2018年03月14日

『夜は短し歩けよ乙女』

先日の日本アカデミー賞で最優秀アニメーション作品賞を受賞した作品です。
WOWOWで放送されると知ったので、その前に原作を読みました。

18031401.jpg
森見登美彦作品は初読みです。
あらすじは出版社のサイトから
「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、京都のいたるところで彼女の姿を追い求めた。二人を待ち受ける珍事件の数々、そして運命の大転回とは?

そうなのです。
この物語、あらすじは書けないのです。
なぜかというと、お話というか筋を楽しむというより、その世界観に入り込み雰囲気を味わうものだから。
不思議な人々が次々と登場し、数々の事件が起こります。
読まなければ始まりません。
スポッと世界に入り込んで一緒に夜の京都をさまよい歩く気分です。

が。
残念ながら、ロマンチック成分が足りない私はスポッと世界に入り込めなかったのでした。
楽しそうなのはわかる、でも、どうやって楽しんだらいいのかわからない、って感じかな。

次に、映画を見ました。

18031402.jpg

おお!原作の世界観がそのまま!!
頭の中で想像していた李白さんの3階建て電車とか、ゲリラ演劇とかがちゃんと実在(アニメだけど)しているのはとても楽しい!
「どうやって楽しんだらいいのかわからない」わたしに「これでどうですか?」と教えてくれているようです。
先輩の声が星野源でとても合っていました。
星野源って多才だわ。
posted by 元女将 at 14:25| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする