2018年07月15日

『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』

久しぶりの映画でした。
こういうのは映画館で観なくちゃね!

18071501.jpg

あらすじは映画.com様より拝借
「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」に続く「スター・ウォーズ」シリーズの知られざる物語を明らかにするアナザーストーリー第2弾で、ハリソン・フォードが演じたシリーズ屈指の人気キャラクター、ハン・ソロの若き日の姿を描くSFアドベンチャー。
シリーズ第1作「スター・ウォーズ 新たなる希望」でルークやレイアと出会う前のハン・ソロが、アウトローながら内に秘めた正義感で数々の試練に立ち向かっていく姿を描く。
若き日のハン・ソロに扮したのは、「ヘイル、シーザー!」で注目された新星オールデン・エアエンライク。
同じく若き日の悪友ランド・カルリジアンをドナルド・グローバーが演じ、エミリア・クラーク、ウッディ・ハレルソンらが共演。
ハン・ソロの無二の相棒となるチューバッカも登場する。


宇宙西部劇という触れ込みでしたが、その通りでした。
若きハン・ソロは確かにハリソン・フォードのイメージがあり、昔々観たスター・ウォーズの1作目(全体でいうとエピソード4ってことになるのかな)でかっこよく登場したハン・ソロを思い出しました。

若い頃は映画をあまり観なかったので、ハリソン・フォードも知りませんでした。
それだけに強烈な印象でした。
主人公のルークの印象が弱すぎるってこともあるかも。

スター・ウォーズ大好きなミッチーが吹替版ではカメオ出演しているらしいけど、どうしても吹替版は苦手なので字幕版で観ました。
ミッチーは試写会のゲストで呼ばれ、チューバッカと熱い抱擁をしていたよ。
誰の声だったんだろうね?

映画の間中、わたしは後ろのお子ちゃまにずっと椅子を蹴られていたので落ち着かなかったです。
お子ちゃまは吹き替えで見ればいいのに!と言うと、夫が「外国人の子どもだったよ」と。
むむむ。
じゃーしゃーないかーーーー
でも、落ち着かなかったのだよ…

それとさーーー
ヒロインのキーラなーーーー
どうしても可愛いとかカッコいいとか切ないとか美しいとか、思えないのでございましたよ。
おばちゃんぽいっていうかなーーーー
突然早坂好恵思い出しちゃったわよ。

昔、レイア姫始めてみた時も「え?」って思ったんだよね。
製作者側とわたしの女性の好みが違ったってことで。

と言いながらも、ハン・ソロ第二弾があったら観に行くでしょう(予言)
posted by 元女将 at 20:57| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする