2018年03月04日

BEGINコンサート

なぜかいつも冬に来るBEGINのコンサートに、母と叔母と夫、私の4人で行って来ました。
珍しくわくわくホリデーホールです。

18030401.jpg

二部に分かれていて、一部前半はメンバー3人だけで。
「涙そうそう」からスタートし、私の好きな曲がたくさん演奏されました。
「愛が走る」「Birthday Song」「声のお守りください」「海の声」
よかった〜〜〜
一部後半はドラムとベース(この方は笛も担当)が入り、音に厚みが出ました。
二人増えただけで俄然バンドっぽくなります。
「三線の花」はいつ聞いてもグッときます
本当にいい歌です!

休憩を挟み、二部はブラジルの音楽をBEGINがアレンジしたマルシャショーラのリズムに乗ったメドレーです。
「マルシャ」とはポルトガル語でマーチ(行進)のことで、100年前、サンバより前にブラジル で日系移民の方が聞いてたブラジル音楽のジャンルの1つ。
「ショーラ」は沖縄の言葉で「しましょう」
数年前からブラジルで日系人の方のための活動を熱心にしているBEGINです。
きっとこのリズムに乗せた日本の歌謡曲はとっても喜ばれるのだと思います。
もちろんわたしも楽しかった
みんな立ち上がって足踏みしながらリズムをとります。
いい運動になりました

アンコールは事前のアンケートに答える選曲でした。
これまた大好きな「ミーファイユー」
他の会場ではアンケートの上位にこなかったという「風(かじ)よ」も迫力がありました。

そうそう。
「ミーファイユー」を歌う前のMCがよかったな。
石垣島(ボーカルの栄昇は石垣在住)には大学や専門学校がないので高校を卒業して地元に就職する子以外は島から出ることになるそうです。
栄昇の息子さんも高校卒業だったそう(はやっ!!)
卒業式が終わり、卒業パーティが終わるともうお別れなんだけど
「ありがとう」とか「さようなら」とか「また会おうな」とか
そんな言葉は一切なしで、また明日も普通に会うように
「おう!」と手を挙げて、それが別れの挨拶。
それを見て、栄昇は胸がキューーンとなったって。
いいなぁ。
「ミーファイユー」は八重山の方言で「ありがとう」です。
ラストは「島人ぬ宝」
とってもいいコンサートでした。
ミーファイユー
posted by 元女将 at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする