日

とーけんの人

聞こうと思ったわけではないのです!
盗み聞きじゃない!!
でも聞こえてきちゃったんだよ、しかたがない。

男子高校生の会話
「これからどっか行く?」
「おれ、明日とーけんだから帰るわ」
「そっか」

中学校で一緒だったけど高校でバラバラになったのかな、という高校生二人です。
わたしは「とーけん」という単語に引っ掛かり、なんじゃ?なんじゃ?刀剣??となったのだけど、聞いてた相手は「そっか」
当たり前の単語なのかな?
そこで気になって、耳をダンボにしてしまった(やっぱ盗み聞き)

「監督がさ「今年からボンズ止める」とか言い出したけど、俺ら3年だからもう部活卒業して髪伸ばしてるんだよね」

ふむふむ。
この少年は野球部なんだな。

「もうさ、俺の2年間返せ!と思うよ」

ボンズじゃモテなかったかな。

「髪伸ばすの?」
「うちの学校髪型に厳しくて、毎月とーけんあるから無理」

とーけん…
頭髪検査かっ

「それも、ちゃんと規則があるわけじゃなくて先生の目のさじ加減(と言った。高校生渋い)で決まるから、機嫌悪い日は最悪」
「ダメとなったらすぐ切りに行かされるし、次の日もダメならまた行かされる」

っていうか、わたしの中学時代は先生がバリカン持ってスタンバイしてたよね。
今なら人権侵害で訴えられちゃうレベル。

「この前友達がダメだったんだけど、次の日はオッケーだった。切らなかったのに。」
「えーーー先生機嫌よかったんだ」
「機嫌よかったんだよ」

「だから、毎月とーけんの前の日、みんな床屋行く。俺も家帰ってかーちゃんに金もらって行く。」

行って来い!行って来い!コレも青春の思い出だよ。

「今まではボンズだったから顔パスだったけどな」

それは顔パスとは言わないかも。

いいなぁ〜〜〜
若いってすばらしい
posted by 元女将 at 20:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする