2018年01月20日

明日から

10日間の天気予報を見たところ、もうずっ〜〜と氷点下。
ついに極寒の季節到来です。
年末年始にかけて暖冬だったからキツイわ〜〜〜

今日はまだ1度だっていうから買い物に出かけたら、風がビュービュー吹いてきて寒いのなんの!!
すごすごと近所のスーパーだけ行って帰って来ました。

そんな中、夫が風邪を引きました。
うつらないように気を付けなければ。
だって、私が寝込んでも私には看病できないもんね。
コピーロボットでもあれば(パーマンですよ)

あれあれ?
ちょっと喉が痛い気がしてきた!
大変!大変!!
今日は一層念入りにアルコール消毒をしなくてはっ!!
posted by 元女将 at 18:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

1月期ドラマ

昨日のキムタクドラマで大体出揃った感がありますね。
全く期待してなかったけど割と見てます(主に録画ですが)

月曜日「海月姫」
これはライブで見ました。
けど!!もう5分に一回コマーシャルが入るのさ。
イライラしてしまうので次回からは録画です。
スポンサーさん、5分に一回はダメっす!!
20分本編5分コマーシャルの方がよっぽど印象がいいっす。
トイレにも行けるしね。

映画の能年さん×菅田将暉くんは最強の組み合わせだったけど
ドラマの芳根京子ちゃん×瀬戸康史くんもなかなかです。
楽しみに見ます(録画で)

火曜日「FINAL CUT」
亀梨君による亀梨君のためのドラマですな。
Hey! Say! JUMPの高木君が大人になっていてビックリ。
ちょっと草g君の「嘘の戦争」を思い出しますが、復讐物は面白いです。

水曜日は特になくて木曜日は
「BG〜身辺警護人」ザ・キムタクドラマ。
むむう。
上川さんに斎藤工君、菜々緒に江口洋介と好きな俳優さんがたくさん出ているのに残念感満載。
キムタクが走り、にやりと笑う、むむう。しかしまだ鼻はすすっとらん。キムタク好きにはたまらんでしょう。

金曜日「アンナチュラル」
石原さとみちゃんが法医解剖医。
とにかくよくできたストーリー。
市川実日子との掛け合いも楽しいです。
私の中の超名作「きらきらひかる」を思い出します。
文句なくこれが今期のベスト

全く同じ時間帯で「女子的生活」
坂木司の小説が原作です。
この本は去年の7月に図書館で予約してまだ順番が回ってきません。
志尊淳くんが中身が女の子の役です。身体はまだ男の子のままだけど、外見はすっかり女の子。けど、すべて受け入れてくれる職場で元気はつらつで働いています。
とってもかわいいけど、女装するとむしろ男っぽさが出てきちゃうのね。
あら?志尊淳君って錦戸亮に似てる、と思ってしまったよ。
今期女装対決は瀬戸康史君に軍配ですな。
ちなみにこれは再放送を録画しております(再放送ありがとうございます!)

土曜日「もみ消して冬〜我が家の問題なかったことに〜」
あまり期待してはなかったのだけど、その期待にも及ばずでしたね。
昔々テレビドラマ時代のスパイ大作戦みたいな感じかなと予想していたんだけど全然でした。
だって、お父さんの情事写真のデータを消すのに海に投げ捨てるとかどうよ?
これは申し訳ないけど1話限りです。

日曜日「99・9―刑事専門弁護士」
ライブで見ました。
私はシーズン1も見ていたのであのノリに慣れていたけれど一緒に見ていた夫にはどう映ったのでしょう?

というわけで、思いがけず結構見てる(録画してる)
でも「アンナチュラル」以外は見ても見なくてもいいかな。わはは。
posted by 元女将 at 21:56| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

せっかくのピカピカが!

昨日は業者の方にレンジフードの掃除をしてもらいました。
一度頼むともう自分じゃできなくなります。
全部分解してひとつひとつピッカピカにしてくれるのです

そんなにきれいにしてもらったのに、昨夜は真ガレイの唐揚げ。
油がはねる!はねる!!
悲しい

今日は去年の医療費の計算や年賀状の整理をしました。
お年玉付き年賀状の当選番号のチェックも!!
あれ〜〜〜?
前はもうちょっといろんな賞品あった気がするんだけどなぁ。
あっても当たらないから同じだけどさ。
今回は切手シート1枚当たりました。

年賀状は住所に変更がないかチェックして、私宛、夫宛、二人宛毎に五十音順に並べてしまいます。
で、去年の分は破棄します。

ついでに本箱の中から発掘された読んでない本のリストも作りました。
これさえあれば、図書館でうっかり持っている本を借りたり、古本屋さんで買っちゃったりするのを防げます。持っている本を覚えられない。読んだかどうかもわからない(記録を見て「読んだのか」と思うのであります。内容はもちろん覚えていないのであります。)

長時間パソコンの前に座っていたら目がちかちかします。
衰え〜〜〜〜
posted by 元女将 at 16:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

『彼らが本気で編むときは、』

WOWOW(録画)で視聴。

18011701.jpg

年末に観たいと思っていた邦画が何本かWOWOWで放送されたので録画しておきました。
落ち着いたらゆっくり観ようと思ってたのです。
その中でも一番楽しみにしていたのを今日ゆっくりと

まずはあらすじをシネマトゥデイ様より拝借
母親が家を出てしまい置き去りにされた11歳のトモ(柿原りんか)が、おじのマキオ(桐谷健太)の家を訪ねると、彼は恋人リンコ(生田斗真)と生活していた。トランスジェンダーのリンコは、トモにおいしい手料理をふるまい優しく接する。母以上に自分に愛情を注ぎ、家庭の温もりを与えてくれるリンコに困惑するトモだったが……。

予想以上に好きな映画でした。
エンディングのクレジットに「ジェイ・ストーム」と出て、一瞬「なんで?」と思ったくらい生田斗真がジャニーズを忘れるくらい俳優として、リンコそのものとして存在していました。
生田斗真の振り幅はすごいね。
『土竜の唄』の人と同一人物とは絶対に思えない。
古風で優しいリンコでした。
それでも最初は「がたいいいな」って思うんだけど、これがどんどん可愛く見えてくるんだな。

好きなシーンはいくつもあって、コレが一番っていうのは難しいんだけど
一回見終わって印象に残っているのは、リンコが働いている高齢者施設の入居者の女性から「あなた手が大きいわね」と言われ「手の大きさは変えられない」とコンプレックスを抱いていたところ、やっぱり施設の入居者の男性(手を触ると性格がわかるといつも言っている)から「この手は」というところでリンコがちょっとひるむんだけど(実際は一瞬でリンコの表情は変わってない、でも観ている私たちに感じさせるっていうところがスゴイと思うの)、そのおじいちゃんが続けて「心がキレイな人の手だ」と言うところ、とか、終盤のシーンでミキオ(たまらなくいい奴!)が子どもであるトモに向かって「姉ちゃん(トモのママ=ホントどうしようもない女)を頼みます」と言うところ、とか、リンコのママ(田中美佐子)もいいし、憎たらしいけど寂しそうな小池栄子、短い場面だったけどその中で感情の変化を見せる江口のりことか、とにかくよかった!!
あとトモ役の子、トモちゃんのクラスメイトのカイ役の子、上手だった!!

監督脚本の荻上直子作品はだいたい観ているのだけど正直「いいでしょ」っていう圧が感じられて苦手なところがあったのだけど、これはそれが感じられなかった。
たぶん荻上映画の常連さんが出てないせいかな。
もう一回じっくり見ようっと。
優しい人になれそうです。

あと、リンコとミキオがそれぞれ違う場面で言うセリフ
「ビール発明した人にノーベル賞あげた〜〜い」に1票
posted by 元女将 at 22:57| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

一切合切

まずは「いっさいがっさい」が「一切合切」という字だったことに驚き。
驚きっていうか、どんな漢字なのか考えたこともなかったかも。
口では言うけど、書くことのなかった言葉でした。

なにが一切合切だったかというとですね。
毎日ビールやお茶を飲むグラスが洗っても曇ってきてしまい、これって漂白したら透明感が戻るかなと思っていたのです。
まな板もくすんでいるし、
布巾も真っ白じゃないし、
よく見ると、水切りカゴも、スポンジを入れるカゴもなんだか薄汚れている気がする。
よ〜〜〜し!!
こうなったら、一切合切漂白じゃ〜〜〜
と思い立ちました。
けど、これ全部入れて漂白剤につけるためにはどうしたらいいんじゃろ?
と考え、こうした

18011601.jpg
わかりにくいけど、シンクの中にゴミ袋を置いて、そこに漂白したいものをじゃんじゃかじゃんじゃか入れました。
で、ぬるま湯と漂白剤をドバっと入れてしばらく置くと!

なにもかもが真っ白ピカピカに
もちろんその後はよくゆすいだのだけど、部屋中病院の様に漂白剤のニオイ。

今日は5時に目が覚めてしまったので、毎日やる家事のことを考えました。
すると約30ミッションだったことが判明。
大雑把にです。
料理を作るのも1つのミッション(どんなに手の込んだ料理を作ろうとも、です。そんなことほとんどないけど)
布団を片付けるも1つのミッション

毎日バタバタしている気がしてたけど30ミッションなのかぁと思うと余裕が出てきて一切合切漂白騒動と相成ったわけでございます。
っていうか、家事もミッションと考えるとサクサク進むわ〜〜〜
posted by 元女将 at 23:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

久々に

今から10年くらい前に出合った「べてるの家」
知り合いに「絶対に興味があるはず」と薦められて読んだ『降りていく生き方―「べてるの家」が歩むもうひとつの道』(横川和夫)がきっかけでした。

18011501.jpg
「BOOK」データベースより
本書は、いちどは人生のどん底の悲哀を味わい、絶望した何人かのメンバーに焦点を絞り、彼ら自身、そして親たちの証言を軸に、その回復のプロセスを克明に追った記録である。同時に、当事者性を尊重しながら、語ることの大切さを説いてきた浦河赤十字病院・精神神経科部長、川村敏明さんと、ソーシャルワーカー、向谷地生良さんのふたりに、なぜ、そのような取り組みを始めるようになったのか、学生時代までさかのぼって人間観・人生観を語ってもらった。

精神疾患を抱えている人たちの話なのですが、その生き方考え方は自分にもすっぽりと入ってきて、その後の私を大きく変えてくれた一冊でした。
それから夢中で関連した本を読み漁り、向谷地さんの講演やこの本をベースにした映画も見に行ったりしました。

それからも気になってはいたのだけれど、先日なにかの折に川村先生のDVDが出ていることを知り、図書館で借りました(なんでもあるなぁ〜図書館)

『川村先生が街で診療所を始めた平成26年の春のべてる』というDVDです。
久々に川村先生のお話が聞けるなあと楽しみに見たら、ちょっと違いました。
よくよくタイトルを見ると「春のべてる」が主語だった。
昔からのメンバーや新しいメンバーが花見に行った時のこととか、カフェぶらぶら(べてる運営のカフェ)の紹介や、メンバーが川村先生の新しい診療所に診察に行って先生と話している様子がホームビデオみたいに悪く言えばダラダラと撮影されています(これもまたべてるらしい)

何十年も川村先生のところに通っているべてるのメンバーの患者さんは、以前は病院の記録になるくらいの入退院を繰り返していたけれど、最近はとても落ち着いているそうです。彼に川村先生はこう言うのです。
「自分の取り扱い方がわかってきたね」と。
自分の取り扱い方がわからないんだから、周りがわからないのは当然だよね、って。

自分の取り扱い方って、そういうふうに考えたこともなかったけれど、こりゃなかなかやっかいです。
そして、そんなふうにちょっと下がった見方をすると見えてくるのかもしれないです。

30分の短いDVDだったけど、やっぱり収穫があったのでした。
豊作だな、べてる!!
posted by 元女将 at 20:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

頭のさび落とし

朝刊を開いたら、昨日のセンター試験の問題が出ています。
いつもはスルーするのだけど、今年は甥っ子も受けてることだし、国語だけでもチャレンジしてみましょう。

いざやろうと思ったらその活字の小ささに泣く
虫か?虫の行列か?
18011401.jpg

普通の記事の活字の大きさと比べると
18011402.jpg

片目を隠して(片目の方が見やすいから)始めます。
これって何分で解くんだろう?1時間くらいかな。

まずは現代文。
おお!行政書士試験の文章問題を思い出すようなお硬い文章です。
こういう文章は読むのに苦労します。
行政書士試験の時に教わった対策のほんの一部を突然思い出します。
まず文章の最後にある本のタイトルを見る!
一度ざっと全文を読む!で流れをつかむんだったね。

2問目はうって変わって柔らかい文章です。
『キュウリいろいろ』井上荒野という人の小説です。
とっても引き込まれ、試験問題ということを忘れそう。
存じ上げなかったけど、井上荒野さんの小説は何作か映画化もされているんですね。
中年のわたしが読んでしみじみする文章なので、高校生には実感がわかないでしょう。
読みたい本リストに荒野さんの名前を入れました。

3問目は古文。
懐かしい。
面白い文章だったので読みやすかったです。1問目の文章より読みやすいくらい。
漢詩の悪口なんかもあってちょっと笑ってしまいました。

4問目が漢文。
大学受験の科目に古文や漢文は必要ないんじゃないかと思うんですがね。
漢文見るのもものすごく久しぶりです。
憶えているもんですね。

結果200点中126点でした。6割とれてビックリ。

気をよくして、日本史Bにもチャレンジ!
ひゃ〜〜〜〜
国語より活字がちっちゃい!!
全然見えん!虫眼鏡を出してきましたよ。
でも写真は判別不可能ですね。
結果、惨敗!!
100点中33点
ま、実力っす。

日本史なのに古文のような文章を読ませる問題が3問ありました。
試験って「読む力」が必要なんだとつくづく思った次第です。
頭のさび落としにはなったかな。
肩は凝りました
posted by 元女将 at 16:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

冷凍散歩

「2〜3日は根を詰めて読書しないように」
と整骨院の先生からくぎを刺されてしまいました。
せっかく治してもらっためまいが再発したら困るので、言いつけに従います
家にいると読みたくなるので(なんせ読んでない本が52冊も発掘されたからねぇ)寒いけど、思い切って出かけることにします。
外は氷点下。
冷凍散歩です

斜め前方を見て足を慎重におろし、散歩というより修行。
転んだら大変ですもの〜〜
約1時間歩いたら、身も心もスッキリしました
でも、散歩はやっぱり春とか秋がよろしいですな。

スーパーはお正月が終わったとたん、売り場は節分とバレンタインです。
あと恵方巻のポスターがあっちにもこっちにも!!
なんだか急かされるようだわ、と思ったけど、もう13日だもんね。
今日と明日はセンター試験なんですね。
甥っ子も受けてるでしょう。
頑張れよ〜〜〜
posted by 元女将 at 17:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

歌会始

今日の朝の家事の途中の9時半に突然めまいの人になりました。
もうまあグラグラするったらないのです。
自動的に後ろに下がっちゃう感じ?
めまいの人にはわかっていただけるかと。

いつ寝込んでもいいように、グラグラしつつ家事を終わらせ横になりました。
今回のめまいは、いつもの耳鼻科にお世話になる「良性発作性頭位めまい症」とは様子が違いました。
横になっていれば楽なのです(頭位めまい症は横になってもグルグル)
素人考えですが、寒いところと暖かいところを行ったり来たりするのに自律神経が付いていけなくなって悲鳴を上げたって感じかな?

とりあえず、安静にしとこうと横になり、テレビを付けました(横になっていればグルグルしないからテレビも見られる)
ちょうど「歌会始」の中継が始まったところでした。

歌会始は新聞で毎年入選者の方と皇族の皆様の短歌を見ています。
ニュースで歌会始が取り上げられると「ほほお」と見ていました。
だから少しだけ関心があり「へえ、実況中継されるんだあ」って軽い気持ちで(チャンネルを替える元気なし)見始めたら、もうこれがとてもとても面白かったのです。

NHKのアナウンサーの方が実況と解説をしてくださいます。
様々な決まりごとがあり、解説抜きではさっぱりです。
いろんなお役の人がいるんだけど、これはホントに解説頼み。

司会役の「読師」は司会役なのに言葉を発しません!!
なんじゃそりゃ〜〜〜

一般から選ばれた人は10人
今回は歴代最年少の12歳の中学一年生の男子が選ばれました(国語の夏休みの宿題だったらしい)
とてもいい短歌でした。
可愛いし、そっか、特別に難しく考えなくてもいいんだ、てことがわかるお歌でした。
名前を呼ばれると起立します。
名前の呼び方も、初詣のお祓いの時と同じで「田中の一郎」みたいに苗字と名前の間に「の」が入ります。
まず一人(講師)が歌を全部詠み(ものすごく息が長い)
その後に節をつけて発声という人が詠み始め、2句目からは講頌(こうしょう)という人と声を合わせて詠みあげます。(小さいテーブルを囲んでいるのでぎゅうぎゅうなイメージ)
自分の歌が詠み終わると一礼し着席します。

12歳詰襟制服少年立派でした!!
ちなみに彼の短歌は
「文法の 尊敬丁寧 謙譲語 僕にはみんな 同じに見える」
素直!!いいっ!!

解説を聞かないと背景がわからない短歌もあって
「突風に 語尾攫(さら)はれて それつきり あなたは何を 言ひたかつたの」
という70歳の女性の短歌は、最初は初恋でも歌ったのかしら?甘酸っぱいわ!なんて思っていたのだけれど、解説で、がんで亡くなった夫(それもまだ48歳の時)が最後の望みをかけた治療のため自宅を出る時に「会社を頼む、両親を頼む、それからおまえも」と言ったところで突風が吹き聞き取れず、聞き返しても答えてもらえなかった、それっきりだったことを詠ったのだと知り、めまいで体が弱ってるせいもあり涙したのでした(気持ちです、ドライアイ)

一般から選ばれた10人のお歌の後は選者、召人(天皇陛下に特に選ばれた人)皇族代表として絢子さま(あやこのひめみこ、と呼ばれていました。みやび〜〜)
それから雅子さま(ひつぎのみこのみめ、なんだそうです)
皇太子さま(ひつぎのみこ)
皇后さま、天皇陛下のお歌が詠まれます。

いはやは、とてもいいものを見ましたよ。めまいのおかげです。
来年のお題は「光」
及川光博の「光」ですよ!
今日の入選作を見ると、うっかり私でもイケるんじゃね?と妄想しますが、応募は半紙に毛筆で!ですよ。
いろいろダメです(あったりまえだぜ!!)

ニュースのちょっとだけの映像や新聞での活字のお歌ではわからない雰囲気がありました。
来年からはめまいで寝込んでなくても見よう!!

あ、それと、昨日のプラド美術館展のPR動画追加されましたのよ。
朝食編ですって。

ぜひご覧になって

ちなみにめまいは整骨院で治してもらいました。神!!
首と頭の境目がとてもとても硬かったそうです。
おかげさまで夜は美味しくビールを飲めました
posted by 元女将 at 23:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

公式プレゼンターご就任

「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」というのが東京上野と神戸の美術館で開催されるにあたり、ミッチーが「公式プレゼンター」なるものにご就任。

18011101.jpg
あらステキ

いろんな仕事があるのね。
今回PR動画「お目覚め編」が公開になりました。
相変わらずの鼻声(もう慢性になってしまったのか、撮影が花粉の季節だったのか、どっちかしら、心配)と口の回らなさがミッチーです。

ファンにはとても嬉しい映像だけど、ファンじゃない人がこれを見て「プラド美術館展」に行きたくなるかは疑問です。わはは

音声ガイドもするんだって。
いいなぁ〜
かと言って、音声ガイドのために東京や神戸には行けないしなぁ
札幌でも開催してくれればいいのに

何度も観て楽しんでます。PR動画
それにしても「過去最大のプラド美術館展が開催されるのです」言いにくそう
posted by 元女将 at 18:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする