2018年04月04日

『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』

ひぃ〜〜〜〜!!
全4巻読み終わりました。
18040401.jpg
なんだか、無事に唐の国より戻って参りました!!て感じっす。

あらすじを載せたいのだけど、ひとことでは言えない。

主人公は空海。
遣唐使として入唐してからたった1年のお話です。
その間に超ものすごい出来事に巻き込まれ、唐の皇帝も2人死んじゃうし、その根底にあるのが50年以上に死んじゃった楊貴妃だったりして、ホント大変でしたね、空海、というお話です。
わからないですね、こんな説明。
申し訳ないです。

中国史に詳しければもっともっと面白く読めなのかもしれません。
でも、中国史に疎いわたしでも面白く読めました。
さっすが夢枕獏先生です!

映画のサイトを見ました。
うん。
全く違うお話なんですね。
WOWOWで放送されたら見ると思います。
絢爛豪華なセットが見どころだそうです。
確かに読みながらも庶民のわたしには想像できない世界でしたもんね。

小説は、ストーリー全体も面白かったのですが、空海と速勢(空海の相棒役)が「空」について深く語り合っているところが印象深かったです。
その前に「般若心経」についての空海の見方が示され、わたしはとても興味を持ちました。
と、いうのも、実家は曹洞宗でありまして、毎月お坊さんが般若心経を唱えてくださいます。
すすすと聞き流していたお経にそんな深い意味があったとはね(そりゃあるだろうね)

そうなのか〜〜〜〜とうなりましたですよ。
けど、そもそも「空」とはなんじゃ?
と思っていると、物語の中で、空海と速勢が問答を始めます。
わたしは速勢になった気持ちでその場にいます(妄想)
結局わからなかったけど、そんなやり取りが面白かったのであります。

この小説を書き上げるのに足掛け18年かかったそうです。
掲載誌も4回変わったそうです。
お疲れ様でした!!
この数日、わたしは唐の世界で生きていた気がします。
めっちゃ平成の日本で、家事に追われつつですけどっ!!
posted by 元女将 at 23:48| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする