2018年09月03日

ポンコツ

2年前も同じ書類をとったのにすっかり忘れ、お役所の窓口でダメ出しされて一度帰宅して書類を作り直しもう一度行きました。
事前に必要書類を確認すればなんの問題もなかったことです。

まったくポンコツです。
「前に同じ書類をとった」
ってことしか覚えてない。
だから、ぼーーーっと行って、ダメ出しされて
「そういえばそうだったかも」
と思う。
はぁ〜〜〜〜〜

まぁ、無駄足を踏んだとは言え、余分に交通費がかかったとは言え、もらえたからいいんですけどね。

お役所の窓口で、苦労した書類をもらい
「お世話様でしたぁ〜〜」
って言ったら
「どういたしまして」
と答えてくださいました。
お役所の窓口でそんな返事がもらえると思わなかったので、思わず振り返ってしまいました。
挨拶、大事!!
その一言でとても気持ちが良くなります。

昨日の「天声人語」で精神科医の宮地尚子さんのエッセーを紹介していました。
(以下抜粋)

日記に、その日の良かったことを三つ、簡単にメモする。
悪かったことはあえて書かない。
どれほど嫌なことがあったとしても。
そんな日記をつけて宮地さんが見えてきたのは「いいことはたくさん起きているのに、それらを当たり前のように受けとめて、じゅうぶん味わっていなかったなあということ」
なぜうまくいかないのかと不満を持ち、反省することに多くの時間とエネルギーを費やしていたことも分かったという。

確かになぁ。
今日の「どういたしまして」もメモするな(日記つけてないけど)
このブログが日記がわりだからいいか。
今日のあと2つは
友だちがブログの感想をメールで送ってくれたこと
友だちが無事に引っ越しが終わったという知らせをくれたこと
人とのご縁ってかけがえのないものだと思います。
ポンコツだって、にんげんだもの
posted by 元女将 at 22:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする