2018年04月01日

3月に読んだ本

いやぁ〜〜寒い一日でした〜〜〜
今日から4月、新年度ですってよ。
頑張りましょう、わたし。

というわけで、3月に読んだ本は

晴れの日には 藍千堂菓子噺2 田牧大和
風信子の家 神代教授の日常と謎(再読) 篠田真由美
青森ドロップキッカーズ 森沢明夫
踊れぬ天使 佳代のキッチン3 原宏一
黄昏に佇む君は(再読) 篠田真由美
桜の園 神代教授の日常と謎(再読) 篠田真由美
ギフト 日明恩
イーヨくんの結婚生活 大山淳子
神々の遺品 今野敏
海に消えた神々 今野敏
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一 夢枕獏
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二 夢枕獏
12冊

再読も多いですが、まったく記憶がないのです。
すべてとても新鮮に読みました
記憶がなくなるのもお得なコトがあるんだぜ(悲しい)

『沙門空海』については4巻全部読んでからのことですね。
3巻目に突入しましたよ!

3月はいろいろなタイプの本を読みました。
『神々の遺品』『海に消えた神々』は義弟からもらった本です。
自分じゃ買わないジャンルなだけに、とても面白く読みました。
特に『海に消えた神々』は舞台が沖縄だったこともあり、一気に読めました。
沖縄にはどんな不思議なことがあってもそうかもね、と思える土壌があるのです。
主人公の石神はハードボイルドタッチでいい感じ。
わたし、頑張ってハードボイルドしてる主人公に大変好感を持っておりますの。
っていうか、この日本でハードボイルドを気取っている主人公って「努力」だよね。

『ギフト』もいいお話でした。
日明恩さんの作品は大好きです。
エンディングが絶対に不孝じゃないって本当に大事です。
安心して読めます。

18040101.jpg

本の紹介は出版社のサイトから
退職した元刑事の新しい相棒は、“死者”が見えてしまう少年! 孤独であることを自らに科してきた二人が、死者たちの謎を解き明かす。『それでも、警官は微笑う』『鎮火報』『ロード&ゴー』の著者が贈る、ハートウォーミング・ミステリー。

読んだ本をどんどん忘れるのはどうなんだろうと思うけど、新鮮に読めるならいいかな。
こうして加齢による記憶障害を受け入れていこう…
posted by 元女将 at 21:20| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする