2017年10月16日

引きこもり余波

引きこもってPCで買い物をしたら、今日あちこちから宅配便が到着。
ホント、ゆうパックさんありがとうございます

17101601.jpg
3件ともゆうパックでした。
いろんな勢力図が見えるなぁ…

先日、買い物から帰ってきたら玄関で宅配業者の方に「〇〇さん!!」と呼びかけられました。
頻繁にいらっしゃる方とはすっかり顔見知りで違う場所で会っても「こんにちは〜〜」なんて挨拶するのですが、声をかけてくださった方はたまにいらっしゃる方でした。
すごいな。
「○〇さん?」じゃなくて「〇〇さん!指定時間よりずいぶん早いですけどいいですか?」でしたからね。

わ、わたしだって、昔々お勤めしてた頃は、お客様の会社名役職名お名前も顔を見れば瞬時に出てきたり、電話番号はすらっすら出てきたりしたもんですよ(昔はいちいち番号を押していたんですよ。押してたよね?回してた??)
私の記憶の黄金時代ですよ
それがいまや・・・

じゃなくて、宅配業者の方が私の顔を見て、自信を持ってキッパリ名前を呼んだのにびっくりしたって話だったわ。
プロはすごいっすね。
誰に見られているかわからないから、外でもあんまりブスッとしないで歩くようにしよう。
かと言って、ニヤニヤしてたら危ないけど。
歌いながら歩くなんてもってのほかだよね(よくやってる)

ま、ま、そんな宅配業者の方のおかげさまで私の本箱も大変充実したしました。

17101602.jpg
これから読む本がたんまりある幸せ

『プリズンホテル』なぜか1巻目だけがないので買いました。
昔、夫に貸したら行方不明になったのだった。
文庫より単行本の方が安かったので単行本にしました。
どんな仕組みなんだ?
posted by 元女将 at 21:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

『陸王』

ドラマ化が決まってからずっと楽しみにしていました。
ついに本日から放送開始

17101501.jpg

社長役が役所広司か、風格ありすぎじゃないのかぁ?ちょっと年取ってないかぁ?と思っていたんだけど(大学生と高校生のパパだからね)さすが名優です。
ちゃんと町工場の社長風になっていました。

『半沢直樹』の枠だったから心配はしていなかったけれど、しっかり原作に沿って丁寧に作られていました。
なんせ原作読んでそんなに時間が過ぎてないからチェック厳しいです、私。
自分でぼんやりイメージしながら読んでいた足袋工場の感じとか、ランニングシューズの感じとかが映像ではっきりくっきりするのが面白いです。

個人的な好みですが、とてもとてもおいしい役の銀行員の坂本くんが風間俊介くんだったのがちょっと…
ま、彼が私の好みじゃないってだけの話です。
もうちょっと歯を見せないでしゃべってくださるといいのですがね。

あと、唐突に歌入りの「Jupiter」が流れたのもなんだかね。
ほれほれ、ここ感動するところ!!って言われてるようでね。
どっちにしても些細なことです。

阿川佐和子も上手でした。
そうそう、息子の大地くんが原作よりずっと好青年でよかったです。
原作の大地は読んでいてイライラさせられるキャラだったのでした。

あ〜〜〜来週も楽しみ
と思っていたら、来週は選挙特番でお休みでした。

今週はあちこちから「なんとか党のなんとかをお願いしま〜〜す」で騒がしい1週間になりますね。
posted by 元女将 at 23:24| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

小二男子的怪我

ふと上を見たら、エアコンのコードの上に埃がたっぷり
あちゃーーーー
気が付いたからには拭かねばならぬよな

パイプ椅子に乗り、コードを拭き、エアコンを拭き、カーテンレールを拭いていたら、落ちた
なにせ、パイプ椅子なもんでバランスが崩れたらしく、椅子ごと倒れた感じです。

いででででで

お年頃なので、骨の異常を確かめます。
うむ、どこも折れてはいない(ほっ)

けど、左腕がズキンズキンと痛いです。
お〜〜〜〜〜
見事な擦り傷
お風呂に入るとお湯がしみて飛び上がるほど痛かったです。
半袖だと風がしみるし、長袖だと生地が当たって痛いです。
悲しい。

念のため、整骨院で全身をチェックしてもらいました。(擦り傷以外は異常なし)
「どうしてパイプ椅子になんか乗るんですか!!」と言われたので
「ウチには回る椅子とパイプ椅子しかないんです…」と申しましたら
「ううう、じゃ、パイプ椅子が正解ですが、脚立とか買ってください!」と。
母のところにあるので、今度高いところの用事をするときは借ります。
でも、ちょっとだからとついついやっちゃうんだよなあ〜〜〜

もうこれは小学二年生男子がふざけすぎて作ったような擦り傷です。
なかなかの派手さです。
やんちゃか

とは言っても、腕がヒリヒリズキズキするだけなので、おばさんぽで気分転換。

17101401.jpg
だって、こんなに気持ちのいい青空だよ
と調子に乗っていたら
歩き過ぎて腰が痛いよ、やれやれ…
よぼよぼか
posted by 元女将 at 22:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

あとひき豆

生の落花生をいただきました

17101301.jpg

「ザ!鉄腕!DASH!!」の0円食堂のコーナーで、たまたま生の落花生のことを見たばかりだったのでビックリ!
早速説明書きの通り茹でようと思います。
「沸騰した水に塩を入れる。」
「塩は水に対して約4%」
「水洗いした落花生を入れ、約30分煮る」

水は鍋にたっぷり2リットル!
う。
2リットルに対して4%の塩ってどのくらいだ?
小学校の算数を思い出して80ccの塩を投入!
合ってるか???
すんごい量だけど…
30分落し蓋をして煮ます。

ん?
「煮る」と「茹でる」の違いってなんだろ?
私的にはこの調理用は「茹でる」なんだけど。

30分経過〜〜
出来上がり〜〜〜
17101302.jpg
ほっかほか

早速割ってみました。
17101303.jpg
おお!豆が白い!
甘いです
ホクホクしていておいものよう。

「この塩ゆで落花生は「あとひき豆」と言われるくらい美味しく、お酒のおつまみに最適です。」
だってさ。
あら。塩ゆでって書いてるね。

落花生といえば茨城とか千葉、番組でやっていたのは富士宮でした。
でも、今回いただいたのは、なんと北海道産です。それも江別産。
春日農場というところで、ブルーベリーやさつまいもも作っているようですが、HPがないんだね。
通販もしてないのかな。
posted by 元女将 at 23:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

小市民的知恵

先日クリップで留めて絞り出しやすくしたチューブですが、プラ容器のはある程度絞ったらカットして麺棒で掬い取って使います。
カットしたところが乾かないようにカットした部分で蓋を作ります。

おチビちゃんの出来上がり

17101201.jpg
右が本来の大きさ
なぬ?
貧乏くさい?
いいんです!!

それはそうと、
今日はあまりの寒さに近所のスーパーだけ行って引きこもり状態。
ヒマなのでPCであちこち見てるうちに、久しぶりに古本のサイトで大量購入しちゃった。
引きこもり、危険です!!

そういや、今日の新聞に
「出版社・文芸春秋の社長が、文庫本の図書館での貸し出し中止を要請」って出てたな。
「図書館での貸し出し数の4分の1を文庫が占める地域などがあり、市場縮小の要因の1つになっているとして、「文庫は自分で買う」という空気をつくり出すことが重要だと訴えている」そうです。

新潮社の社長も以前
「文庫は、安くすることでより多くの人に読んでもらい著者に還元し、明日の出版につなげていくための原資を得るものとして開発された商品だとして、その文庫が図書館で充実し多く貸出されているのは切ない」と言ったとか。

わかる!
本売れない時代だもんね。
でも、文庫本でも結構なお値段なんだよなあ。
ちょっと厚いと800円以上するもんな。

作家さんには本当に申し訳ないけど、私も図書館で借りたり(文庫本は持ち帰るのに軽いから助かる)、買うのはネットの古本屋さんで古本は著者に印税入らないというし。
ほんと、申し訳ない!!
でも、1710円の本が198円だったりすると買っちゃうよね…
って、買っちゃったよ。10冊も!!てへへ。
posted by 元女将 at 18:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

誉田間違い

先日図書館に行った時に
「お、誉田哲也の時代ものだ、読んでないや。借りよう!」
と借りてきて読み始めると、なんだか雰囲気が違う。
よく見ると、
誉田哲也ではなく「誉田龍一」という作家さんのものでした。
誉田という苗字が珍しいのと先入観で全く疑問に思わず借りたのでした。

17101101.jpg
江戸は本所で起こる七不思議に関係する事件を解決するのは、御家人の次男坊仁杉潤之助、同じく御家人の次男坊の榎本釜次郎、釜次郎の剣術仲間今井君、噺家の卵の次郎吉です。

釜次郎は実は後の榎本武揚、今井君は今井信郎、次郎吉は三遊亭圓朝です。
それを明かした後「ただ、潤之助のその後については定かではない」と続きます。
章ごとにゲストが登場し、すべて上記のパターンで終わります。
ゲストは、前島密だったり、佐久間象山だったりと幕末の大物です。
頭の中で「ただ、〇〇のその後については定かではない」が芥川隆行か馬場雅夫の声で聞こえてきます。

誉田龍一さんはこれがデビュー作で、この後、バリバリ書いていらっしゃいます。
全く存じ上げず失礼いたしました
シリーズ化されているものも多いようなので、他のも読んでみたいです。

図書館で本を借りるとこういう出会いがあるから楽しいのです。
未知の作家さんと出会えるのはこの上ない喜びです

それはそうと、
収穫の秋、ということで、農家の友だちからキタアカリ届きました

17101102.jpg
早速、肉じゃがに
ホックホクで美味しかった〜〜〜

もう羊蹄山の半分まで雪が来ているとかで、大急ぎでジャガイモの収穫をしているそうです。
ありがとうございます
明日はシンプルに塩茹でにバターだな
posted by 元女将 at 22:42| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

大切な日

今日はとってもとっても若くして交通事故で亡くなってしまった叔母の命日なので、美人だった叔母にちなんでバラを飾ってみました。

17101002.jpg
仏前に棘のあるバラはダメという話も聞くけれど、仏壇の中にお供えするわけではないし、棘もちゃんと始末してあるし、第一、とてもこのピンクのバラは叔母のイメージなのでいいのです

息子が叔母の亡くなった年をすっかり超えて、もうちょっとで姪っ子がその年に追いつきます。
こんなに若かったんだ、と思うと、叔母の無念はもちろん、母である祖母のいよちゃんや姉妹たちの嘆き悲しみは大きかったのは当然です。

今、私にできるのは、今日この日に叔母を思い出して感謝をすること。
とっくに生まれ変わって、なかなかのギャルになっているかもしれないけどね。

それはそうと、
(それはそうと、でつなげて書くのもちょっと無理が出てきたぜ。行けるとこまで行くぜ)
残り少なくなった化粧品、最近アルミチューブのものが多くなったのでこんな風にしてみたよ。

17101001.jpg
指力が弱くなってきて、絞り出すとかが苦手に。
クリップで留めたら力いらずですわ、おほほほ
posted by 元女将 at 23:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

今日がラストチャンスだったのか

毎年体育の日のあたりに窓ふきをします。
冬の準備です

晴れていて、暖かく、その後できれば3〜4日は雨が降らない時を狙います。
が、毎年、次の日には雨降るよね
夫が洗車したら、どんなに晴れるという天気予報が出ていても雨が降るという呪いの余波かもだ。
悲しい

今日はとてもポッカポカで窓ふき日和でした。
でも、祝日なので、ちょっと落ち着かないので持ち越すことに。

しかーーーーし
金曜日までずっと雨
金曜日晴れるけど寒そうだなぁ。
とすると、17日火曜日まで延期だ(未来過ぎてホントに晴れるかどうかも謎だ)

あ〜〜〜ん
今日が気持ちよく窓ふきできるラストチャンスだったのかしら。
ま、
窓汚くても誰も困らないもんね(開き直り)
たださぁ〜
雨降っているか確認したくてもよくわかんないんだよね。汚れで外が見えない

それはそうと、
今日は体育の日でしたので、朝から体操の白井健三くんや村上茉愛さんを見て感動し、カーニバルオンアイスで久々の高橋大輔さんや町田樹さんの演技を見て興奮

本来の体育の日は東京オリンピックの開会式を記念して10月10日だったんだよね。
この季節にオリンピックはいいよね
けど、2020年は開会式が7月24日
灼熱地獄

体育の日を移動させて、開会式の日を祝日にするとか
山の日と海の日と体育の日を移動させて、開会式の前日当日閉会式の日を祝日にするとか
いろいろ言われていますが、どうなるんでしょうね?
大幅な交通規制が必要だという理由があるのだから休みにするのは別にいいけど、祝日を移動させるってなんか違和感ありありですわな。
posted by 元女将 at 16:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

お守り

もう45年もずっと付き合ってくれている友だちが版画展を見に来てくれたので、一緒にランチをしました。
今日は財布をちゃんと持ったことをしっかり確認したよ

鍋焼き担々麵を食べ、その後ソフトクリームも食べました
クールダウン

17100801.jpg

彼女は母上の一周忌を先日無事に済ませたあと、母上のお家の片付けを始めたそうです。
ご両親は仏壇店を経営されていました。
お父さんが仏壇を作ったり修理したりする仕事をし、お母さんが配達をしたり、ご主人のお手伝いをしたり、小物を作ったりしていたそうです。
荷物を整理していたら、当時お店で売っていた母上お手製のお念珠が見つかったんだって。
本物の小粒真珠に糸が通せるように穴をあけてもらって作ったお念珠です。

17100802.jpg
形見分けにいただきました。
手にとったら、なんともいえない温かさを感じました。
大事にします。
お守りにします。
ありがとうございます

「作り方教えてもらっておけばよかった」
と友だちがつぶやきました。
うん…

その彼女の息子のお店でおせちを売り出します。
毎年売っているのだけど、今年はデパートやスーパーと連携して大々的に展開します。

17100803.jpg
こういうカタログ初めてじっくり見ましたよ。

17100804.jpg
これがそのお店のものです。
見ていくうちに金銭感覚がおかしくなり、しまいには「25000円?わりと安いね」なんて言っちゃいます。
もちろん買いませんけど(すまぬ)見ているだけでお腹いっぱい。
それはそうと、
お正月がグッと近づいた感
posted by 元女将 at 23:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

ドラマ『プリズンホテル』

かなり以前に、夢中になり、繰り返し読んだ浅田次郎さんの小説がドラマになりました。
過去にもドラマ化されているのだけど、ホントどうしようもないひねくれモノで甘ったれの主人公(任侠小説の作家の木戸孝之介)の設定が女性になっていて、それが松本明子で、まったく別のお話になっていたので驚いて1話で断念した記憶があります。
今回はBSジャパンでの放送。
主人公は作家ではなく、支配人になっているようですね。
ココリコ田中です。
とてもあっています!

とはいえ、ストーリーのほとんどを忘れています。
全4巻なので急いで読み直してみようかな。

夢中で読んでいた時は、妹と勝手にキャスティングして遊んでいました。
最後まで決まらなかった主人公の作家はダウンタウンの松本人志に決めました。
今回はその役が吹越満で、これもとてもあっていました。

今日の放送を見てたら、出てくる人がほとんど任侠の人で、拳銃で撃ち殺しちゃうシーンもあって、うむむ、これは今の地上波じゃ無理だわ〜〜〜と思ったよ。

今、朝日新聞で浅田次郎のインタビュー連載をしているのだけど、アサジロ先生は今も過去の作品を読み返しているそうです。
過去の自分に負けないため、なんだって。
気になるところがあっても絶対に直さないと決めているんだって。
最近『プリズンホテル』の一節を読み返したそうで「あんなギャグはもう書けない」なんておっしゃっていました。

私のこの小説のイメージは、木戸孝之介の深い悲しみとそこからの立ち直り、なので、ギャグ??と思ったわ。
やっぱり読み直す必要ありだ。
ドラマで主人公が支配人になってるってことは、ストーリーも変わるのかな?

ま、小説とドラマは別物と考えなくちゃ、とはいつも思っているんだけどね。
なかなかね。

17100701.jpg
放送は毎週土曜日21時からですが、来週土曜日のお昼12時半から再放送があるようです。

とにかく今期は面白そうなドラマが目白押しで、ワクワクします〜〜〜
というわけで、ブログカテゴリに「テレビ」を追加しちゃいましたよ。

それはそうと、
書いた文章がすべて消えていて、書き直しになって哀しい
posted by 元女将 at 22:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする